Shopify ブログ

【2020年最新版】日本でも流行る?世界のトレンドから商品アイデアを発見しよう

2020年に流行りそうな商品

今回の記事では、2020年に流行りそうなものを世界のトレンド(と日本のトレンド)から紐解いて皆さまにご紹介します。もし、今後ビジネスをはじめようとしていたり、流行を先取りしたいという方がいましたら、ぜひ以下の商品を参考にしてください!

(このリストは2018年から毎年更新しています😃)

2020年のトレンド予測10選

1. ペットグルーミング

最近、ペットグルーミング産業が盛んになっているのをご存知でしたか?Googleトレンドでも右肩上がりなのを確認することができます。商品例としては2019年の7月にヒットした爪のお手入れ用の装置なんかをあげることができるでしょう。さらにペット産業も2025年までに40億円規模の業界になることも予想されており、2020年も引き続き右肩上がりなのは間違いなしです。

このような商品を宣伝するのにはInstagramがぴったりです。ストーリーズを使って、スワイプアップすると商品ページに飛べる機能はこのような商品にも有効的に使うことができます。そのときにはインスタのアカウントは犬や猫、ペットなどニッチなものに絞って、マーケティングを行ってみることも大事でしょう。

2. ペットベッド

ペットベッドと聞いてピンとこない方も多いかもしれませんが、こちらもペット業界の成長に関連しています。ペットベッドとはその名の通り、ペット用のベッド。ふかふかの素材でできた小さいベッドは、ペットの写真にもぴったりの道具です。本当に可愛いです。Googleトレンドを見ても日本では昨年終わりに最も人気があったのがわかります。

こちらの商品に関してもInstagramやPinterestで力を発揮しそうです。特にPinterestでは一度バズったら、時が経過してもバズり続ける特性があるので、下のようなペットとペットベッドの写真をアップしたら、人気が止まらなくなる可能性もあります。

3. シェイプウェア

シェイプウェアのトレンドはさらに続きそうです。昨年もランクインしたシェイプウェアは2022年までに、約5700億円の売上まで急上昇すると予想されています。下着として始まったシェイプウェアは、今では普段着へと変化しているのです。

ファッション小売業者は、スリムなシルエットを作るのに役立つボディースーツを店舗に在庫しています。 シェイプウェアのニッチ(潜在的な需要がありながら、これまで誰も手を付けずに隙間になっていたような分野や市場)は、多様なスタイルを女性に提供します。様々な形で衣服の下に着用したり、トップスとしても着用可能です。シェイプウェアは、最初に世に出たランジェリー業界でも、いまだに根強い人気を誇っています。

特に下の画像のようなハイウエストのシェイプウェアは、シームレスなデザインとスタイルの良さを際立たせる特徴が評判を呼び、昨年の夏に売れ行きが好調でした。今年もこのトレンドは続くはずです。

 

シェイプウェア

4. サウナハット

2019年は空前のサウナブームと呼ばれるほどに人気を誇ったサウナは、今やおじさんだけのものではありません。老若男女多くの人がサウナを楽しんでいます。そんな中、密かに注目されているのがサウナハットです。Googleトレンドからもわかるように、2019年後半にかけて伸びてきています。

サウナハットのトレンド

サウナハットはサウナの熱から頭皮と髪を守る帽子です。その形状や色合いからもファンが急増。サウナーの全員が持っているとは言えませんが、サウナ好きなら1つは欲しいこのアイテム。2020年はもっと流行るだろうと予想されます。

5. アスレジャー

昨年に続けてアスレジャーがランクインです。アスレジャーとはアスレチックとレジャーを組み合わせた造語で、ジムに行くような運動目的ではなく、普段着として身に着けられるアクティブウェアです。 欧米で流行っているこのジャンルは、日本でもさらに流行る余地はあります。特にヨガブランドが日本で人気となっている今は、素敵なアスレジャー用のアパレルが手に入りやすくなっています。


女性のミレニアル世代は、アスレジャーのターゲット市場です。InstagramPinterestなどのSNSは、ブランドを成長させるための理想的なチャネルです。 もし販売を考えているのでしたら、これらのチャネルに着用例を投稿して、商品をタグ付けしてみましょう。

6. トイレのスツール

ここで一点面白いトレンドを紹介しましょう。トイレのスツールです。小さい子供を助けるスツールですが、実は欧米では徐々に認知度を拡大しているのです。さらに最近のスツールには空気清浄機能までついているのです!

こういった商品の販売を考えているのでしたら、楽しんでふざけるように宣伝してみましょう。トイレ用の商品を販売している多くのブランドはユーモアを交えながら、商品を販売しています。そして、これらの商品のターゲット層はもちろん子供の親です。

7. スマートウォッチ

スマートウォッチなんか使わないよ〜と皆さん思っていないでしょうか。実は日本国内におけるトレンドは2019年の12月が過去最高でした。そもそも12月は時計の売り上げがピークになる傾向がありますが…

最近は有名ブランドも数々とスマートウォッチ業界に参入しているので、今や価格競争まで起きています。5,000円以下で買えるような低価格スマートウォッチまで販売されているので、消費者は多くの選択肢から選ぶことになります。2020年は東京オリンピックに合わせてスポーツブームも来ることが予想されるので、体調管理やランニングの際の記録などに使えるスマートウォッチの人気も出そうです。

8. ディッシュラック

ディッシュラック、水切りかご…実はこれらの商品は年々人気になっているのをご存知でしたか?Googleトレンド(日本語版はこちら)を見ると昨年の3月に急激な検索増加を見ることができます。欧米ではディッシュラックの比較記事も多くあり、日本でもさらに人気になることが予想されます。

 

 

このような便利商品は知っている人でないとたどり着かないので、Google検索で関連するキーワードに対して広告を出稿してみましょう。またはライフスタイルのアイデアとしてPinterestからトラフィックを集めることも可能でしょう。

9. セーフティシューズ

安全靴とも呼ばれるセーフティシューズはここ最近で大きく進化しました。昔はおしゃれなデザインの安全靴など滅多になかったのですが、最近は多くのメーカーがファッション性も取り入れた安全靴を販売しています。事実Googleトレンドからもトレンドが右肩上がりなのが確認できます。

安全靴のトレンド

かなりニッチな分野なので、国民全員が購入するものではないですが、もしこのような商品を販売することを考えていたら、Facebookを使って職業などでターゲットしましょう。また、Googleで「安全靴」や「セーフティシューズ」のキーワードに狙いを絞るのも良いでしょう。

10. 姿勢矯正グッズ

コロンビア大学の調査によると、平均して人々は起床時間中の約77%を座っている状態で過ごしていることが分かりました。さらにデスクワークでノートパソコンを使い、通勤中にはスマホを使うと、下を向いている時間が増えます。私たちの姿勢は日々悪化する一方です!

ですから、このような姿勢矯正グッズはとても需要がありトレンドになり得ます。さらに安価で手に入るのも魅力的です。おそらく、このタイプの商品を販売する最も簡単な方法は、それぞれの職種に基づいて宣伝することでしょう。事務員、ライター、プログラマーなどの一般的なデスクワークをターゲットとしたリストを作成して、姿勢補正機能のメリットを詳述した広告を作成しましょう。

さて、2020年ということで、今年も10個のトレンド商品を紹介しました。これから商品販売を考えている人も、とりあえずトレンドを知りたい人も、少しでも参考になれば幸いです。

原文:Nicole Martins Ferreira

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

 

Shopifyについて、何かお困りのことはございませんか?

サポートチームが日本語であなたのご質問にお答えいたします。

support-jp@shopify.com

トピック: