Shopify ブログ

Shopifyへネットショップを楽々移行!BASEショップ情報移行アプリの使い方

Shopifyユーザーの皆様、こんにちは。Get Itです。

今回は、BASEのショップ情報をShopifyへ移行できるアプリについてのご紹介をいたします。 その名も「BASEショップ情報移行アプリ」です。とても分かりやすい名前ですね!

インストールはこちら

できること

BASEのストアからダウンロードしたデータファイルを、そのまま当アプリに読み込ませることで、Shopifyのストアへデータを登録することができます。

対象となるデータは「商品情報」、「注文情報」、そして「商品カテゴリ」です。もちろん、「商品情報」のみを移行する、という事も可能です。

使い方

1. BASEのストアから、CSVファイルをダウンロード
まずは、BASEのアプリを利用して、ストアデータをCSVファイルとしてダウンロードします。



2. 「BASEショップ情報移行アプリ」に、CSVファイルをアップロード

次に、ダウンロードしたCSVファイルを、そのまま「BASEショップ情報移行アプリ」にアップロードして読み込ませます。



3. アプリに読み込ませたデータを、Shopifyへ登録

最後に、「インポートする」ボタンを押して、Shopifyへデータを登録します。

「商品情報」の登録は、たったこれだけで完了です。

「注文情報」、そして「商品カテゴリ」についても、同様の手順で移行していくことができます。
さらに詳しい使い方や仕様は、「BASEショップ情報移行アプリ」の中に「ヘルプページ」をご用意していますので、そちらをご参照ください。

できないこと

  1. このアプリを利用して、BASEからダウンロードしたデータファイルをマスタとした継続的なデータメンテナンスはできません。詳しくは、アプリ内ヘルプページの「同じCSVを2回インポートをしたらどうなりますか」を参照してください。
  2. このアプリを利用しても、「在庫数」「発送状況」など、幾つかのデータ項目は残念ながら移行できません。詳しくは、アプリ内ヘルプページの「データをインポートした後に、手動でデータ修正が必要な項目について」を参照してください。

たくさん商品があっても、簡単操作でデータを移行できる「BASEショップ情報移行アプリ」。 ぜひご利用ください!

(Get Itについて)
Get itは、2015年の創業当初より、大企業からスタートアップ企業まで、企業規模問わず様々なアプリ・ウェブサービスの開発に従事してきました。2019年には、自社で海外こども服通販「ELMO」のECサイト運営を開始し、約半年で月商数千万円の売上を達成しております。現在は、ELMO事業で培ったノウハウを生かしたECサイトの開発と運営を中心に事業展開を行っています。


ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: