Shopify ブログ

ShopifyとPrintfulで簡単オリジナルTシャツのネットショップ開業【オンデマンド印刷&ドロップシッピング】

ShopifyとPrintfulで簡単オリジナルTシャツのネットショップ開業

世界中でEコマースの売上が拡大している昨今、日本でもネットビジネスに乗り出す起業家が日々増加しています。ネットショップで販売可能な商品は様々存在しますが、その中でも多くの人が気軽にネット販売をし収益を得ている商品がオリジナルTシャツ等のアパレル商品です。ただ、ご自身でネットショップの開業を検討している多くの方がオリジナルプリント商品の販売に躊躇する一番の理由が、事前に多額の在庫への投資が必要な点や、売れ残った在庫で発生する損失に対する懸念ではないでしょうか。

在庫なし、低リスクで1枚からTシャツやオリジナルプリント商品が販売出来たらとても便利ですよね?そんなネットショップ開業でお悩みの販売者の方におすすめのサービスが「ドロップシッピング」と「オンデマンド印刷」です。簡単にネットショップ開業可能なサービスである、ドロップシッピングとその進化系であるオンデマンド印刷の仕組み、日本語対応で簡単にオリジナルプリント商品の販売が可能なサービス「Printful(プリントフル)」、そしてShopifyとPrintfulのネットショップ連携サービスを利用した、簡単ネットショップ開業・オリジナルTシャツの販売方法をご紹介します。

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングとは

ネット販売にご興味をお持ちの方であれば、「ドロップシッピング」という言葉を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。ドロップシッピングとは、在庫を持たずに商品販売を行うビジネスモデルの総称です。ドロップシッピングのシステムを利用して注文を受けた商品はドロップシッピング業者により商品を注文した顧客まで発送がされます。

ネットショップでドロップシッピングをする際の大まかな注文の流れとして、まず顧客がネットショップからドロップシッピングに対応した何かしらの商品を注文します。注文が入ると、注文情報がドロップシッピング業者に送信され、その注文の商品を販売者に変わりフルフィルメント(商品の製造、梱包、発送)作業を全て一括して請け負います。

そんな注文処理(フルフィルメント)の手間を省いてくれる便利なドロップシッピングですが、昨今ではドロップシッピングの日本最大手業者である「もしもドロップシッピング」が2020年でのサービス終了を発表するなど、残念なニュースも耳にします。ネットビジネスを行う方なら実際の使い勝手がどうなのか気になる方も多いはず。こちらにドロップシッピングを利用したネット販売のメリット、デメリットをわかりやすくご紹介します。

ドロップシッピングのメリット

  • 在庫・資金なしでネットショップ開業、ビジネス運営が可能: 実際にネットショップで注文が入った際のみ商品の注文処理が行われ、代金が販売者に請求される為、事前に在庫の調達に投資をしたり、商品が不良在庫として山積みになるリスクを避けることができます。
  • 新商品の販売・試験導入が簡単に可能: ドロップシッピングではサプライヤーが調達した在庫を販売する形になるので、販売者側で新商品導入のコストがかからず、売上が見込めそうな商品を瞬時にショップに追加・販売が可能です。
  • 多彩な商品ラインナップ: ドロップシッピング業者では様々な商品を販売しているので、お気に入りの商品が必ず見つかります。
  • ネットショップ運営に注力可能: 面倒な注文処理作業はドロップシッピング業者が代行するので、ショップの構築や、InstagramEメールなどでのマーケティング、宣伝作業に注力可能です。
  • 配送代金が割安: 多くのドロップシッピング業者は安価な配送料金を提携配送業者から提供されている為、配送コストが下がります。
  • オリジナルブランド名義での販売も一部では可能: 一部のドロップシッピング業者では「ホワイトラベル」と呼ばられるOEM生産の方式に対応しており、オリジナルブランド名義で商品の発送を行うことが可能です。

ドロップシッピングのデメリット

  • 他の販売者との差別化が難しい: ご自身が選択したドロップシッピング業者を利用しているネット販売のライバル業者は多数存在します。この事からご想像がつくようにドロップシッピングのサービスを利用するということは他の販売業者と商品が「被る」という場面に遭遇することを頭に入れておきましょう。
  • 「オリジナル」感が出づらい: 上記のデメリットに付随した内容で、商品にオリジナル感を出す事が難しいケースが多く見受けられます。オリジナルブランドを強調したブランド向けのカスタマイズオプション(梱包や同封冊子等)の選択肢は多くのドロップシッピング業者で限られたもののみの提供となっています。
  • 生産を委託する為、商品管理を自身で行えない: ドロップシッピングを利用するということは、商品管理を全て第三者に委託する形となります。ドロップシッピング業者を選択する際は品質管理が徹底された信頼出来る業者を選択する必要があります。
  • 手数料が発生する為、実際に販売した際の手取りの利益が少ない: ドロップシッピングを利用した商品が注文された際は購入者から販売者への支払いに加え、販売者からドロップシッピング業者への注文処理サービスへの支払いが必要となります。その際には手数料ももちろん発生するので、自身で在庫を確保する場合と比較して商品1点ごとの利益額は少なくなります。

ドロップシッピングはネット販売で便利なサービスですが、販売時にいくつかのデメリットも存在しますので、ご自身のニーズにあったドロップシッピング業者の選定が必ず大事になります。そんなドロップシッピングのデメリットを軽減したサービスはないのかお考えの方にお勧めしたいのが、次にご紹介する「オンデマンド印刷」です。

オンデマンド印刷(POD)とは?

オンデマンド印刷

自己出版を行ったことのある方なら「オンデマンド印刷」という単語を耳にしたことがあるのではないでしょうか。オンデマンド印刷(Print-on-demand, POD)とは名前の通りオンデマンド(要求に応じた受注生産方式)でプリントを行うサービスで、元々は自己出版を行う作家等が事前に大量の注文(オフセット印刷)や不良在庫を抱える心配無く自身の執筆作品を簡単に出版出来るようにするプリントサービスとしてサービス根本の概念が生まれました。

プリンターの印刷技術が発達した昨今では、本などの紙製の印刷物に限らず、この「オンデマンド印刷」の技術を応用し、大ロット、小ロット問わずに低価格でオリジナルプリントの商品がプリント出来るようになりました。そんな「在庫無しでネット販売」というコンセプトとしてはドロップシッピングに似通っていながら、オリジナルTシャツ販売などにも利用が出来る便利な「オンデマンド印刷」を利用するメリット、デメリットを下記にご紹介します。

オンデマンド印刷のメリット

  • 1枚からプリントTシャツ等のアパレル商品が作成可能: オンデマンド(要求に応じて)という名前の通り、オンデマンド印刷では商品の注文が実際に入ってから、都度商品のプリントを行うので、事前に大ロットでオリジナルTシャツをプリントする資金の確保や、売れずにTシャツが不良在庫になる心配がありません。
  • 専用のTシャツプリンターやプリント用製版の購入が不要: オンデマンド印刷を行う業者に全てのプリント業務を一任できるので、ご自身で高いお金を払ってTシャツ用のプリンターの購入や、シルク印刷向けのスクリーン製版の購入をする必要がありません。
  • オリジナルデザインを気軽にお試し可能: オンデマンド印刷の一番の特徴は注文が入った際のみに商品がプリントされる点。オリジナルのプリントTシャツを作成する際に奇抜なオリジナルデザインを気軽にお試し販売することが可能です。売れない場合はショップから商品を削除するだけなので、損失が発生しません。
  • オリジナルデザインに加え更にカスタマイズが可能: ドロップシッピングのデメリットあるカスタマイズの少なさもオンデマンド印刷なら問題なし。オリジナルのタグ等もプリント可能なので、ライバルに埋もれないオリジナル感のある商品を販売することが可能です。

オンデマンド印刷のデメリット

  • 生産を委託する為、商品管理を自身で行えない: ドロップシッピング同様に、オンデマンド印刷を利用するということは、商品管理を全て第三者に委託する形となります。
  • オンデマンド印刷業者により、商品の在庫状況が左右される: オンデマンド印刷を行うプリント業者の多くは、複数のサプライヤー(商品供給業者)と提携をし様々な商品を調達しています。その為、場合によっては商品が品切れになってしまったり、取扱自体が中止となってしまう場合もあります。

オンデマンド印刷で一番注意をすべき点は、商品・在庫の管理が自身で行えない為、品質、サービスで信頼の置けるオンデマンド印刷業者を見極めて選択をしなければならない点です。ここからはそんなプリント業者の選択でお悩みの販売者の為にオリジナルプリント商品向けにお勧めの世界的人気のサービス「Printful(プリントフル)」をご紹介します。

Printful(プリントフル)とは?

Printful

Printful(プリントフル)はアメリカ、ヨーロッパ、メキシコを拠点にオンデマンド印刷&ドロップシッピングに対応したオリジナル商品(Tシャツ等)のプリントサービス業者です。当時信頼できるプリント業者がなく困っていた創業者が「Printful」を2013年の創業して以来、これまでに1300万点以上のオリジナル商品を世界中の顧客にプリントしてきたアメリカ、ヨーロッパで大人気の企業です。

そんなPrintfulが、この度待望の日本語ウェブサイトを開設し、世界水準のオリジナルプリントサービスを日本市場に向け提供を開始します。ではオリジナルTシャツのプリント・販売でPrintfulを利用するメリットとは一体何なのでしょうか?Printfulのプリントサービスのメリットをわかりやすくご紹介します。

登録料無料、月額料金なしで簡単にECサイト経由で販売が可能

Printfulの登録は無料で可能。月額使用料は発生せず、実際に注文が処理された際のみ販売者へ代金が請求される仕組みです。「ご自身のショップでの販売価格」 - 「Printfulでの注文処理価格」 = 「ご自身の利益」なので、多額の資金をショップ開業に投資するリスクなしに気軽にネットショップの開業が可能です。

またオリジナルTシャツを販売する上で一番面倒な作業はショップでの販売時に発生する梱包や発送等の注文処理ではないでしょうか。Printfulでは「Shopify」を始めとする海外販売に強い世界規模の多数のECサイトとのネットショップ連携が可能。一度ご自身のネットショップとPrintfulを接続し、ショップにオリジナルTシャツやその他のプリント商品を追加すれば、後は注文が入るごとにPrintfulが自動的に全ての注文処理(製造、梱包、配送)を代理で行います。

世界規模の運営を生かした高品質なプリント技術と幅広いの商品ラインナップ

Printfulで作成できる商品例

Printfulは既に北米、ヨーロッパに複数の製造拠点を構えているので、世界中の顧客にスムーズにオリジナルTシャツの配送が可能です。運営規模の大きさを生かし、最新のKornit製のプリンター等を積極的に導入。競合他社の一足先をいく技術投資を行っています。また、幅広いサプライヤーと提携をし、Gildan(ギルダン)、American Apparel(アメリカンアパレル) Anvil(アンヴィル)、Bella + Canvas(ベラ・キャンバス)、Champion(チャンピオン)等の名の知れたアパレルブランドのオリジナルTシャツにデザインを追加し販売することが可能です。Printfulでプリント可能な商品数はTシャツ等のアパレル商品、マグカップスマホケースポスタービーズチェア等210種類以上に及びます。

また、Printfulでは国際的な有名配送業者との提携を行っている為、海外に商品発送を行う際の配送料も通常よりも安価となる場合が多いメリットが存在します。世界規模での海外販売を行っている販売者が多いShopifyと連携しての販売時に大変役立つポイントです。更にShopifyの「プレミアムプラン」利用者、またはその他のプランを契約し、Shopifyと個別に「自動計算送料」のサービス(追加料金$20/月)を契約している販売者は、Printfulの「変動制配送料金」サービスが利用可能。自身で面倒な配送料の設定をしなくても商品の会計時にリアルタイムで自動計算された送料を表示させることが可能です。

ホワイトラベル(OEM)対応でオリジナルブランド向けのカスタマイズが充実

 

ホワイトラベルドロップシッピングで発生しがちな他のライバル販売者と商品が被る心配はご無用、Printfulでは全ての商品がホワイトラベル(OEM)対応でPrintfulの名前がどこにも付かないのはもちろん、充実のオリジナルブランド向けのカスタマイズサービスをご用意。オリジナルタグの使用や、袖へのブランドロゴのプリント、刺繍ロゴの追加、配送明細のカスタマイズ等、デザイナーやブランド運営者の方にも心強いサービスをご用意しており、オリジナルのデザインさえあれば誰とも被らないユニークな商品を販売することが可能です。

更にShopifyとPrintfulのネットショップ連携をご利用の販売者の方であれば、「商品カスタマイズツール」の利用も可能。この機能を使用すると、ネットショップで顧客がオリジナル商品を注文する際に、追加のカスタマイズとしてデザインや、名前を追加して購入もらうことが可能です。このオプションはショップのコンバージョン率の向上に大変役立ちます。

オリジナルTシャツのデザイン作成、モックアップ画像取得が1枚から可能

簡単に作成

ショップに追加をするTシャツデザインの簡単作成ならPrintfulの直感操作の「デザイン作成ツール」にお任せあれ。ご自身のオリジナルデザインの追加はもちろん、デザイン作成ツールに用意されている無料のテキストツールや、クリップアートを利用して、オリジナルTシャツの作成が簡単に可能。既にオリジナルデザインをお持ちの方ならご自身のデザインをデザイン作成ツールにドロップし、配置を調整するだけで完了です。

オリジナル商品を選択しデザインが完了したら、販売時にショップに掲載する商品の画像があれば便利ですよね?Printfulではネットショップ連携の機能の一つ「商品追加ツール」で商品をショップに追加する際にモックアップ画像と呼ばれるデザインが実際に追加された商品のサンプル画像を無料で入手することが出来、自身でショップ向けの商品画像を編集する手間も省けます。

更にPrintfulのサービスでは全ての商品がオンデマンド印刷に対応している為、Tシャツ等の全てのオリジナルプリント商品は1枚から注文可能。必要な際に必要なだけ注文が出来、商品をまとめて注文し在庫をどこかに保管する手間が発生しません。また、Printfulではプリントという製造技術以外にもキャップなどに利用可能な刺繍デザインの加工・製造サービスもご用意しています。

ShopifyとPrintfulのネットショップ連携でオリジナルTシャツのデザイン・簡単ネット販売を始めよう

Printfulの商品例

海外販売に強い世界最大規模のECサイトShopifyとオンデマンド印刷&ドロップシッピング対応のプリントサービス、Printfulを組み合わせれば、オリジナルTシャツ等のプリント商品のネット販売がこれまでになく簡単に開始できます。

  • 在庫なし、資金なしでネットショップを開業したい。
  • 日本だけでなく、世界中にオリジナルTシャツ等のプリント製品を販売したい。
  • 商品のプリント、梱包、配送等の注文処理を省き簡単にネットショップ運営をしたい。
  • 無料でデザイン作成、商品画像の取得を行いたい。
  • オリジナルTシャツ以外の商品もネットショップで販売したい。
  • 越境ECで海外販売をしたいけれど、英語が不安なので日本語対応のサービスを利用したい。

このようなサービスをお探しの方なら、ShopifyとPrintfulのネットショップ連携はビジネス成功に役立つ心強いツールになること間違いなしです。今すぐShopifyアプリのページから「Printful」アプリをインストールし、オリジナルTシャツ販売を始めませんか。ShopifyとPrintfulアカウントの連携方法も合わせて是非ご確認ください。


ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

 

Shopifyについて、何かお困りのことはございませんか?

サポートチームが日本語であなたのご質問にお答えいたします。

support-jp@shopify.com

トピック: