ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

Shopify Fulfillment Orders API:フルフィルメント体験の向上

Shopifyでは、マーチャントに可能なかぎり最高の体験を提供できるように、パートナーのみなさんと一緒に常時プラットフォームの改善に取り組んでいます。

注文管理とフルフィルメントはマーチャントのビジネスの大半を占めます。在庫管理、注文、配送業務の裏ではお客さまに商品をお届けするために多大な労力が費やされています。お客さまはこの業務に気づいていませんが、公正で効率的な注文品の受け取りを期待しています。マーチャントが成長すると、この業務はより複雑で大変なものになります。

マーチャントは、起業初期の段階では家で在庫管理と注文処理をおこない、そこから複数のサードパーティロジスティクス(3PL)やフルフィルメントサービスプロバイダーを利用して世界中の小売店舗や倉庫で在庫と注文処理をおこなうようになります。そしてこれらの個々のロケーションでは、しばしば異なる方法で注文の処理がされています。

マーチャントが自分でShopifyとアプリで、またはサードパーティのフルフィルメントサービスを使って、注文を処理する場合もあれば、これらを組み合わせて業務をおこなうこともありますが、どんなときも変わらない真実があります。マーチャントは保管場所にかかわらず、在庫とフルフィルメントの可視性とコントロールを求めているのです。

マーチャントは保管場所にかかわらず、在庫とフルフィルメントの可視性とコントロールを求めているのです。

そこでわたしたちは、パートナーをサポートするShopify Fulfillment Orders API(英語)というフルフィルメントモデルを作成しました。

今回の記事では、注文を処理する場所や方法にかかわらずより良いフルフィルメント体験をマーチャントに提供するためのAPI活用法を見ていきます。

Fulfillment Orders APIとは?

Fulfillment Orders APIはエンドツーエンドのフルフィルメントプロセスをサブピースにモデル化し、フルフィルメントデータをより正確にShopifyと注文管理アプリまたは3PLとの間で同期できるようにします。Fulfillment Orders APIは、オープン、進行中、クローズ、キャンセル、未完など、フルフィルメントのライフサイクルを追跡するので、マーチャントはよりきめの細かい完全な注文データをShopifyで確認できます。また任意の注文について特定のロケーションで処理されるべきアイテムを正確に反映するので、注文のフルフィルメントの精度が向上します。

もし以下のAPIを使用しているなら、できるだけ早くFulfillment Orders API移行(英語)することをお勧めします。

  • Fulfillment API
  • Fulfilment Services API
  • Inventory API
  • Orders API

あなたが新しい注文管理アプリを作成している場合、または新規の3PLパートナーの場合は、開発者ドキュメントでFulfillment Orders APIのより詳しい情報(英語)をご確認いただけます。 

こちらも参考にしてください
Shopify開発者向けの重要なプロダクトアップデート 

Fulfillment Orders APIを採用すべき理由

Fulfillment Orders APIでアプリ構築をしたほうがいい理由、または移行すべき理由は大きく4つあります。

1 構築のための優れたAPIアーキテクチャを提供します

Fulfillment Orders APIは構築の基礎となるアーキテクチャを提供します。上述したように、フルフィルメントプロセス全体がサブピースに分解されるので、ワークフローが明確に表示され、情報はShopifyとアプリや3PLの間で正確に流れます。

注文管理アプリの場合、このAPIを使用することで在庫レベルと注文アイテムが簡単に特定できるようになります。また、アプリとShopifyの間で以下のフルフィルメントアクションがより正確に同期されます。

  • Moveフルフィルメント注文がロケーション間で移動するとき。
  • Create fulfillmentラインアイテム、宛先、発送地に基づいてフルフィルメントが作成されるとき。成功すると、このリクエストはフルフィルメント注文をクローズのステータスに変更します。部分的なフルフィルメントの場合、フルフィルメント注文は進行中のステータスに移ります。

3PLでは、情報はさらにシームレスにShopifyを経由してマーチャントとフルフィルメントシステムの間で送信されます。また、フルフィルメントのリクエストは3PLのフルフィルメントフローにルールがあることを示し、適切なタイミングでマーチャントと3PLの間でフルフィルメント注文の制御を切り替えます。

このAPIによってフルフィルメントサービスは以下のことができます。

  • 3PLに割り当てられたフルフィルメント作業の明確な理解と実行
  • あなたがフルフィルメントを実行するかどうかを明確に示し、マーチャントからのフルフィルメントリクエストを承諾または拒否
  • マーチャントから送られるフルフィルメントのキャンセルリクエストを承諾または拒否
  • フルフィルメントリクエストが拒否された場合にShopifyモバイルアプリ経由でマーチャントに通知
  • マーチャントのフルフィルメントを承諾、拒否、作成したときにいつでもマーチャント向けメッセージを含められる、文脈に沿ったコミュニケーション方法
  • フルフィルメントリクエストを承諾したら、いつでも可能なフルフィルメント作成
  • 任意のフルフィルメント注文に対して、複数パッケージを表す複数のフルフィルメント作成
  • リクエストされた作業の一部のみ完了したときフルフィルメント注文をクローズし、残りが完了できない旨をShopifyモバイルアプリでマーチャントに通知

2 マーチャントの複雑な要素を簡単に扱えるようになります

Shopifyマーチャントは多様で、商品の種類や売り方、売る場所もさまざまです。これらの要素は、マーチャントが注文を処理してお客さまに商品を届けるまでの過程に影響をおよぼします。わたしたちのフルフィルメントプラットフォームには、こうした多様性や複雑さを扱うのに十分な柔軟性が求められます。Fulfillment Orders APIはこのプラットフォームを表現していて、今後マーチャントに必要な柔軟性を創出する基本要素となるでしょう。

昨年の初めに、ローカルピックアップ(英語)ローカルデリバリー(英語)をFulfillment Orders APIで実装しました。これらの機能は、一元化されたシームレスな管理エクスペリエンスを提供しながら、マーチャントがお客さまの注文を処理する新しい方法を示しています。

ピックアップ

Shopify内でローカルデリバリーとピックアップが一目で確認できます。

新しいFulfillment Orders APIによって、どの規模のマーチャントもローカルピックアップとデリバリーのオプションをお客さまに提供できるサービスが構築できました。この新しいAPIを使用すると、ロケーションに在庫を適切に割り当てておくことができ、注文管理エクスペリエンスが向上します。

202010月にはサブスクリプションがアナウンスされました。プリペイドのサブスクリプション注文の販売と処理に関して可能なかぎり最高のエクスペリエンスをマーチャントに提供するため、多くのサブスクリプションアプリと提携しています。Fulfillment Orders APIの使用によって、これらのアプリはShopifyとシームレスに連携するため、マーチャントは適切なタイミングでサブスクリプション注文が明確に確認でき、処理を実行できます。

サブスク

サブスクリプションアプリを使用すると、マーチャントはサブスクリプション注文をShopify内で表示させて管理できます。

こちらも参考にしてください
Online Store 2.0でアプリブロックをレスポンシブにする方法(英語)

3 フルフィルメント業務の明確なオーナーシップを提供します

Fulfillment Orders APIはフルフィルメント業務の明確なオーナーシップも提供します。古いAPIの場合、注文をだれがいつ処理するのか明確ではなく、しばしばフルフィルメントの重複や、マーチャントとフルフィルメントセンターの間で不要な時間を食うコミュニケーションを引き起こしがちでした。

Fulfillment Orders APIによって、フルフィルメント業務はマーチャントかフルフィルメントロケーションに明確に割り当てられるため、フルフィルメントサービス提供者はだれが注文を処理するのか困惑しなくて済みます。これは特定のフルフィルメントでも実行されます。

フルフィルメントはマーチャントがフルフィルメント処理中に安全に変更をおこなえるときにモデルを要求します。リクエストの前に、マーチャントは注文の編集、住所の変更、アイテムのキャンセルができます。

3PLにフルフィルメントのリクエストが受け入れられると、これらの変更をマーチャントがおこなうことはできなくなります。マーチャントがさらに変更をしたい場合は、まずキャンセルをリクエストする必要があります。この手順によって、マーチャントと3PLの間のコミュニケーションが明快になり、フルフィルメント中のミスを防ぐことにつながります。

4 長期的により良いマーチャント体験を創出します

Fulfillment Orders APIは、Shopifyのフルフィルメントの未来を象徴しています。新しい機能開発にも取り組んでいるので、できるかぎり最良のフルフィルメント体験をパートナーのみなさんと協力してマーチャントに提供できます。

以下、わたしたちが想定する未来です。

  1. あなたのアプリまたはフルフィルメントサービスとShopifyの内部で、すべてのロケーションにおける注文とフルフィルメントをマーチャントが明確かつ正確に把握できる。
  2. フルフィルメント体験を拡張してパーソナライズできる機会をパートナーに提供することで、マーチャントがもつ多彩なフルフィルメントニーズをもっと簡単に処理できる。
  3. 注文量が増大した場合でも、効果的にマーチャントのスケールと成長をサポートできる。

Fulfillment Orders APIでフルフィルメント体験を向上させよう

Fulfillment Orders APIは現在そして未来にわたって、マーチャントにより良いフルフィルメント体験をもたらします。このAPIのまとめがこちらです。

  • 構築のための優れたアーキテクチャを提供し、注文処理方法にかかわらずマーチャントにフルフィルメント業務の可視性とコントロールを提供します。
  • 新たな柔軟性をもたらし、マーチャントの複雑で多様なフルフィルメントニーズを楽に処理できます。
  • マーチャントとフルフィルメントサービスに対して、だれがいつ注文を処理するのかを明確化することで、フルフィルメントの正確性が向上します。
  • Shopifyのフルフィルメントの未来を象徴し、マーチャントに長期的なフルフィルメント体験の向上を提供します。

Fulfillment Orders API(英語)による構築または既存アプリの移行(英語)を今日から始めて、クライアントに注文データの可視性とコントロール性の高いフルフィルメントを提供しましょう。

 

原文:Emily Manley 翻訳:深津望

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: