欧米で大注目のドロップシッピング メリットや初心者が気をつけるべきことをご紹介

ドロップシッピングを紹介

多くの人々がビジネスをはじめる際のコストや発送作業の手間からネットショップの開設を避けています。

でも、想像してみてください。もし誰かがあなたの在庫管理や発送作業を代わりにやってくれるとしたら。ビジネスをはじめるのがとても簡単になり、あなたは世界中のどこからでもビジネスを運用できます。旅行先からもビジネスを動かせます。そんなビジネスモデルがそうドロップシッピングです!

この記事では、ドロップシッピングについてのすべてを説明します。ドロップシッピングがどのようなものなのかから、卸売業者を見つけ方など、ドロップシッピングにまつわる様々な情報をお伝えします。

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングはストアが在庫を持つ必要のない小売の発送方法です。代わりにストアは在庫を持っている卸売のサプライヤーと連携しているドロップシッピングパートナーを使って、お客様の注文や詳細をサプライヤーに送り、サプライヤーがお客様のもとに商品を届けます。

ドロップシッピングを使うことのメリットは在庫の心配と発送作業の必要がなくなることです。返品先住所とECサイトにカスタマイズされたインボイスを卸売業者から送ることができるので、ドロップシッピングをしながらもブランドを構築することが可能になるのです。

また、ShopifyにはOberloと呼ばれるドロップシッピングを簡単に可能にするアプリがあります。注意点としては日本国内のお客様を相手にドロップシッピングを行うときは、発送先の住所が日本語だとフルでOberloの機能を使えないので、少々発送が面倒になってしまいます。越境ECで使うなら問題なくご利用いただけます。

ドロップシッピングのメリット

ドロップシッピングを使うべき理由はいくつかあります。ここではその理由を紹介します。

1. ビジネスを低コストではじめられる:ドロップシッピングはオンラインで簡単にはじめることができます。在庫管理に投資する必要がないのに、お客様に何千もの商品を届けることができます。

2. 便利さと効率の良さ:ECビジネスの立ち上げを成功させ、ビジネスを成長させるのは非常に大変な仕事です。特に初期にリソースが限られているととても難しいでしょう。しかし、ドロップシッピングを使うと、発送作業に時間を取られることはありません。その時間をマーケティングやカスタマーサービス、そしてビジネスの運用に使うことができます。

3. 動きやすさ:現物の商品の発送作業がなくなるので、インターネットがつながっているところならどこからでもビジネスを運営することができます。

4. すでに成功しているビジネスがある:すでにSearsなどの多くのネットショップがドロップシッピングを使って在庫の心配なしに多くの種類の商品を提供しています。

    ドロップシッピングの業者の見つけ方

    サプライヤーにコンタクトする前に、法律に関してしっかり確認しておきましょう。例えば米国では多くのサプライヤーがあなたのEINナンバーと税金に関する書類の提供を求めてきます。それらをすべて揃えた上で、ドロップシッピングのサプライヤーとコンタクトを取り始めましょう。

    もし、どの商品をドロップシップするかをすでに決めていたら、製造元にコンタクトを取ることが最も簡単な卸業者の見つけ方です。もちろんすべての卸業者がドロップシップをやってくれるわけではありませんので気をつけましょう。

    Googleはドロップシッパーを見つける効率的な方法です。しかし、いくつか気をつける必要があります。

    Googleで卸売業者を見つける3つの方法

    1. 広範囲で検索するべし:卸売業者とドロップシッパーはSEOとマーケティングがそんなに強いわけではありません。ですので、例えばGoogleで「○○ 卸売業者」と調べても最初のページに出てこない可能性もあります。その場合は、ページを深く掘り下げていきましょう!

    2. 見た目で判断するなかれ:サプライヤーのウェブサイトの見た目がとても古いかもしれません。しかし、レイアウトやデザインは今回は関係ありません。90年代のような見た目のウェブサイトだからといって悪い卸売業者とは決めつけないようにしましょう。

    3. 検索ワードを工夫するべし:ただ「卸売」と検索するだけではなく、「仕入れ」、「問屋」、「卸」など様々な検索ワードで試してみましょう。

    ドロップシッピングで起こり得る問題

    ドロップシッピングは素晴らしいところもあれば、悪いところもあります。しかし、計画と気づきによって、以下で挙げる問題は対応可能です。

    1. 多くの競合と少ない利益

    解決策:ドロップシッピング可能な商品にはすでに競合が多く存在しています。通常、激しい値下げと利益の減少によってもたらされ、ビジネスを構築することが難しくなります。

    ここで成功するには、価格で勝負せずに他の方法をお客様に提供することでストアの価値を高めましょう。例えば一流のサービスを提供することや、商品を厳選することなどが大事になってくるかもしれません。どのように商品を選ぶのかのアイデアについてこちらをご覧ください。

    2. 在庫同期が難しく、品切れ商品が表示される

    解決策:この問題を解決するためには、複数のサプライヤーを使って商品ラインを重ねることです。単独のサプライヤーにのみ頼ってしまうと起こってしまうような問題も、複数のサプライヤーを使うことで、リスクを減らすことができます。

    結果的に、品切れの商品をお客様に売ることになってしまうかもしれません。その場合は、注文をキャンセルするだけではなく、そのお客様にアップグレードされた商品を無料で提供しましょう。注文からお金は得ることができないかもしれませんが、ロイヤルカスタマーを構築することができるかもしれません。

    3. 一度も見たことのない商品を売ることは難しい

    解決策:今日の世界ではオンラインの情報のみでエキスパートになってしまうことが可能です。商品の詳細が掲載されているウェブサイトで一度も実際の商品に触れたことがなくても、商品に詳しくなることができます。そして特定の質問に答えなければならないときには、卸業者や製造業者に聞くことでほしい答えを得ることができるでしょう。

    もしくは最も人気のある商品を購入して、それを「中古」などとして売ることも可能です。

    4. 外部に発送を任せると失敗する

    解決策:最も素晴らしいドロップシッパーでさえミスを犯します。普通のドロップシッパーではさらに多くのミスを犯すでしょう。サプライヤーは問題を改善することにお金を払いますが、もし彼らが払わないときは、あなた自身がお客様の問題を解決するために必要なことに対してお金を払わなければなりません。

    もし、発送の問題に関してサプライヤーを責め立てたら、プロとしては失格です。同じように、サプライヤーが費用をカバーしないからといってお金をケチってお客様に対して直すべきところを直さなかったらあなたのお店の評判は傷ついてしまうことでしょう。

    ロジに関わる問題を改善することはドロップシッピングでのコストのひとつです。もし、あなたがビジネスを運営する上でそれをコストとして受け入れたら、そして常にお客様のことを第一に考えていたら、その問題は長期的なものにはならないでしょう。

    ドロップシッピングをはじめてみませんか?

    ドロップシッピングはすぐに成功できる?もちろん、そんなことはありません。成功しているネットショップと同じように、質の良いウェブサイトとやマーケティング、そしてカスタマーサービスに投資する必要があります。

    しかし、ドロップシッピングは自分自身で多額の資金を投資することなく、簡単に始めることができます。適切に管理すれば、成功するネットショップへの道が開けるでしょう。

    ドロップシッピングに関するよくある質問

    ドロップシッピングとは?

    ドロップシッピングは在庫を持つ必要のないオンラインの販売方法です。ストアは在庫を持っている卸売のサプライヤーと連携しているドロップシッピングパートナーを使って、お客様の注文や詳細をサプライヤーに送り、サプライヤーがお客様のもとに直接商品を届けます。

    ドロップシッピングのメリットは?

    事業を低コストで始めることができること、ビジネスとしての効率の良さが挙げられること、どこからでも事業を運営できること、そしてすでに多くのビジネスが成功していることが挙げられます。

    ドロップシッピング業者の見つけ方は?

    販売する商品を決めたら製造元にコンタクトを取ることが最も簡単な卸業者の見つけ方です。Googleを使って調べてみましょう。

    ドロップシッピングのデメリットは?

    多くの競合がいること、利益が少ないことが挙げられます。また、一度も見たことない商品を販売するのはかなり難しいです。

    ドロップシッピングで成功できますか?

    しっかりと商材・サイトのデザイン・コピーの文言などを考え、しっかり宣伝すれば成功もできます。しかし、低コストで簡単に始めることはできますが、売れるのはそこまで簡単ではないことに注意しましょう。また、ドロップシッピングで成功して、その後自社ブランドを立ち上げるといった成功例もあります。
    原文:Andrew Youderian 翻訳:深津望

    ネットショップを開設しよう!

    14日間のShopify無料トライアルはこちら

    トピック: