2021年にトラックすべき10のアプリ開発トレンド

2020年にCOVID-19が大流行した際、eコマース業界全体では、1四半期の短い期間に10年分の成長が見られました。このレベルの成長は、マーチャント、パートナー、デベロッパーを問わず、Shopifyのエコシステム全体にチャンスをもたらします。

特に100万人以上のアクティブなマーチャントがわずか数千のアプリケーションでサービスを提供しているShopify App Storeでは、このようなチャンスが顕著に現れています。

 この記事では、なぜこのような成長が始まったのかを探りながら、アプリ開発のトレンド、好機、デベロッパーが2021年に注目すべきファクターを見ていきたいと思います。

 

Shopifyのマーチャントのためのアプリを構築する
Shopify App Store用のアプリを構築したい、カスタムアプリ開発サービスを提供したい、ユーザーベースを増やす方法を探しているなどに関わらず、Shopifyパートナープログラムは成功のためのサポートをしてくれます。無料登録し、教育リソース、デベロッパープレビュー環境、定期的な収益チャンスにアクセスしてください

今すぐ登録

1. 最高のカスタマーサポートが期待されます。

アプリトレンド:オンラインレビューのスクリーンショット 優れたカスタマー・エクスペリエンスは、多くの場合、ポジティブなレビューの原動力となります。画像の出典: Shopify App Store.

アプリデベロッパーは、周囲から自分たちを差別化する方法を常に探しています。卓越したカスタマーサポートの提供に努めたアプリは、統計的に、低解約率、口コミマーケティング、Shopify App Storeでのポジティブなレビューなどの項目で報われてきました。


"卓越したカスタマーサポートの提供に努めたアプリは、統計的に、低解約率、口コミマーケティング、Shopify App Storeでのポジティブなレビューなどの項目で報われてきました。"


2021年には、成功したいアプリにとって、優れたカスタマーサポートが重要になってきます。カスタマーサポートをレベルアップさせるためにできることをいくつか挙げてみましょう:


  • オンボーディングプロセスにこだわる - アプリを使用したことがない人に、アプリを起動して実行するように依頼し、画面を見ながらメモを取ることで、最大のフリクションを見つける。
  • IntercomZendesk のようなカスタマーサポート・プラットフォームに投資し、ユーザビリティを考慮しながら、アプリケーション・インターフェースへ統合することに必要分の時間と労力を費やす。
  • 一般的なユースケースやタスクの詳細に関する動画を提供し、アプリを最大限に活用する方法を顧客に提示する。

2. スピードは今後も重要に

スピードがより多くのコンバージョンにつながることは何年も前から知られていましたが、パフォーマンスは常にマーチャントにとって一番の焦点ではありませんでした。それが大きく変わろうとしています。Shopifyの新しいオンラインストアの速度レポートの導入で、ページの重さや反応速度が、これまで以上にマーチャント(とその顧客)の中で重要視されるようになりました。


アプリ開発者である私たちは、パフォーマンスやサイトの速度低下はフロントエンド開発者が対処すべき問題だと考えているかもしれませんが、2021年には、この問題にもっと投資しなければならないでしょう。


重点的に取り組むべき点としては、以下のようなものがあります。:


  • jQueryのようなサードパーティ製ライブラリへの依存を排除する。(少なくとも、テーマがすでに存在している場合は既存のバージョンのjQueryの使用を試みる)アプリケーションがロードするフロントエンドのアセット数を減らし、使用するアセットがバンドルと最小化で最適化されていることを確認。
  • アプリケーションが必要なページのみをロードし、必要なときにメインページのコンテンツのレンダリングをブロックしない
  • アプリケーションが要求する静的アセットに対し、ShopifyのCDNを活用してエッジネットワークを利用(アプリケーションの負荷の軽減が可能)。
  • 顧客とのやりとりを通して、あなたのアプリケーションに行われる可能性のあるAPI呼び出しに対して、サーバーの応答時間目標を100msに設定。

3. 自動化はあらゆる場面で

ぎりぎりのマージンの世界では、加盟店は常に、より少ない労力でより多くのことを行い、最も貴重なリソースである時間を最大限に活用する方法を模索しています。店舗のオーナーは、自動化ツールを使用して反復的な手作業を排除し、カスタムコードを書くためにデベロッパーを雇わなくても、アプリをビジネスロジックに合わせてカスタマイズできるようにするケースが増えてきています。

ぎりぎりのマージンの世界では、加盟店は常に、より少ない労力でより多くのことを行い、最も貴重なリソースである時間を最大限に活用する方法を模索しています。」

マーチャントは、 Arigato, Mechanic,Alloyなどのサードパーティ製のShopify専用アプリを使用して自動化を推進することができます。またShopify Plusの加盟店は、最適化されたShopify Flowツールを利用することができます。

Shopify Flowは、Plus加入のマーチャントにシンプルながらも強力な自動化オプションを提供しています。

しかし、それ以上に、Shopifyアプリケーションが特定のドメインに合わせて独自の内部自動化機能を開発する傾向が見られます。例えば、KlaviyoSmartrMailのようなメールアプリは、ダッシュボード内に高度なカスタマーワークフロービルダーを提供しています。

このトレンドを活かすには、以下のことを検討してみてください。

  • アプリケーションからシンプルな HTTP webhook 入出力を公開して、マーチャントが ZapierIFTTTなどのサードパーティ自動化ツールに簡単にプラグインできるようにする。
  • Shopify Flow コネクター を構築して、Shopify Plusマーチャントへ即座に付加価値を提供。
  • アプリドメインに最適化されたワークフロー自動化ツールの構築 

4. グローバルトラフィックの扱い方を知っていることが重要になります。

アプリの動向:過去1年間のshopifyのトラフィックの増加を表したグラフ。Shopifyは、2020年の全期間にわたって2019年のブラックフライデーと一貫したトラフィックレベルを記録。画像出典 : Shopify Engineering Blog.

Shopifyプラットフォーム上に100万以上のマーチャントを持つことは大きなチャンスです。ですが、何百ものマーチャントがアプリをインストールし、何百万人もの最終顧客にサービスを提供しなければならない状況が発生します。このような(エキサイティングだが神経をすり減らすような)イベントに対処できることは、エコシステムが成長するにつれて、ますます良く見かけられるようなっていくでしょう。

初期の段階では、アプリ開発者はKubernetesクラスタを立ち上げるよりも、マーチャント向けの出荷機能に集中すべきですが、後からのスケールアップをより容易にすることができる設計やアーキテクチャの選択が初期の段階でもあるはずです。

  • AWS Lambda、Google Cloud Functions、Azure Functionsなどの「サーバーレス」技術を利用すると、アプリがより多くのリクエストを受信すると自動的にスケールアップ可能です。
  • 選択したインフラストラクチャに効果的なリソース、負荷、およびアプリケーション監視ツール(アラート付き)を初日から設定し、消費量、ピーク負荷、およびパフォーマンスのボトルネックを確実に把握します。
  • 可能であれば、アプリケーションのリクエストをShopifyにオフロードするように設計する(例えば、アプリケーションのリクエストを要求するのではなく、Theme APIを使用してShopifyのCDNに顧客向けのアセットやデータを保存するなど)。

5. 管理画面とのインテグレーションが重要

Shopifyアプリのエコシステムでは、常に "組み込み "アプリ(Shopify管理画面内のマーチャントに表示されるアプリ)と "スタンドアロン "アプリ(表示されないアプリ)の間で分かれていました。歴史的には、両方に長所と短所がありましたが、2021年には、振り子がShopify管理画面との強固なインテグレーションを持つアプリに向かって揺れ続けると予想しています。

なぜか?それは、開発者とマーチャントの両方にとって、組み込みアプリの体験がどんどん良くなってきているからです。 Polaris デザインシステム(Shopify管理画面自身に使用されています)は、デベロッパーが多種多様なコンポーネントやユーザーエクスペリエンスをデザインして実装する手間を省くだけでなく、マーチャントがアプリをナビゲートするための一貫性のある直感的な方法を確保することもできます。

2020年後半には、アプリケーションの専用ページだけでなく、Shopify管理画面のすべての部分にまたがる強固なインテグレーションをアプリケーションが実装できるようにする、Shopifyの新しいフレームワークであるArgoの誕生を見ることができました。

Argoのモーダルコンポーネントにより、デベロッパーはShopifyの管理画面でアプリの機能を直接表示することができます。

デベロッパーやマーチャントにとって、ストアフロントを構築して管理する際に一貫した体験を持つことができるという利点は、2021年にはより深いインテグレーションが一般的になることを示唆しています。

6. GraphQLの普及率が上がる

好むと好まざるとにかかわらず(正直に言うと、私にもその時期はありました)、今年はShopifyアプリを構築する際に、ますます多くのGraphQLを目にすることになるでしょう。Shopifyは、「レガシー」なREST APIのほぼ100%をGraphQLでカバーしており、GraphQLでしかサポートされていない新しいAPI(バルクオペレーションサブスクリプション)もたくさんあります。

GraphQLでしかできないことがいくつかあり、言語サポートやツールが改善されていることを考えると、2021年のShopify開発者にとって、この技術を使いこなせるようになることは有利になるでしょう。

7. ヘッドレス・アーキテクチャーは今後も重要に

Shopify PlusのマーチャントのPangaia は、ヘッドレスのストアフロント体験を構築することを選択しました。

「ヘッドレス」は2020年のeコマースの流行語大賞を受賞しなければならないでしょう、このトレンドは2021年もその続いていくと考えられいます。


すべての人にとって正しい選択ではありませんが、(ヘッドレスコマースをサポートするためのリソースを持つ)大規模なマーチャントから、ヘッドレス化による追加のコントロールとカスタマイズ性への要望が高まっていることは間違いありません。


アプリ開発者としては、LiquidのスニペットやShopifyのテーマのカスタマイズに頼らず、フロントエンドの開発者が望む方法で機能を統合できる柔軟性を提供する顧客志向のAPIを提供することで、アプリケーションをヘッドレスフレンドリーに設計することができます。その良い例が、フロントエンドの実装に顧客のリワード情報を提供するJavascript APIであるSmile.jsです。

8. 特化することを考える2021年に

Shopify上のマーチャントの数が100万を超えたことで、それらのマーチャントのサブセットが、独自のサブマーケットをサポートするのに十分な規模になりました。今後、アプリ開発者はShopify上の特定グループのマーチャントをターゲットにしたアプリを構築することができますが、バーティカル(ファッション、美容、食品)や地域(米国、北ヨーロッパ、APAC)別であっても、実質的なビジネスを構築するのに十分な規模の顧客基盤を持つことができます。

アプリケーションに特定のフォーカスを与えることで、ターゲット顧客を明示してマーケティングを行うことができます。また顧客があなたのアプリを見つけた際の価値提供がはるかに簡単になり、あなたの得意領域における競合他社の数を大幅に減らすことができます。いくつかの例をご紹介します。 

9. POSでチャンスを探す

新しいShopify POS Proは、開発者のためのより多くのインテグレーションポイントを提供します。

2020年には実店舗からの撤退を余儀なくされ、多くの小売り店がオンラインでのプレゼンスの拡大を余儀なくされましたが、COVID-19の規制とワクチンに関してすべてが安全になれば、小売店での買い物が急増するかもしれません。これには、オンラインファーストのブランドが実店舗に進出する傾向が戻ることも含まれているかもしれません。

もしそうなれば、ShopifyのPOSサービスの利用が増加し、パンデミックでShopifyに移行した小売業者の店舗への導入が進み、すでにShopifyを利用している小売業者にも拡大していくことを期待しています。

この分野での潜在的な成長にもかかわらず、POS端末用のアプリ開発は、インテグレーションポイントの数が限られているためか、これまでほとんど行われていませんでした。Shopify POS Proと新しいShopify POS Appのリリースで、これはかなり急速に変化しているように見えます。もしあなたが店舗内アプリ統合の良いアイデアを持ったアプリ開発者であれば、2021年はそれを試すのに最適な年になるかもしれません。

10. ベンチャーキャピタリストの登場

Shopifyのエコシステムで「ウェブ・スケール」のSaaSビジネスを構築することが可能かどうか疑問に思っていたとしても、ベンチャーキャピタリストは確かにそう考えているようです。この半年間で、私たちは以下を見てきました :


"Shopifyのエコシステムで「ウェブ・スケール」のSaaSビジネスを構築することが可能かどうか疑問に思っていたとしても、ベンチャーキャピタリストは確かにそう考えているようです。"

これらの企業は、いずれもShopifyを継続的な戦略の重要な部分としています。投資家は今年、急成長するeコマースの分野でより多くの機会を探しており、既存のShopifyアプリは成長と競争のために資金調達を続けており、資金力のある新規参入者が市場に登場することが予想されます。

もしあなたがアプリを開発している開発者で、アプリの牽引力があり、早く成長したいと考えているのであれば、2021年は資金調達を検討する年になるかもしれません。

これらのアプリ開発動向にフォーカスする

2021年は、eコマースにとって大きな年となり、Shopifyアプリ開発者にとっても大きな年となるでしょう。eコマースのパンデミック主導の急増が統合されると、より多くの加盟店、より多くの市場、より多くの資金、そしてShopifyアプリストアでビジネスを構築する機会がこれまで以上に増えることになります。これらのアプリ開発のトレンドを心に留めておくことで、成功への準備が整います。

あなたも私と同じようにワクワクしていることを願っています。

 

原文:Gavin Ballard 翻訳:阿部 敏朗

 

Shopifyパートナープログラムでビジネスを成長させる
マーケティング、カスタマイズ、またはWebデザインや開発など提供するサービスに関係なく、Shopifyパートナープログラムはあなたを成功へと導きます。プログラムの参加は無料で、収益分配の機会が得られ、ビジネスを成長させる豊富なツールにアクセスできます。情熱的なコマースコミュニティに今すぐ参加しましょう!

今すぐ登録
トピック: