ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

Shopify × オープンロジ連携500ユーザー突破!~連携でEC物流を自動化&課題を解決~

Shopifyブログをご覧の皆様こんにちは。オープンロジです。

弊社ではShopifyと連携可能な物流アウトソーシングサービスを提供しています。そしてこの度Shopify × オープンロジ連携ユーザー様が500社を突破いたしました。現在、オープンロジでは500社突破を記念して料金キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

昨今、ECにおいて物流は重要業務のひとつとして注目を浴びています。しかし工程が多岐に渡るため自社で内製するには多くのリソースとノウハウが必要です。業務負担の改善や配送クオリティの維持といった、物流の課題を解決する手段のひとつに物流アウトソーシングサービスの導入が挙げられます。

今回は物流アウトソーシング事業者から見た「EC事業者様の抱える課題と解決策」をご紹介すると共に、「Shopifyとオープンロジの連携で得られるメリット」や、現在オープンロジで行っている「Shopify × オープンロジ連携500社突破記念キャッシュバックキャンペーン」について、詳しくご紹介いたします。

EC事業者の物流課題と解決策
オープンロジキャンペーン

Shopifyをご利用、または検討中のEC事業者様は「これからEC事業を少人数で立ち上げ予定」「既にECを運営しており売上が急拡大中」「EC事業をさらに拡大予定」と各々フェーズが異なることでしょう。

一方でEC事業者様の抱える物流課題は共通している部分は多くあります。ここではEC事業者様の抱えやすい課題と解決策についてご説明します。 

課題1:
リソースやコスト負担が大きい

物流業務は「商品を梱包してお客様に配送する」といった一見シンプルな業務であると捉えがちです。しかし実際は在庫・梱包資材管理・調達、保管スペースの確保、梱包作業、送り状の作成など、工程は多岐に渡ります。

物量が少ないうちは自社内での対応も可能ですが、事業が拡大していくと作業にかけるリソースだけでなく人材や保管場所の確保でコストの負担も比例して大きくなることが予想されます。

課題2:
急激な物量の変動やイレギュラー対応による人的ミスの発生

ECで商品を販売する際には集客対策はかかせません。それに合わせて急激な物量変動への対応策も事前に立てておく必要があります。

集客対策が実を結んだり、メディアに取り上げられるなどして特定の商品への注文が一気に爆増することはECでは珍しくはありません。その事態に備えてしっかりと事前対策をしておかなければ、販売機会の損失だけでなく作業スタッフが足りないために人的ミスが発生しクレームやブランドイメージの低下に繋がる恐れもあります。

課題3:
物流に関しての相談相手がいない

EC事業を立ち上げる際に必要不可欠なのが物流です。しかし物流はどの業務をとっても専門性が高く、「梱包にこだわりたい」「コストをできるだけ安く抑えたい」「事業拡大に備えたい」など、自社ならではの希望があっても自分たちで解決するのは難しいことがあるでしょう。

自社で情報を集めて対応するといっても、競合他社やECとはまた別の業界についてイチから調べ上げるのはなかなか骨が折れる作業です。EC事業と切っても切り離せない物流に関しての相談相手がいないことは、EC事業者にとって大きな課題のひとつとなる可能性が高いと言えます。

解決策:「Shopify × オープンロジ」連携の導入

Shopifyは物流アウトソーシングサービスであるオープンロジと連携することで、物流を自動化することが可能です。物流業務を自動化し手放すことで多くのリソースを確保できるだけでなく、コスト削減にも繋がることが期待できるでしょう。

またオープンロジは物流のプロであるため、在庫管理や配送といった物流業務のクオリティは高く、急激な物量変動があった際も柔軟に対応可能です。もちろん物流に関しての専門性の高いノウハウも豊富に持っているため、梱包資材や同梱物、配送方法など物流に関する内容で質問や課題が発生した際にはすぐに相談することができます。

Shopifyとオープンロジの連携で得られるメリット
オープンロジキャンペーン

ShopifyとオープンロジをAPI連携することで物流業務の自動化が叶います。ここでは、Shopifyとオープンロジを連携することで実際に得られるメリットについて詳しくご紹介します。

メリット1:
ストアの運営や新商品の開発など基幹業務に注力可能

ECストアは立ち上げるときだけでなく、運用開始した後もデザインの改善や顧客情報の管理、お客様からのお問い合わせ対応や集客など、さまざまな業務を毎日行う必要があります。

Shopifyとオープンロジを連携しておけば物流の自動化が実現すれば物流にかけるリソースが大幅に削減されるため、ストアの運営や新商品の開発といった基幹業務に集中して取り組むことが可能です。

ECは事業規模が大きくなる程に物流業務の負担は増していきます。早期の段階でShopifyとオープンロジを連携させておけば、物流業務で負担を感じることなくEC事業に取り組めるため、スピード感を持って事業を成長させていくことができるでしょう。

Shopifyとオープンロジを連携するためにはShopifyアプリ「OPENLOGI」が必要です。Shopifyアプリである「OPENLOGI」は管理画面がシンプルで分かりやすいだけでなく、インターフェースが日本語で日本ユーザーの操作性も高いことが特徴のひとつです。

Shopifyアプリ「OPENLOGI」は初心者の方でも簡単に操作することができるだけでなく、オープンロジの物流アウトソーシングサービス料金は使った分だけの従量課金制で、システム利用料や月額利用料金など固定費は一切かからないため、コスト負担も必要最低限に抑えられるのも魅力です。

メリット2:
販売機会の損失やブランドイメージの低下を防止

ECにおいて物量の急激な変動はメディアへの露出やSNSの拡散などさまざまな理由がありますが、これらがいつ来るのか予測することは極めて難しいところです。しかしShopifyとオープンロジを連携し事前に物流を自動化しておけば、販売機会を損失せずに売上やブランド認知の向上に大きく繋げることが期待できます。

また物流業務のひとつである商品管理や梱包といった部分は、お客様の目に直接触れる部分です。忙しいからといって在庫管理を疎かにしたり梱包を雑に行ってしまえば、お客様にマイナスの印象を与えてしまい、自社のブランドイメージの低下を招く恐れがあります。

物流品質はECにおいてお客様に重要視されているポイントのひとつです。Shopifyとオープンロジを連携させ物流業務をプロの手に任せておくことで、急激な物量変動や事業規模拡大にも安心して備えることができるでしょう。

メリット3:
ヒューマンエラーを大幅に削減

配送先の住所や梱包商品の個数・種類の間違いといったヒューマンエラーはECの物流業務で発生しがちなミスのひとつです。ECストア運営と並行して行わなければならない物流作業は、物量が増えるほどにミスが増加していくことが予想されます。

Shopifyとオープンロジを連携しておけば、これらのヒューマンエラーを未然に防ぐことが可能です。Shopifyとオープンロジの連携システムでは住所不備の自動修正機能が備わっているため、手動で修正する手間が省けます。またShopify側で商品キャンセルが発生した場合にも、自動的にオープンロジへとデータが反映されるため、お客様に迷惑をかけてしまう心配もありません。

連携方法

Shopifyとオープンロジは双方のアカウントを作成し、Shopifyアプリ「OPENLOGI」を導入することで連携が可能になります。詳しくは下記Shopifyブログにて解説しておりますので、ぜひご覧ください。

【ご紹介】現在オープンロジではキャッシュバックキャンペーンを実施中!

ここからはオープンロジで実施中のキャンペーンについてご紹介いたします。
ShopifyでECストアを構築し、オープンロジの新規利用を検討されているユーザー様はぜひご一読ください。

オープンロジ利用料金の10%をキャッシュバック

ECストア構築・運営においてコンスタントに発生する物流コストは、なるべく抑えたい部分のひとつです。本キャンペーン開催期間中にエントリーしてShopifyとオープンロジを連携すれば、実際にご利用いただいたオープンロジ利用料金3ヶ月分の10%をキャッシュバックいたします。(詳しい適用条件等はキャンペーン公式サイトをご参照ください)

例えば10月からオープンロジのご利用を開始した場合、10月3万円、11月5万円、12月5万円と合計請求額13万円が発生し、キャッシュバック金額は1万3千円となります。キャッシュバックは1社あたり最高で500万円まで可能ですので、大規模の事業者様もこの機会にぜひご利用をご検討ください。

オープンロジの物流サービスとは

商品1点からご利用OK|固定費ゼロの完全従量課金制

ECをスタートしたばかりで小規模なため、物量が少ないからと物流の外注を諦めてしまっている事業者様も多いのではないでしょうか。オープンロジならば商品1点からご利用を開始することが可能です。

また、オープンロジではシステム利用料や月額利用料金などの固定費はかからず、料金は使った分だけの完全従量課金制を採用しているので、余計なコストをかけることなく必要最低限の経費で物流業務を手放すことが叶います。 

事業者様に合わせた柔軟な物流サービスをご提案

オープンロジではEC事業の規模拡大や急激な物量変動、三温帯管理や独自資材サービスなど、事業者様の状況や商材に合わせた物流サービスを柔軟にご提案いたします。

自社ならではの体験をお客様に提供したいため物流でカスタマイズしたい部分が多く、自社にマッチした物流アウトソーシング業者がなかなか見つからない事業者様にもオープンロジはおすすめです。また物量に合わせて担当者が付きますので、物流業務に関していつでも相談できるのもオープンロジ利用で得られるメリットです。

越境ECも対応可能
オープンロジは越境ECにも対応しているので、日本だけでなく世界をターゲットにしてECに取り組みたい場合にもご利用可能です。 

越境ECでは通関手続やインボイスの発行など、国内EC物流とは異なる点が多数あります。オープンロジを利用すれば越境ECの物流業務を全て任せることができるので、越境ECストアの運営に全力で注力できます。

キャンペーンの詳細は下記バナーよりご覧頂けます。

オープンロジキャンペーン

Shopifyの物流課題はオープンロジ連携で解決可能

「急激な物量変動に対応しきれない」「在庫管理が煩雑になっている」など、EC課題としてよく挙がるのが物流業務です。ECプラットフォームShopifyと物流アウトソーシングを提供しているオープンロジはAPI連携可能であり、物流課題を解決するだけでなく、早期導入で未然に防ぐことも期待できるでしょう。 

Shopifyアプリである「OPENLOGI」はシンプルな管理画面と簡単な操作性が特徴であり、初心者の方でも簡単に利用することが可能です。ShopifyでECを構築される際はぜひ、物リュアウトソーシングサービス「オープンロジ」の導入も合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

Shopifyと連携できるオープンロジのよくある質問

オープンロジとは?

システム利用料や月額利用料金などの固定費が一切かからず、商品1点からご利用可能な物流アウトソーシングサービスです。事業規模に関わらず、事業者様のフェーズや商材に合わせた物流サービスを柔軟にご提案しております。

海外発送には対応していますか?

世界120ヵ国の海外発送に対応しています。

オープンロジの利用料金は?

倉庫利用料金と配送料金、その他オプション料金などが発生します(詳しくはこちら)。
  

オープンロジ

株式会社オープンロジについて

オープンロジは、「物流をもっと簡単、シンプルに。」をコンセプトに、現在の物流サービスの複雑な料金体系、見積もりや問い合わせといった煩雑な手続きは不要で、透明でシンプルな業界最安値水準の料金体系と手続きの簡略化により、会員登録後に即、オンライン上で物流業務(入庫・保管・発送業務)をアウトソーシングできるオンデマンドの物流サービスです。
中小規模のEC事業者を中心に、現在5,000社以上の小売事業者様に導入いただいております。
Shopifyとの連携についてはもちろん、ECサイトの物流でお困りのことがありましたらぜひオープンロジにご相談ください。

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: