ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

オンライン販売におすすめのECサイト20選

Digital Commerce 360の分析(英語)によると、世界トップのオンラインマーケットプレイスは2020年に2.6兆ドルを売り上げていて、これは世界のWebセールスの62%にあたります。

このようなマーケットプレイスの成長を前に、スモールビジネスのオーナーは「マーケットプレイスで販売するべきか?」と自問することになります。

現在、オンラインビジネスを運営していて遭遇するであろうECサイトは数百に及びます。ビデオゲームやテックなど、特定のニッチに特化したものもあります。服、本、家具など何でも販売できるサイトもあります。

マーケットプレイスで販売することのメリットはいくつかありますが、一方で委託料や取引手数料といった費用のために登録をためらう販売事業者もいます。

このガイドでは、世界を代表する人気ECサイトについて解説します。また自分のネットショップを始めることのメリットについても触れ、両者を併用することでどのように新規顧客と売上を増やせるかを見ていきます。

自分のストアを構築する

ネットショップを始めることはむずかしい仕事に見えるかもしれませんが、正しく実践すれば、有意義で信じられないほど利益をうむことがあります。唯一の欠点は、自分でビジネスの宣伝をして人々をサイトに誘導しなければいけないことです。ブランド構築にも時間がかかるでしょう。

大きなメリットは、すべての利益が自分のものになるという点です。売上ごとに手数料を延々と払い続ける必要はなく、自分が決めたわけではないルールに縛られることもありません。もしこれらのことが魅力的に思えるなら、自分のウェブサイトをゼロから構築する方法をご紹介します。

Shopify

shopify

Shopifyは、ネットショップを構築するための一番簡単で一番信頼されている手段の1つです。eコマースプラットフォームとして、Shopifyは技術的なスキルや大規模な予算がなくても手早く立ち上げて運用できるようになっています。現在までに、Shopify170万を超える企業に力を与えてきました。魅力的な価格、プロ仕様のデザイン、実用的なマーケティングツールがよく知られています。

Shopifyストアを作成するにあたって、ビルトイン機能をもった100種類以上のテンプレートから選ぶことができます。月額わずか29ドルで、自分のウェブサイト、ブログ、SSL認証、カゴ落ちリカバリー、そのほか初心者にもやさしいマーケティングツールが得られます。自分のサイトで販売することも、AmazoneBayなどのマーケットプレイスで販売することもでき、売上を伸ばすためのパーソナライズされたショッピング体験も構築可能です。

さらに、4,000以上の無料Shopifyアプリがあるので、サイトの機能を拡張してオンライン販売を成功に導けます。Shopifyストア立ち上げチェックリストを利用して、今日から準備を始めましょう。

米国トップのECサイト(マーケットプレイス)

アイテムを販売してお金を稼ぎたい事業者に人気のマーケットプレイスがこちらになります。

Amazon

amazon

グローバルなeコマースの売上(英語)が成長を続けているなか、トップのオンラインマーケットプレイスとしてAmazonの名前が出てくるのは当然といえます。世界トップのeコマース企業として、Amazonの会計報告は2020年の3Q961億ドル(英語)の収益があったことを示しています。前年比で37%の上昇です。Amazon1分間で400商品以上(英語)を売り上げると言われ、販売事業者にアクティブな既存のオーディエンスを提供しています。

Amazonはどのようにして最高のECサイトになったのでしょうか? 人々はAmazonとそのマーケットプレイスで買う商品を信頼するようになりました。Amazonは販売者を審査し、フェイク商品を取り除くことで知られています。さらに、Amazonプライムによってアイテムの即日配送(特定エリアの場合)なども提供しています。また、価格も魅力的なので人々はそれを愛し、そこでのオンラインショッピングを続けているのです。

Amazonで販売するコストは、プランや商品カテゴリー、フルフィルメント戦略やその他の要因によって異なります。最低でも、月に39.99ドルをプロフェッショナルプランのために払う必要があります(そのほかに上述した販売手数料もあります)。このプランは月に40ユニット以上を販売し、商品の広告や商品詳細ページのトップ位置に表示される資格、APIやレポートなどの高度な販売ツールを望む場合に適しています。

全体として、Amazonはグローバルな幅広いオーディエンスにリーチしたい場合に最適なオンラインマーケットプレイスといえます。

eBay

ebay

1日に12回はeBayを見るという人もいるでしょう。このサイトは1995年からあるオリジナルなECサイトです。 最新のeBay 統計(英語)によると、eBayには13億を超えるアイテムが掲載され、世界中に18,200万ユーザーがいます。

 eBayでは、靴や時計などの日常的なアイテムから、ポップコーンの匂いがする枕や空気のボトル、そして70年代のヴィンテージハンドチェアなど、変わったもの(という商品カテゴリーがあります)を含め何でも販売できます。

 eBayで販売するなら、販売手数料を考慮する必要があります。返金不可の掲載料が各商品ごとに課金され、同じアイテムを2つの異なるカテゴリーに出品する場合の追加費用もあります。また、配送料や手数料を含めた売上総額を基に算出される最終料金(通常は10%12%)が請求されます。

Amazonと同じように、eBayにはすぐに販売できるオーディエンスが膨大にいて、あなたのネットショップの別チャネルとして有効です。


Handshake

handshake

Handshakeは、サプライヤーとリテーラーが簡単につながるようにデザインされた卸売マーケットプレイスです。ユニークで大量生産ではない商品を、フィットネス&ヨガ、ジュエリー、ペット、フード&飲み物といったカテゴリーから見つけることができます。個々のサプライヤーは、Handshakeチームによって選別されています。

ネットショップのオーナーも、実店舗のオーナーも、Handshakeで買い物します。ユニークな商品を一括販売(または卸売)したいなら、Handshakeに販売申請してください。

一番の長所は? HandshakeShopifyと連携しています。この統合機能により、卸売のクリエイターは在庫の管理、販売の追跡、注文処理などが1箇所で可能です。マニュアルの在庫管理や大量のCSVアップロード、エクセルのシートが必要となる従来の卸売マーケットプレイスとは異なります。

もっと詳しく:ネットショップを簡単に作成!おすすめツール9選【2021年版】

Bonanza

bonanza

Bonanzaは、急速に成長しているオンラインマーケットプレイスで、ワシントン州シアトルを拠点としています。新手の売買サイトであり、eBayの代替として人気が高まっています。このプラットフォームではほとんどすべての物を売ることができ、SimilarWeb(英語)によれば月間アクセス数は510万回以上です。

Bonanzaは、AmazoneBayの中間にあるものと考えることができます。BonanzaにはeBayよりユニークなハンドメイドアイテムがありますが、ブランド商品はAmazonより少ないです。たとえば、最新のナイキエアマックスや一点物の銅製ネックレスを販売でき、どちらにもアクティブな買い手がいます。購入者は定価で商品をカートに追加するか、プラットフォームを通じて提案交渉をすることができます。

Bonanzaはサイトに商品を載せる際にお金は取りません。売上が発生したときだけ、販売額のわずかなパーセンテージを請求します。また、Bonanzaの販売者は自分のネットショップをもっていることが多く、BonanzaShopifyなどのプラットフォームを統合して商品の管理や販売をさらに簡単におこなうことも可能です。

Ruby Lane

Ruby Lane

Ruby Laneはヴィンテージやアンティークを扱う新手のオンラインマーケットプレイスですが、Etsyのような大きいサイトと接戦を演じています。Ruby Laneは、EcommerceByte(英語)のアンケートで2019年のおすすめナンバーワンに選出されています。Ruby Laneにはかなりターゲット化されたバイヤーが、アンティーク、コレクター品、ヴィンテージ、アート、人形、ジュエリーなどのカテゴリーごとにいます。

手数料や支払いもわかりやすく、設定と商品掲載は無料です。ただし、最大50アイテムまで54ドルの月額メンテナンス費がかかります。この費用は、プラットフォームに掲載するアイテムが増えると変動します。さらに、Ruby Laneは購入総額に応じて6.7%のサービス料を請求し、この料金は250ドルが上限となります。

アンティークやコレクター品を扱っているストアオーナーも、ほかの何かをサイトで販売したいだけの場合も、Ruby Laneなら情熱的なバイヤーとつながることが可能です。

Etsy

Etsy

Etsyはハンドクラフト製品とヴィンテージアイテムの人気マーケットプレイスです。2015年には、メーカー開発の製品が含まれるようになりましたが、一部のアカウントのみとなっています。2020年のQ2時点で、6,000万人以上のバイヤー(英語)がEtsyにいるため、オンライン販売を開始して利益を出しやすいといえます。

Etsyで販売するそれぞれのアイテムの掲載費用が0.20ドルかかり、掲載は4ヶ月で期限切れとなります。そのため、アイテムが売れず、掲載を更新する場合は、追加の0.20ドルが必要です。売上が発生すると、表示価格の5%の取引手数料と送料やラッピング料の合計額が請求されます。

オンライン販売に慣れていないなら、Etsyは販売をスタートする最適な場所です。アクティブなバイヤーのネットワーク、ポップアップストアフロント、プラットフォーム上でビジネスのマーケティングをするのに役立つツールにアクセスできます。


Chairish

Chairish

Chairishは、ハイクオリティなホームデコと家具のためのオンライン委託販売ショップです。アイテムの掲載(無料)は数分で完了し、販売プランに応じて価格の7080%があなたにキックバックされます。

Chairishが一番クールなのは、完全無料という点です。ただし、エリートプランに登録すると月額149ドルがかかります。商品を出品すると、Chairishのキュレーションチームがマーケットプレイスの基準に合致しているか査定します。それから商品写真が編集されて、公開となります。配送も処理してくれるため、あなたはロジスティクスを心配する必要がありません。

デザイン志向の家具やホームデコをオンラインで販売したいなら、最適なマーケットプレイスです。理想的なコレクターやバイヤーの前に商品を提示して、オンラインの売上をうみだすことができます。

Swappa

Swappa

手放したい古いiPhone Xや、もうプレイしていないNinthendo Switchが手元にありませんか?Swappaを使ってテクノロジーをキャッシュに変えましょう。Swappaは、電話機、パソコン、カメラなどの売買が可能な信頼できるECサイトです。

マーケットプレイスで売りに出される商品に対して入念な審査がおこなわれるため、Swappaは信用されています。ジャンク製品は許可されないため、まともに機能するコンディションの商品しか販売することができず、支払いはPayPalで保護されます。

リストの作成費用はかかりませんが、アイテムをフィーチャーする(広告のような)機能を5ドルで選択できます。Swappaはリスト価格に組み込まれた固定費用のみ請求します。売上が発生すると、購入者は手数料も同時に支払います。Swappaは最安値の手数料を提示していて、たとえば、350ドルの電話機を売った場合、購入者は15ドルのみ費用請求されます。

ローカルなオンラインECサイト

コミュニティに対する販売を計画しているなら、以下の無料ECサイトを検討してください。

Facebook Marketplace

Facebook Marketplace

Facebook Marketplaceは、個人でFacebook上のアイテムを探したり、買ったり、売ったりできるスペースです。3人に1 (英語)以上が毎月このFacebook Marketplaceを利用していて、売り手がアクティブなオーディエンスにリーチする大きな機会が提供されています。リストに載せるのは完全無料で、Facebookは手数料を取りませんが、プラットフォームで販売するうえでのガイドラインを守る必要があります。

FacebookShopifyなどのプラットフォームと提携しているので、マーチャントは在庫を表示したり、アイテムを宣伝したり、ビジネスの新規顧客を見つけたりできます。

Craigslist

Craigslist

Craigslistは最初期のECサイトとして有名です。1995年にCraig Newmarkによって立ち上げられ、サンフランシスコのベイエリアのローカルイベントなどを友達の間で共有するメール配信リストとして始まりました。そしてあっという間にウェブベースのマーケットプレイスとなり、数年の間に70カ国の700都市にまで拡大しました。無料で、簡単で、必要最小限の形式になっていて、いわばたくさんのスタッフが携わる巨大なローカルフォーラムです。

Craigslistはリスクの高いオンラインマーケットプレイスです。というのも、プラットフォームは売買に「関与しない」というアプローチなので、詐欺が横行することもあり、その場合でも会社から助けは得られません。

それにもかかわらず、ローカルな売買を求め、直接会って取引したい人たちにとっては、Craigslistは頼りになるECサイトです。

Nextdoor

Nextdoor

Nextdoorはコミュニティでの販売に特化している点で、Facebook MarketplaceCraigslistに似ています。また、交通の遅れやレストランのおすすめといった近隣の情報を投稿できるため、「親切なお隣さん」の感覚がもたらされ、Nextdoorは特定エリアでのハブとして機能しています。

Nextdoorにはアイテムをオンライン販売するための無料のフォーラムもあります。Facebook Marketplace同様、リスト掲載費用はかからず、買い手と直接会う必要があります。プラットフォームにアクセスする前にアカウントを作らないといけないので、いくらかは安心感が得られます。

VarageSale

VarageSale

VarageSaleはバーチャルガレージセールの売買アプリです。生活情報サイトに掲載される嘘や詐欺にうんざりした元小学校教師がトロントで立ち上げました。VarageSaleのユーザープロフィールは現実のアイデンティティに基づいています。売買が許可される前に、だれもがマニュアルのレビュープロセスを経なければなりません。

買い手は取引をおこなう前に売り手の評価をチェックしてメッセージを送ることができます。質問や購入、ピックアップのスケジュール管理がアプリ内で可能です。VarageSaleでは、家具、衣類、靴など、何でも販売できます。また、メンバーがアプリ内で売買するのは無料です。


グローバルなECサイト

海外のオーディエンスに向けて販売をしたい人のために、世界最高のオンライン販売プラットフォームをご案内します。

AliExpress

AliExpress

2010年に設立されたAliExpressは、Alibabaの国際eコマースマーケットプレイスです。230以上の地域のユーザーが利用しており、2,000万のデイリービジタ (英語)がいます。このプラットフォームのユーザーは個人にも企業にも販売でき、商品の製造や自社オンラインストアでAliExpressドロップシッピングモデルを取り入れることも可能です。

AliExpressは商品カテゴリーに応じて各取引ごとに58%の手数料を取ります。それ以外には、販売のための経費や手配料などはありません。

Taobao

Taobao

Taobaoは、2003年にeBayのようなECサイトとしてスタートし、 Digital Commerce 360 (英語)の調査によると世界最大のマーケットプレイスとなっています。

2020年の9月には、Taobao7,000万のマンスリーアクティブユーザー (英語)を記録し、2020年の会計年度における流通取引総額は5,260億ドル以上となっています。

TaobaoAliExpressで扱っていない商品を販売する場合は、中国のオンラインマーケットプレイス一覧 (英語)をご確認ください。

OTTO

OTTO

OTTOはドイツで2番目に大きなECサイトです。ファッションとライフスタイル商品にフォーカスしています。戦後、28種類の靴だけを扱う通販会社からスタートして、1959年には1万人の従業員と6,100万ドルの年間売上を誇るブランドとなりました。

現在、OTTOの商品の90%以上はオンラインで販売されています。そこにはサードパーティのリテーラーの商品とブランド商品が含まれます。このマーケットプレイスは940 (英語)のアクティブカスタマーをもち、国内ではAmazonに次ぐポジションを占めています。

Rakuten

Rakuten

楽天は日本を拠点として、eコマース、銀行、通信サービスなどを提供する巨大なマーケットプレイスです。ライバルであるPayPayモールのほうが月間トラフィックが多いですが、売上面でのマーケットリーダーは楽天であると言われています。Amazonのようなマーケットプレイス同様、衣類、本、スポーツ用品、サブスクリプションボックスなど、ほぼ無限のカテゴリー商品の販売が可能です。

現在までに、楽天には5万以上の加盟店 (英語)と11,500万人のグローバルカスタマーがいます。楽天で販売したい会社は、米国が日本で登録する必要があり、それ以外の場合にはサービスパートナーを通じて申請することになります。

Mercado Libre

Mercado Libre

Mercado Libreは、ラテンアメリカでもっとも人気のeコマースマーケットプレイス (英語)で、メキシコからアルゼンチンまで18カ国以上にサービスを提供しています。

最近の投資家レポート (英語)によると、連結収益(eコマースとフィンテック)は2020年のQ343億ドルを超えています。さらに同じ四半期において、182億ドル以上の流通取引総額と約6億アイテムを販売しました。このプラットフォームを使う販売事業者は、20のメインカテゴリーと123のサブカテゴリーに渡る多大な商品の販売が可能です。

Flipkart

Flipkart

Flipkart2007年にオンライン書店としてスタートし、インド最大のECサイトになりました。家電、ファッション、家庭用品、食料品、ライフスタイル商品など、リテーラーはFlipkartで何でも販売できます。

Amazonの直接的な競合として、WalmartがバックについているFlipkartはインドでのeコマース市場シェアをリードし続けています。最近のニュースによると (英語)、2020年の10月中旬から11月中旬のホリデーシーズンにおいて、Flipkarteコマース企業が記録した流通取引総額の66%を占めました。インドでの販売を開始したいなら、Flipkartはあなたのビジネスにとって最適なECサイトです。

Flipkartにない商品を販売する予定なら、インドのeコマースサイト TOP10 (英語)を参照してください。

MyDeal

MyDeal

MyDealはオーストラリアのマーケットプレイスで、3,500カテゴリーにわたる100万以上の商品を扱い、月間のビジター数は540万人 (英語)を誇ります。厳密なマーケットプレイス、つまり自分たちの商品はせず、サードパーティの販売事業者の商品だけを扱うサイトです。

さまざまなカテゴリーの商品を販売できますが、とくに家具、家庭用品、大きめのアイテムなどが多くなっています。MyDealはフルフィルメントサービスを提供していないので、販売者は自分で配送を手配するか、外部のロジスティクス会社を利用する必要があります。

MyDealには見当たらない商品を販売したいときは? オーストラリアのトップマーケットプレイス (英語)についての記事をあわせてお読みください。

オンラインで商品を販売する最適な方法を見つけよう

オンラインビジネスのオーナーは、ドロップシッピングやカスタム商品販売など、どんな事業を運営している場合でも、いろいろなECサイトを研究する必要があります。すでにアクティブな購入者のオーディエンスがいて、マーケティング機会がある場合には、新規ビジネスの立ち上げに役立つこともあります。

マーケットプレイスだけに依存しないことも大切です。自分のブランドを作り上げて、お客さまとつながり、利益を維持するには、独自のネットショップを構築するのがおすすめです。自分だけのデジタル販売の拠点があれば、ECサイトに委託料や手数料を払い続けることをやめ、長期的にあなたのビジネスを成長させることができます。

原文:Michael Keenan イラスト:Rachel Tunstall 翻訳:深津望


よくある質問

オンライン販売を始める方法は?

1.eコマースプラットフォームを活用して自分のネットショップを立ち上げる。
2.Amazon、eBay、Etsyなどの既存プラットフォームで個人の販売事業者になる。
3.FacebookやInstagramなどのSNSを使って販売する。
4.ドロップシッピングビジネスを始める。
5.decluttrやVarageSaleなどのリサイクル販売アプリを使って中古品を販売する。

どこで自分の商品をオンライン販売できますか?

オンライン販売ができる場所として、以下のようないろいろなサイトがあります。
・ご自分のネットショップ
・Amazon
・eBay
・Etsy
・Bonanza
・Facebook Marketplace
・Rakuten
・Handshake

無料でオンライン販売できる場所は?

・Facebook Marketplace
・Craigslist
・Nextdoor
・VarageSale

ローカルな商品販売におすすめのサイトは?

・Facebook Marketplace
・Craigslist
・Nextdoor
・VarageSale
・OfferUp (Letgo)
・Poshmark
・eBay
・Vinted

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: