Shopify ブログ

Shopify ペイメントの紹介 高いCVRと少ないチャージバックで利益をもたらす魔法の決済方法

Shopifyはこれまでにおいて、当社の金融サービス商品の背景にある数値を、皆さんと共有することはほとんどありませんでした。しかし状況は変わってきており、今後はマーチャントの皆さんがベストな意思決定をすることができるように、より多くの情報をお伝えしていきます。

私たちは、ビジネスで最良の選択をするには数値が不可欠であることを理解しており、マーチャントの皆さんはその内容を詳しく知るべきであると考えています。そのため、この投稿にはたくさんの数字やパーセンテージを記載しています。

利益のための最適化

Shopifyペイメントの成り立ちを理解するには、まず当社の顧客がマーチャントであることが関係していることを知っていただく必要があります。マーチャントの皆さんが業績を上げるためには、ビジネスを厳しく管理しなければなりません。それには、ビジネスの詳細をしっかりと把握し、小さな問題が生じる度に、大きな問題へと発展する前にそれらを解決する必要があります。このように常に細心の注意を払ってビジネスを運営するマーチャントの皆さんは、私たちにとって非常に素晴らしい顧客です。 

また、一企業としてのShopifyの業績は、顧客である皆さんの業績と完全に連動していることも強調すべき特徴です。皆さんが業績を上げると、当社も利益を得ることができます。そのため、皆さんのビジネスの至る部分がきちんと機能しているかどうかは、最終的には当社の実績を左右することにもなるため、私たちの関心事でもあります。Shopify ペイメントをはじめとする当社の全商品が適切に機能を果たすと同時に、直接的に関わり合いがあるものだけでなく、皆さんのビジネスのあらゆる部分に役立つことができるように、私たちは常に全力を尽くして取り組んでいます。

そのようなビジネスの連動性について皆さんにきちんと説明できていなかったこと、そして日々の細かなことにとらわれ全体が見えなくなってしまっていたことは私たちの責任だと感じています。

Shopify ペイメント以外の支払い処理機能を使用することは、小さなコストを節約するために、大きな利益を諦めてしまうことを意味しています。

しかしここで皆さんにはっきりとお伝えすべきことがあります。Shopifyペイメント以外の支払い処理サービスを採用することは、小さなコストを節約するために、大きな利益を諦めてしまうことを意味しています。当社は、チェックアウト時のコンバージョン率を50%以上高めるなど、皆さんのビジネスに貢献しています。また、皆さんのチャージバック問題を45%以上解決することを考慮しても、全体的に当社のサービスはより低価格であると言えるでしょう。

Shopifyは、他のどのパートナー企業や支払い処理プロバイダーよりも、マーチャントの皆さんと協調関係にあると考えています。そのため、皆さんが当社のサービスを利用しながら高い業績を上げることは、私たちの関心事でもあるのです。以下ではその理由を説明いたします。

スピードと修復力

当社のCTO(最高技術責任者)であるジャン=ミッシェル・ルミュー(JML)は、ウェブサイトのスピード試験を熱心に行っており、ページの読み込み速度を1000分の1秒単位で削り取ることに夢中になって取り組んでいます。彼は、通常意識的に気付くことはないほどの速度の違いにまで気を配っています。しかし、買い物客は無意識的にその違いに気付いているのをご存知でしょうか。チェックアウト時にページの読み込み速度が0.1秒でも遅くなるだけで、顧客を失ってしまうことがあります。速度が遅いネットショップは、顧客を逃してしまうショップであることを意味しているのです。

これは、決済時に特に顕著に見られる特徴です。チェックアウトの途中でカゴ落ちした買い物客は、ショップに戻ってくることはほとんどありません。「注文」ボタンをクリックする直前に購入を断念したということは、決済のプロセスに何か問題があった可能性が考えられます。では、一体何がそうさせたと思いますか?それは、実はスピードが遅かったからなのです。そのわずか1000分の一秒の違いが、とても重要であることがわかります。

今年初めに当社はあるテストを実施しました。まず従来のチェックアウトを使用する買い物客のコンバージョン率を調べ、それをあらゆる支払い処理のベースラインとしました。そしてその数値を、Shop PayとShopify ペイメントを組み合わせたチェックアウトを使用した買い物客のコンバージョン率と比較してみたのです。このように、極めて優れた支払い処理機能を作るために、私たちはあらゆることを実践しています。

Shopify ペイメントとShop Payを組み合わせた支払い処理システムは、インターネットにおいて最速かつ最もコンバージョン率の高いチェックアウト体験を提供します。

かのスティーブ・ジョブス氏が、Macの中身を外見と同じように美しくするように要求した話をご存知でしょうか?彼は、それほどまでにクラフトマンシップにこだわっていました。優れた技術を有するShopify ペイメントもこれと似ています。そのため、実際にどのくらいの違いが生じているのかを見るべく、試験を実施してみました。

その違いは明らかでした。デスクトップ上でチェックアウトした買い物客のコンバージョン率は、通常のチェックアウトと比べて1.56倍高いという結果がわかりました。そして年々買い物頻度が高まっている携帯端末上では、さらに高い1.91倍のコンバージョン率があったことがわかりました。これは小さな違いでも誤差でもなく、とてつもなく大きな違いだと言えるでしょう。

では、なぜそのように大きな違いが生じたのでしょうか。理由の一つには、Shop Payが使いやすくデザインされており、チェックアウトが手軽にできることを挙げることができます。しかし、この大きな違いの主な理由は、実は「スピード」なのです。処理スピードを測定するマーチャントは一握りしかいないので気づかれないことがほとんどですが、処理能力が速いと売り上げの増加にもつながります。事実、50%以上のコンバージョンは、スピードが速いゆえのものなのです。

そのことを考慮しながら、イメージしていただきたいことがあります。Shopify ペイメントの使用を中止してそのコストを節約することは、チェックアウト時に得られるはずの3割以上の潜在顧客を失うだけの価値があるでしょうか?世界で最も低利益率の商売でない限り、そのようなトレードオフは理にかなわないはずです。

さらに、Shopifyではパフォーマンスに常に気を配っています。それゆえに、修復力にも細心の注意を払っています。Shopify ペイメントのパフォーマンスに問題が生じた場合には、数十人におよぶ優れたエンジニアチームが即座に問題解決に取り掛かります。他のほとんどの支払い処理プロバイダーは、このような対応をすることはありません。

下記は大手のマーチャントが使用する支払い処理システムのコンバージョン率を表した実際のグラフです。

グラフの中で、数値が急激に落ち込んだ箇所にお気づきでしょうか?これは、30日間にわたりコンバージョン率が大きく低下したことを示しています。これによりマーチャントは、流通取引総額にして実に何百万ドルもの損失を被りました。これらの取引がShopifyで行われていたとしたら、当社のエンジニアチームが問題発生後1時間以内に直ちに修復に取り掛かっていたことでしょう。しかし当該支払い処理会社は、問題を1ヶ月もの間見過ごして(もしくは放置して)しまったのです。1時間と1ヶ月は比較にならないほどの違いです。問題にどれだけ早く気付くかということは非常に大切なことです。Shopifyのように数多くの取引を常に監視していれば、このような動向にはもっと早い段階で確実に気付くことができるはずです。

チャージバック

強力な統合関係という観点からお話しすると、ShopifyペイメントはShop アプリShopify Shippingなどの他のサービスともシームレスに機能し、チェックアウト、受注確認、配送、パッケージ、追跡までをすべて1ヶ所にまとめて処理しています。すべての機能を有効にしてご使用いただくと、ビジネス全体におよぼす利点にもお気付きいただけるでしょう。

その中でも特に、チャージバック処理機能は際立つ利点です。Shopify ペイメントは「自動異議申し立て解明機能」を備えており、一つ一つの取引の全体像を引き出し、より多くのチャージバックに勝つための手助けをしています。

Shopifyのプラットフォーム上では100万店以上のマーチャントがビジネスを運営しています。そのため、私たちは実にさまざまな事象を目にします。顧客がクレジットカード会社にチャージバック訴訟を起こすことを、当社でも残念ながら時々目にすることがあります。例えば、あるマーチャントが商品をすでに配送し、販売および配送コストを支払った後にチャージバックがあった場合には、利益に大きな痛手を与えてしまいます。チャージバックはないことが理想ですが、起こってしまうのが現実です。

Shopifyの「自動異議申し立て解明」機能は、不必要なチャージバックに関する勝率をおよそ2倍にすることができます。

銀行やクレジットカード会社がチャージバック規定を設けるのは、消費者を保護するためのものです。世の中には、悪質で違法もしくは存在しない商品を消費者に送りつける悪徳なマーチャントがいるからです。ただし、真正ブランド商品を期日通りにきちんと消費者に配送しているマーチャントにとっては、「商品未受取」という名目のチャージバッククレームは不当であり、必ず勝訴しなければなりません。

Shopify ペイメントは他のShopifyサービスと密に機能し、マーチャントの皆さんがチャージバックに勝訴できる可能性を高めるようサポートしています。Shopify ペイメントとShopify Shippingを組み合わせた「自動異議申し立て対応」機能は、勝率を20%のベースラインから37%まで高めることを可能にします。これは、チャージバック紛争の17%を、敗訴から勝訴へと逆転することを意味しています。つまり、マーチャントの皆さんが関わることなく、勝つ確率をおよそ2倍も高め、相対的には85%の異議申し立ての改善を達成していることを示しています。これはすべて「自動異議申し立て解明」機能により実現しているものです。

これは実際に計算してみることもできます。チャージバック率はお店によって異なるため、マーチャントごとに数値がどう変化するかを一般化することはできません。そのため、ご自身のチャージバック率を調べ、「商品未受取」によるチャージバックから今年どのくらいの損失があったかを見てみてください。そしてその金額の17%を逆転して勝訴に変えてみると、皆さんのボトムラインの数値に大きく影響を及ぼすかがお分かりになると思います。極めて特異な顧客がいない限り、それはかなりの金額になるはずです。

この他に、チャージバック率を軽減するものは何かご存知ですか?それは素早いフルフィルメントです。商品の保管や配送を担う物流機能としてShopifyフルフィルメント(北米限定)をお選びいただくと、当社は発送準備をいち早く処理し、それがチャージバック率の低下につながります。そのため、消費者は喜び、マーチャントの皆さんは収益を上げることができるのです。

コストプラス(原価加算)

皆さんはあらゆる企業や業者と提携して商売を営んでいるのではないでしょうか。そのため、彼らはある意味同じチームの仲間であると感じることができるのが理想的だと思います。取引で最も重要な決済プロバイダーは特に、マーチャントの皆さんと同じチームの一員であるべきです。ビジネスの関心の矛先が同じでないプロバイダーとは、働くことはできません。

もし決済プロバイダーがコストプラス(原価加算)式の支払い条件を打診してきたとしたら、たとえそれが低いレートだとしても嫌ですよね?

彼らはマーチャントの皆さんに責任を転嫁しており、取引が問題なく完了したかどうかには興味がないのです。取引リスクを負担したり皆さんの肩を持つ気はまったくなく、支払いが素早く行われようとも、遅くとも気にかけることはありません。代わりに内内で「新規マーチャントとの新たな契約完了お疲れさま。これで自分たちの役目は終わったので、彼らのことは放っておこう」と言っているに違いないのです。

コストプラス式の決済プロバイダーは、公平もしくは正当な理由があるもの以外のクレジットカード支払いを拒否している可能性があります。

マーチャントの中にはこのようなコストプラス式のプロバイダーを選ぶ方もいるため、それがどのような取引であるかをここで説明したいと思います。第一に、コストプラス式の決済プロバイダーは、アカウント料金とゲートウェイ料金に加え、その他目に見えない料金を上乗せしてチャージしているでしょう。Shopify ペイメントはそのようなことは一切いたしません。当社は皆さんと協働関係にあると考えており、お伝えしてある料金をそのままチャージしています。お伝えしている料金に加算してチャージすることは決してありません。Shopify ペイメントの料金設定は至ってシンプルなので毎回照合する必要もなく、また簡単に調べることもできます。

さらに、コストプラス式プロバイダーは、公平もしくは正当な理由があるもの以外のクレジットカード支払いを相当数拒否している可能性があります。多くのマーチャントが契約しているコストプラス式プロバイダーの一社については、Shopifyと比べ、合計取引の4.6%もの取引を拒否していることがわかっています。そのように不当な拒否により失われた4.6%の購入機会を補うためには、取引手数料のベーシスポイントをかなり貯めておかなく必要があるでしょう。

これは痛手が大きい損失と言えます。金額を失っただけでなく、お客様が購入を拒否され落胆してしまうことも意味しているからです。商品を購入することを希望したのにも関わらず、支払い処理プロバイダーが責任を取ることを拒んだために、購入に至ることができなかったのです。

Shopify ペイメントをお使いであれば、その取引は許可されていたことでしょう。

そんな不当なアイデアを肯定できるのはコストプラス式の考えです。コストプラス式で料金をチャージすると、マーチャントの業績は自分たちのそれとは関係ないため、支払いを簡単に拒否することができるのです。

Shopifyでは、そのようなことは決していたしません。

少しのコスト削減のために大きな利益を諦めることなかれ

Shopifyは、マーチャントの皆さんがビジネスに成功することを心から願っております。そしてShopifyペイメントが、それを実現するためのお手伝いをさせていただきます。

要点:Shopifyペイメントは、最もシンプルで最も優れたオンラインの支払いシステムです。時間のかかる外部決済サービスの有効化ステップを飛ばして、支払い設定から販売までを一回のクリックだけで済ますことができます。Shopify ペイメントはShopifyアカウントに付属しているので、必要なのはその機能を「有効」にするだけです。今日からぜひShopify ペイメントを始めませんか。

原文:Kaz Nejatian 翻訳:クリンカース恵子

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: