Shopify ブログ

コーヒーショップやカフェのオンラインストアを立ち上げる方法

多くの人気コーヒーショップがShopifyを利用してオンラインストアを立ち上げています。そして、外出制限やカフェがオープンしていないという状況下では、家でコーヒーを飲む回数が増えますよね。

オンラインのコーヒー需要が増えているいま、ネット販売に力を入れたい既存のカフェオーナーや新規でコーヒービジネスを始めたい人にとって、特別な機会がおとずれています。

あなたがコーヒーショップやロースタリーのECサイトの開業を考えているなら、いま何をすべきか気になるところだと思います。1つずつ確認していきましょう。

コーヒーのオンライン販売は儲かるのか?

正しいマーケティング戦略と強いブランド力があれば、コーヒービジネスはお金になります。コーヒーは手に入りやすい商品で業界には競合も多いですが、怯む必要はありません。

コーヒーという需要の大きい商品のメリットを考えてみましょう。

  • 購買層が膨大。コーヒーは世界中で広く消費されているので、既存のコーヒーブランドでさえ手がついていない膨大な潜在顧客が存在します。
  • スモールブランドの利点を活かせる。通常、大きいブランドほど品質が高くてサービスも良いと考えられています。しかしコーヒーの場合は当てはまりません。お客さまはブランディングに反応しやすく、スモールブランドにもアドバンテージがあります。
  • ニッチな機会がある。コーヒーはブランディングに依存する面があるので、ニッチな領域でクリエイティビティを発揮できる余地があります。特定の少数グループに向けて販売することが可能です。

広く入手できる商品の販売にはメリットがあります。多くの点で、販売が容易です。お客さまはすでに商品を欲しがっている状態なので、それをあなたから買いたくなるようにすればいいだけです。

オンラインでコーヒービジネスを始めるための6ステップ

もしあなたがすでにカフェのオーナーで、オンライン販売に移行したいと考えているなら、ステップ6に飛んでかまいません。初めてコーヒービジネスに飛び込む人にとって、旅路はまず豆から始まります。

  1. ドロップシッピングか自家焙煎かを決める
  2. サプライヤーを見つける
  3. ニッチなエリアを特定する
  4. どんな商品を販売するか決める
  5. ブランドを作り上げる
  6. ネットショップを準備する

1 ドロップシッピングか自家焙煎かを決める

サプライの体制ができているカフェオーナーであれば、このステップはすでに完了しています。コーヒービジネスを手がけるのが初めての人の場合、取引における自社の役割を理解することが大切です。

オンラインのコーヒーショップは、商品を2種類の方法のどちらかで調達することになります。ドロップシッピングか、自家焙煎です。それぞれにメリットとデメリットがありますので、どちらのメソッドが自分にフィットするかよく検討しましょう。

ドロップシッピング

ドロップシッピングとは、商品管理や配送をサードパーティの製造業者に委託するビジネスモデルです。

  • メリット:固定費が抑えられ、委託できる作業量が増える。
  • デメリット:商品に対するコントロールが効きにくい。
  • フィットするのは:コーヒーよりもマーケティングやブランディングに力を注ぎたい人。豆をドロップシッピングすることでビジネス構築面にかける時間を作りやすくなるため。
  • フィットしないのは:経験のあるロースターやカフェオーナー、または実践的な事業運営に関心がある人。

自家焙煎

自社商品について実践的なアプローチを好むなら、コーヒー豆を自分でローストしてネットショップで販売するのがいいかもしれません。自家焙煎の場合、作業量はもちろん増えますが、やりがいもあります。

  • メリット:商品に対する直接的なコントロールが可能。
  • デメリット:作業量が増え、時間も取られる。
  • フィットするのは:焙煎技術を学ぶ意欲があり、そのための時間がある、または援助してくれるスタッフがいる場合。
  • フィットしないのは:ビジネスにかけられる時間が乏しく、リソースが限られている、またはマーケティングや事業運営面のほうにより関心がある場合。

どちらのメソッドを採用するにしても、ビジネスのマーケティング面では同じ原則に従うことになります。この選択が済んだら、サプライヤーを探す次のステップに移りましょう。

2 サプライヤーを見つける

見過ごされがちですが、商品調達はマイナー要素ではありません。お客さまからすれば商品のサプライヤーはあなたと切り離された事業者ではなく、あなたの延長です。サプライヤーが質の悪い豆を提供すれば、あなたのブランドが打撃を受けます。

マーケティングはコーヒービジネスにおいて非常に重要ですが、質の低い商品を提供してしまうと、どんなにマーケティングで頑張っても穴埋めできません。

自分で豆を焙煎するにしても、生豆を提供するサプライヤーが必要なので、どのようにサプライヤーを探すべきか知っておくことが大切です。

サプライヤーを探すときは以下の点に注意します。

  • 商品の品質。あなたが求める基準に達しているか確認するため、サンプルをオーダーしてください。経験のある良いロースターは、自社の商品のどこが他社より優れているか、質問に答えてくれます。
  • カスタマーサービス。サプライヤーは今後商品を改良していくプロセスを共にし、あなたが欲しい情報を共有してくれる業者であるべきです。サプライヤーのカスタマーサービスが良ければ、あなたも自分のお客さまに対して良いカスタマーサービスを届けられます。
  • 価格。想定している価格帯から大きく外れている業者とは取引しないと思いますが、値上げした価格で商品を販売しないといけないときもあるということを考慮しましょう。お客さまが気持ちよく払ってくれる価格を検討する必要があります。

長期的には、互いに依存しあうような良い関係をサプライヤーと築いていきます。

採用面接のようなつもりでサプライヤーを探しましょう。相手が有能であることはもちろんですが、一緒に働く仲間を探すという見方も大切です。

3 ニッチなエリアを特定する

コーヒーはコモディティ商品であるため、消費者は購入に際してブランディングに反応しやくなります。つまり、適切なニッチ領域を見つけることが、ブランド開発において不可欠なのです。

ニッチとは?

ニッチ市場とは、大きな市場を看過されがちな特定のニーズや嗜好によって切り分けた小さな市場を指します。大きな市場は一般的に、より細分化したニッチなセグメントに分けることが可能です。価格帯、デモグラフィクス、興味、価値観、趣味、ロケーションなどによって切り分けるのが通常です。

ニッチを狭くするメリットは?

新規ビジネスがニッチ市場に向けて販売する場合、競合を制限できるために基盤を築くための競争力が得やすくなります。

大きな市場は、通常はすでにレッドオーシャンであり、大手に対抗するのは簡単ではありません。しかしサブジャンルに照準を合わせれば、大手が対応していない購買層に注力することで、小規模ブランドであっても注目が得られます。

コーヒーのニッチ市場を見つけ出す方法

これは少し厄介かもしれませんが、潜在的な顧客層とあなたの強みや関心ごとを自問するところから始めるのが良いでしょう。

  • あなたにとっての理想の顧客とは?
  • その人たちの具体的なニーズとペインポイントは?
  • あなたの商品は顧客のどんな問題を解決できますか?

ニッチエリアをすぐに見つけるのはむずかしいですが、オーディエンスを絞り込んでセグメント化し、彼らの固有のニーズについて考えてみると、やりやすくなります。

クリエイティブなアイディアを得るためのエクササイズをいくつかご紹介しましょう。

  • Google検索とサジェスト。既存の競合とは異なる見方、傾向、ペインポイントなどをつかむために、Googleサジェストなどを駆使して手がかりを探し、試行錯誤してみます。
  • マインドマップ。マインドマップは中心となるアイディアのまわりに関連する単語やコンセプトなどを配置するダイアグラムです。
  • キーワード検索検索結果をふるいにかけることで、特定の検索ワードに関するニッチアイディアや潜在的な需要の検証に役立ちます。
  • オンラインコミュニティ人々はオンラインで関心のある話題の周辺に集まります。業界の掲示板、サブレディット、SNSアカウントなどはニッチ発見の優れた情報源です。

このステップはブレストです。アイディアを良し悪し問わずにたくさん出し、その後アイディアを研ぎ澄ましたり結合させたりしましょう。

完璧なアイディアを求めるのではなく、いくつかのアイディアをピックアップしてそこからベストなものを採択します。いいアイディアからスタートできることはアドバンテージですが、「アイディアをどう実行するか」のほうがより重要です。

筋のいいニッチかどうかを判断するには?

商品アイディアの検証にはいくつかの方法がありますが、結局のところ良いニッチ領域にはオーディエンスがいます。オーディエンスが付くアイディアかどうかを確認する方法が以下になります。

  • 自分でオーディエンスを構築する。時間がかかるかもしれませんが、SNSのオーディエンスを増やし、ひとつにまとめることが考えられます。
  • ソフトローンチでテストする。少数オーディエンスにターゲットを絞ったキャンペーンをおこない、フィードバックを集め、より大きなオペレーションへと拡大します。
  • さらなるキーワード検索。キーワード検索のボリュームの大きさを確認し、潜在的に高い売上が見込めるかどうかを判断します。

4 どんな商品を販売するか決める

ニッチを発見できたら、ブランドの開発に乗り出したくなるかもしれませんが、慌てずに。この段階で優先すべきは、ブランディングよりも販売する商品を確立することです。

焙煎したコーヒー豆を販売することはもちろんですが、コーヒー以外にもほかのブランド商品を販売することで、商品の多様化を図ることができ、長期的に安定したビジネスにつながります。

コーヒーショップが販売できる一般的な商品が以下です。なお、各商品の製造・販売を開始するためには許可が必要な場合がありますので、あらかじめ確認しておきましょう

  • 一口サイズのケーキやクッキーなど、発送可能な焼き菓子。
  • キャンドルや芳香剤など、コーヒーの香りがする製品。
  • チョコレートやアイスなど、コーヒーフレーバーの食品。
  • コーヒーマシン、ケトル、ポット、キャニスターなど、関連商品。
  • お茶、ホットチョコレートなど、あたたかい飲み物。
  • ブランドのコーヒーマグ(その他のプリントオンデマンド商品も可。ただし、ブランドグッズは限定すること。「コーヒーも売っているTシャツ屋さん」というような変なことにならないように。)

何を売るかはブランディングにかかってきます。とはいえ、コーヒーのブランドなのですから、コーヒー関連の商品にとどめるべきでしょう。

関連度の低いちぐはぐな商品構成はブランドアイデンティティを曖昧にし、ブランドを目立たせることがむずかしくなります。

5 ブランドを作り上げる

ニッチ領域、サプライヤー、販売商品が決まったら、ブランディングに取り掛かりましょう。強力に定義されたブランドは、マーケティングにおいて一貫性と信頼性を維持するのに役立ちます。

コーヒーブランドは大量に存在しているため、コーヒー会社にとって目立つことはとりわけ重要です。あなたの成功は、ブランドがニッチ要素と感情的にどれだけ結びついているかにかかっています。

1 ターゲットオーディエンスを理解する

ブランドのパーソナリティは、典型的な顧客像からイメージできる特徴から派生します。ブランドを前進させるためには、ターゲットオーディエンスの話し方、彼らにとって大切なこと、共感するものなどをよく理解する必要があります。

2 オーディエンスに響く語り方を考える

オーディエンスを理解できたら、ブランドのパーソナリティやキャラを考えます。ブランドと関連付けられそうなワードや、差別化につながる要素などを抽出しましょう。バリュープロポジションも考えてみてください。

3 ブランド名を決める

ストアの名前の決定は最初の大きなコミットメントになるでしょう。ロゴ、ドメイン、マーケティング、その他たくさんの要素が、ブランド名の影響を受けます。ビジネスネームジェネレーターを使用したり、フォーカスグループからフィードバックを得るなどしてみましょう。

4 ブランドカラーとフォントを選ぶ

色彩の心理学はマーケティングにおいてかなり重要です。ブランドカラーはお客さまがあなたの会社から受けるイメージに影響を与え、少しの色味の違いが別の印象を生み出します。明るいネオングリーンは遊び心があるように見え、一方で落ち着いたフォレストグリーンは内省的な印象が強くなります。

5 ブランドミッションを書く

ブランドを定義するキャッチーなミッションを考えましょう。よくあるコピーライティングの間違いをおかさないように気をつけましょう。また、独自のeコマースコピーライティングに関するリサーチをおこない、競合を理解することに努め、あなたのビジネスに固有のものになるまでアイディアを磨きます。

6 ロゴをデザインする

ロゴは、自社ブランド商品、SNSのプロファイル、パッケージ、ストアフロント、その他たくさんの場所に登場します。そのためマーケティングのかなり重要な側面を占めます。コーヒーのマーケティングにおいてブランディングはとくに大切なので、良いロゴを生み出すまで時間をかけるべきです。

7 ビジネスの成長に合わせてブランディングを適応させる

強いブランドは、顧客とのやり取りをおこなう場所に関係なく一貫性を保つことができます。テーマの選択も商品のパッケージ方法も、ブランドの一環です。ブランドに成長や進化が必要だとはいいませんが、明確で芯の通ったブランディングは会社を記憶されやすくします。

6 ネットショップを準備する

実店舗をオンライン化したい場合でも、ゼロからビジネスを立ち上げる場合でも、ネットショップが必要になります。

ブランドコンセプトが明確で、カラー・フォント・ロゴなどが決まったら、ショップ作成のデザイン面の準備はできているといえます。

Shopifyストア開設ガイドの最新版を公開

Shopifyでネットショップを開設しよう。このガイドブックでは皆さまのストアオープンに必要なShopifyの使い方を解説しています。

1 Shopifyの無料トライアルを開始

まだShopifyを始めていない場合、無料トライアルを開始してストアの名前を決めましょう。そこからネットショップの設定がスタートできます。

2 テーマを選んでネットショップをカスタマイズ

Shopifyテーマストアに行き、自分のブランドに合うテーマを選択します。後々、ストアのブランディングに応じてさらにテーマをカスタマイズすることも可能です。

すでにShopifyを使って多くのカフェやロースタリーがネットショップをオープンしています。ここではその一例も皆さまにご紹介します。

3 基本ページの作成

まずはホームページのデザインからスタートし、特定商取引法に基づく表記配送のFAQ返品ポリシーやお問い合わせページなどの基本ページを作成します。

4 商品とコレクションを追加

商品写真を撮り、商品説明を書き、商品ページを作成しましょう。商品をコレクションにまとめると、お客さまはストアを閲覧しやすくなります。

5 配送オプションを設定

予期しない配送コストが結果的に利益を食ってしまうこともあるため、事前に配送料金がきちんと設定されているか確認しておく必要があります。

まず配送エリアを追加して、配送可能なロケーションを特定します。それから、配送料金を設定するためのオプションを選択します。

  • 商品別の送料の設定や倉庫が複数ある場合に一番近いロケーションから発送する設定をおこなうには、配送プロファイルを使用します。
  • 重量や購入総額に応じて配送料をカスタム設定するには配送料の手動設定を使用します。
  • ローカルデリバリーを設定すると、ビジネス拠点に近いお客さまに直接商品をお届けできるオプションを提供することができます。

接触を最小限におさえる安全な配送オプションの店頭受取オプションの詳細ガイドもぜひチェックしてください。

6 決済オプションを設定

お客さまが支払いをおこない取引を完了できるように、Shopify ペイメントまたは外部サービスの支払い方法が有効化されていることを確認します。

7 ショップのオープンを告知

サプライヤー、ブランディング、ネットショップの準備が完了したら、既存クライアントやSNSのフォロワーにオープンを知らせましょう。ショップのオープンを知らせる方法はいくつかあります。

  • メールマーケティングメールリストでお知らせを流します。初回購入者向けの割引を提供してもいいでしょう。これはメールマーケティングを成長させ、ロイヤルカスタマーの維持にも役立ちます。
  • 店頭でのお知らせ。店舗がある場合は、ドアにお知らせを貼ってネットショップが始まったことを伝えます。シンプルな方法ですが、お客さまを直接オンラインに誘導できる効果的なやり方です。
  • SNSによる告知。ターゲットを絞ってネットショップのグランドオープンを知らせるキャンペーンは、バズを生み出す最適な方法です。
  • ローカルリストのアップデート。Google検索を過小評価しないように。Googleマイビジネスは、Googleおよびウェブ上のビジネスリスティングを更新できる無料のツールです。お客さまはGoogleを使ってお店の営業時間や情報を収集するので、こうした人たちにネットショップのことを知らせることができれば、トラフィックを生み出す大きな助力になるはずです。

コーヒーマーケティング入門:コーヒーのオンライン販売について

お店のオープンをアナウンスすると、初動のトラフィックはかなり良いかもしれません。しかし売上を継続して維持していくには、効果的なマーケティング戦略が必須です。あなたが選択したニッチエリアおよび業界のトレンドにアピールしていく必要があります。

どんな商品にも当てはまるマーケティングの原則はたしかに存在しますが、コーヒーは少しユニークな商品であり、マーケティングの重要性がビジネスの成功にとって欠かせないものとなります。

コーヒー業界でマーケティングが重要な理由

マーケティングはどの業界でも基礎的な役割をもちますが、コーヒーの場合は商品の特性上、2つの大きな理由によってマーケティングの成果に強く依存することになります。

1 コモディティ商品である。一般的なコモディティ商品であるため、購入する商品を決めるときにブランディングがきっかけになりやすいです。

2 個人の嗜好性が高い。コーヒーは、定評のあるブランドとは対照的に、人々がスモールブランドから購入することにも抵抗がない商品です。

こうした要素の組み合わせは、ブランドロイヤルティを構築するうえで大きなアドバンテージになりますが、コーヒー業界においてマーケティングが最重要であることを意味しています。

オンラインでコーヒーを宣伝する方法

コーヒービジネスに関していうと、ニッチを絞り込むことがマーケティング戦略においてとりわけ重要です。コーヒー通のコミュニティーを見つけ、他ブランドとの差別化を図る必要があります。

商品のブランディング方法はあなた次第ですが、コーヒー愛好家たちを取り込むための共通要素があることを知っておきましょう。

1 ソーシャルメディアの活用がキモ

オンラインにおいてはソーシャルメディアマーケティングが最重要です。SNSアカウントは、ブランド差別化の主軸となります。

ソーシャルメディアにおける知名度はブランド認知に貢献し、既存ファンベースの維持と重要な情報を素早くお客さまに伝える手段として役立ちます。

2 コーヒー好きを引きつけるには写真や動画コンテンツが効果的

ソーシャルメディアでは、ブランドの成長は写真や動画マーケティングに大きく依存します。動画コンテンツはほかのフォーマットのコンテンツよりもエンゲージメント力が高いです。また動画はテキストと比べて視覚的な理解がしやすいため、効果的な学習ツールでもあります。

コンテンツマーケティングのアイディアを探しているなら、オーディエンスが興味を持っていそうなことや学びたいと思っていることを検討してください。実践型レシピや解説ビデオなど、ユーザー参加型の動画はブランディングにも効果的です。

コーヒーと一緒に楽しみたいお菓子作りの動画や、商品ができるまでの栽培の舞台裏を見せるコンテンツなども考えられますね。

3 定期的に投稿する

コンテンツは定期的に、少なくとも週に一度は、投稿しましょう。すべてのSNSプラットフォームを使用する必要はありません。実際のところ、最初は1つのプラットフォームに集中してオーディエンスを集め、フォロワーが増えてからほかのプラットフォームへ移行するのがベストです。

定期的に投稿することの重要性を過小評価すべきではありません。より多くのコンテンツを見るユーザーは、よりあなたのブランドを好きになる傾向があります。これは単純接触効果と呼ばれている現象です。ブランドを好きになれば、購入の機会もぐっと高まります。

4 好感をもたれるように心がける

ソーシャルメディアの「ソーシャル」という部分が大切です。研究や調査によると、ソーシャルメディアのユーザーはブランドをフォローするときにブランドの信頼度をとても気にしています。

とくにスモールビジネスの場合は、会社の弱い部分やオペレーションの内実を正直に見せることが、信頼とロイヤルティの獲得に効果的なのです。

また、オーディエンスとのコミュニケーションも重要です。あなたの投稿へのコメントに回答したり「いいね」を押したりしましょう。ソーシャルなサークルの中で盛り上がっている会話に耳を傾けてください。

コーヒーはパーソナルな商品だということを忘れずに、パーソナルな関係をユーザーとの間に築くことが、ビジネスの成長に大きく貢献します。

 

ネットショップを立ち上げよう!

コーヒーは世界中で愛されています。カフェのオーナーがオンライン販売にシフトする場合でも、新規事業者がこの業界に参入する場合でも、あなたの新しいコーヒーショップはコーヒー好きな人々に豊かな体験を提供できます。

特徴的なブランドを作り上げることは、一筋縄ではいきません。しかし、最適なツールを使って、直面する課題を正確に把握することで、夢のコーヒーブランドをゼロから生み出すことが可能になるのです。

原文:Evan  Ferguson 翻訳:深津望

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

 

Shopifyについて、何かお困りのことはございませんか?

サポートチームが日本語であなたのご質問にお答えいたします。

support-jp@shopify.com