Shopify ブログ

【第一次公募の締切せまる】IT導入補助金を活用してECサイト構築の費用を最大450万円まで還付が受けられます!

もはやECサイトを構築するにあたっては必ずと言っていいほど選択肢に入る存在となったShopify。北米から来たこのツールは、今までの常識を覆す様々なメリットを引っさげてEC事業者から絶大な支持を受けています。そのShopifyを使ってECサイトを構築するまたとないチャンスが来ました!

「IT導入補助金」を使ってShopifyを使ったECサイト構築を行い、構築にかかる費用がなんと50%還付されるかもしれないんです!

近年、何かと話題のIT導入補助金ですが、何故こんなに話題になっているかと言うと、一般的な補助金と違い、自分で書類や事業計画などを細かく書いて申請するのではなく、IT導入補助金の支援事業者を経由して、ほとんど手間なく申請が可能なんです!

2018年度のIT導入補助金は、かかった費用の50%もしくは50万円が上限でした。しかし、今年はなんと上限額が大幅に変更になり、450万円が上限となっています!

これを機に新規での自社サイト構築を検討するもよし、国内向けの自社サイトは既にあるので越境ECサイトを構築するのもよし、構築とあわせて様々なITツールとの連携やツールのカスタマイズをするなど、利用することによって自社のEC事業が成長すること間違いなしの制度ですので、申請から補助金受給の流れについて、初めて申請する方も、既に経験のある方あらためて確認していきましょう!

①IT導入補助金とは?

IT導入補助金は中小企業・小規模事業者様を対象に、自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするもので、Shopifyを活用したECシステム並びにその構築も補助申請の対象に入ります。

IT導入補助金は毎年数回に分けて公募されており、指定された期間内に支援事業者を通して応募します。採択されれば、構築にかかる費用のうちの50%もしくは一定の上限金額が還付されますので、サイト制作の初期費用に対しての予算は限られているが、これを機に自社ECを立ち上げたい企業様にはおすすめの制度になります。

※申請にあたり、条件としては新規ドメインでの構築のみが適用されますのでご注意ください。

IT導入補助金の公式サイトについてはこちら

IT導入補助金対象者について

中小企業・小規模事業者または個人事業主等


②IT導入補助金対象者の上限額・下限額・補助率

補助金として還付される金額は、見積金額の50%もしくは上限金額のどちらか低い方となります。

例:

見積金額 100万円 → 補助金額 50万円

見積金額 1000万円 → 補助金額 450万円

下記が2019年度のIT導入補助金における上限下限です。

A類型

補助上限額:150万円

補助下限額:40万円

補助率:1/2以内

B類型

補助上限額:450万円

補助下限額:150万円

補助率:1/2以内

A・Bの類型の違いをざっくり説明すると、導入によって得られる効用・効果について、どこまでの範囲で事業改善に貢献できるツールなのか、によっての選別となります。つまりA類型は比較的限定的な業務改善や販売促進、B類型は業務のデジタル化からデータの分解析、並びに業務自動化など多岐にわたってのソリューションを導入する前提となります。したがって費用も大きくなるから補助額も大きいというわけです。

さて、実際に進めるにあたって、A類型とB類型では申請に必要となるプロセスの数が異なります。

A類型の申請条件

赤枠内から最低1つ以上の業務プロセスが選択され、青枠内から計2プロセス以上が含まれる必要があります。

B類型の申請条件

赤枠内から3つ以上の業務プロセスが選択され、青枠内から計5つ以上のプロセスが含まれる必要があります。

IT補助金の申請条件

このあたりは非常にややこしいので、支援事業者と直接相談し、どのように申請するかを決定していくことをお勧めいたします。

③申請スケジュールについて

一次公募

A類型

交付申請期間:2019年5月27日(月)~6月12日(水)

交付決定日:2019年6月26日(水)<予定>

事業実施期間:交付決定日以降~12月24日(火)

事業実績報告期間:交付決定日以降~12月24日(火)

B類型

交付申請期間:2019年5月27日(月)~6月28日(金)

交付決定日:2019年7月16日(火)<予定>

事業実施期間:交付決定日以降~12月24日(火)

事業実績報告期間:交付決定日以降~12月24日(火)

二次公募

交付申請期間:2019年7月中旬開始予定

交付決定日:2019年9月上旬<予定>

事業実施期間:交付決定日以降~1月31日(金)<予定>

事業実績報告期間:交付決定日以降~1月31日(金)<予定>

※A類型での申請は 2020年4月から2022年4月までの3回の効果報告が義務とされています。

※B類型での申請は 2020年4月から2024年4月までの5回の効果報告が義務とされています。

※スケジュールは2019年5月31日時点の情報です。スケジュールは事務局の都合により変更されることもございます。

例年、スケジュールが前後したり、追加募集がかかったりということもあるので、支援事業者とそういった部分の情報交換は行なっていた方がチャンスを逃しません!

④申請方法について

IT導入補助金を申請するためには、IT導入補助金支援事業者にShopifyの構築と申請を依頼する必要があります。当社(株式会社飛躍)はShopifyエキスパートであり、IT導入補助金支援事業者として3年以上の支援経験がございますので、信頼できる行政書士と連携して補助金の採択に向けてお手伝いすることが可能です。

しかも!

補助金申請に関する費用は完全成果報酬ですので、採択されて受給する補助金の中から費用を充当させることが可能です!

申請にあたっては、締め切り・対応可能な企業の数に制限もございますので、IT導入補助金を活用して、ShopifyでのECサイト構築をご希望の企業様は是非ともお問い合わせ下さい。

なお、当社並びにShopifyは補助金の採択結果については保証致しかねますので、予めご了承ください。

株式会社飛躍について)

株式会社飛躍は国内・海外向けECサイトの構築並びにマーケティング施策全般含めた運営代行をワンストップでサポートしているShopifyエキスパートです。豊富なEC全般に関する支援経験と、実際にShopifyを利用してECサイトを運営している知見から、売れるデザイン、売れる設計、便利なアプリなどの提案を盛り込んだ、最善の仕組みでECサイト構築の提案が可能です。


ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

 

Shopifyについて、何かお困りのことはございませんか?

サポートチームが日本語であなたのご質問にお答えいたします。

support-jp@shopify.com