ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

購入後チェックアウト拡張機能:ベータアクセスで利用可能に

Shopifyでは、進化し続ける業界のニーズと急速に変化するマーチャントや消費者の期待に応えられるような、ワールドクラスのコマース体験を提供することに常時専念しています。

コアとなるコマース体験が高速で信頼性が高く、スケーラブルであることをマーチャントに対して保証できることがとても重要です。

同時に、マーチャントのニーズに適応できるような柔軟性をシステムにもたせることも不可欠です。そこで、もしマーチャントがサブスクリプションを開始してビジネスモデルを拡張することを希望するなら、またはその他のニッチなコマース体験によって成長機会を模索したいなら、わたしたちのパートナーエコシステムによって構築された広範なオプションを選択できるのです。

そのような事例の1つが、購入後体験です。これは、お客さまによる購入が完了したあと、お客さまがストアを離れる前に発生するマーチャントとお客さまとの間のやり取りのことです。チェックアウトとサンキューページの間に該当し、お客さまがとてもエンゲージメントの高い状態なので、アップセルや、アンケートまたは寄付のお願い、今後の注文に使える割引などをオファーするのに最適な場所といえます。

こうした購入後体験について、専門性とクリエイティビティを発揮してくれる開発者がShopifyエコシステムにはたくさんいることを、わたしたちは知っていました。また、わたしたちは高速で信頼性が高く安全なチェックアウトを提供できます。この2つを組み合わせれば、Shopifyチェックアウトに統合できるアプリを作成するために、開発者が購入後アプリ拡張機能を利用できるインフラの構築ができると考えました。

昨年末、選ばれたパートナーと一緒に購入後アプリの最初のセットをローンチしました。本日、開発者エコシステム全体に向けてベータアクセスがオープンとなったことを発表でき嬉しく思います。Shopifyチェックアウトでダイレクトに購入後体験を構築して、マーチャントの成長をサポートすることが可能になりました。

本日、開発者エコシステム全体に向けてベータアクセスがオープンとなったことを発表でき嬉しく思います。Shopifyチェックアウトでダイレクトに購入後体験を構築して、マーチャントの成長をサポートすることが可能になりました。

 

購入後チェックアウト拡張機能で以下のことが可能です。

  • Shopifyチェックアウト内の構築:Shopifyチェックアウトとダイレクトに統合できるため、高速で安定したワールドクラスのチェックアウト機能はShopifyに任せて、あなたはユーザーとお客さまのための素晴らしい購入後体験の構築に集中できます。
  • Shopifyとの完全統合:あなたのアプリにおいて、Shopifyプラットフォームの改良、APIの更新、各機能との互換性がつねに維持されます。購入後拡張機能はShopifyプラットフォームでネイティブに実行されるため、アプリは割引、配送、レポート、支払いなどの機能とシームレスに連携します。
  • マーチャントビジネスの成長:アップセルによる平均注文額の向上、アンケートによる重要な顧客情報の収集、今後のビジネスを加速させるためのプロモーションなど、あなたの購入後アプリはマーチャントの目標達成と成長をサポートする重要な役割を果たします。

購入後チェックアウト拡張機能の仕組み

購入後チェックアウト拡張機能によって、開発者は購入後体験をShopifyチェックアウトに直接組み込むことができます。ここでは、App Bridge CheckoutというShopifyが作成した新しいテクノロジーが使われます。購入後拡張機能は、App Bridge Checkoutコンポーネント(英語)を使用してJavaScriptまたはTypescriptで構築され、ホスティングと公開のためにShopifyサーバーにプッシュされます。

お客さまがチェックアウトを完了すると、条件に応じて購入後チェックアウト拡張機能が購入後ページを表示します。拡張機能はfetchおよび関連するglobalsを使ってHTTPリクエストをサーバーに投げ、適切なクロスセルオファーを得るために文脈的なデータを転送し、App Bridge Checkoutコンポーネントを使用してオファーをレンダリングします。拡張機能はShopifyでホストされレンダリングもされるので、チェックアウト機能はパフォーマンス性が高く、アクセスしやすく、一貫性も維持されます。

多様な購入後体験の構築

購入後チェックアウト拡張機能は、お客さまによるチェックアウトの後、サンキューページが表示される前のインタースティシャルページでレンダリングされます。このスペースでできることには幅広い可能性があり、クリエイティブな方法でベータ版のアプリ拡張機能が使用されることをわたしたちは楽しみにしています。

インスピレーションのために、いくつかの一般的な使用例を挙げておきましょう。

  • アップセル:購入後体験のよくある例の1つがアップセルです。通常、平均注文額を向上させるために、購入された商品を補完するような商品の提案をおこないます。規模を拡大すれば、マーチャントの利益に貢献する大きな収益源となり得ます。
  • アンケート:マーチャントはお客さまに関する情報を集めるために購入後ページを利用することができます。価値ある情報は、商品、マーケティング、販売計画に利用可能です。メールでアンケート依頼をするのは大変ですが、すでにお客さまが積極的にマーチャントと関わっている状況なら、大切な質問のために数分を費やしてくれる可能性は高まります。
  • 寄付リクエスト:コロナ禍の厳しい時期にビジネスを支援してもらうための寄付や、好みのチャリティなど他団体へのサポートを、購入後のスペースを使って依頼することもできます。
  • プロモーションの提供:購入後ページで今後の購入に使える割引コード、紹介クーポン、その他のプロモーションをオファーできます。
  • そのほかの重要な情報:マーチャントは購入後ページをいろいろなかたちで活用できます。リンクやPDF、それ以外にもお客さまの前に提示したい情報を選択可能です。

購入後ページの活用法が多様であることは明らかなので、購入後アプリ拡張機能で何かを構築する機会はエキサイティングなものとなります。ベータ版を使ってさらにおもしろい利用法が発見されることをわたしたちは期待しています。

購入後チェックアウト拡張機能を使い始めるには?

購入後チェックアウト拡張機能の使用を開始する(英語)のは簡単です。開発ストアで今日からすぐにアプリを構築できます。

アプリが作成できて承認の準備が整ったら、レビューのために提出する必要があります(Shopifyアプリストアで提供されるすべてのアプリに必要なステップです)。既存アプリに購入後拡張機能を追加したいアプリ開発者の方も、この承認手続きが必要となる点にご注意ください。

始める方法、要件、制限など、より詳しい情報については、詳細な開発者ドキュメント(英語)をぜひご参照ください。



原文:Mandy Pardehpoosh 翻訳:深津望

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: