ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

在庫管理システムとは?ストックとフローの改善法

在庫管理システムは、サプライチェーンを通じて在庫を組織的に管理するプロセスです。

在庫管理システムの目的は、在庫保持のコストを最低限におさえながら、一定レベルの在庫を確保し、お客さまの手にすぐ商品が渡るようにすることです。リテールビジネスの成功の要となる部分です。

では、在庫管理システムのどこから手をつけたら良いのでしょうか?このガイドでは、お客様に満足いただくために必要な在庫管理テクニックや公式、コツを解説します。

在庫管理システムとは?

サプライチェーンを通じて在庫を整理するためのシステムが、在庫管理システムです。原材料から完成品、保管、販売までのすべてのステップを含みます。また会社のストックを追跡して、重量、寸法、数量、ロケーションなども管理します。

在庫管理システムの目的は、商品補充のタイミングや製造用の材料を購入するタイミングなどを把握することによって在庫保持のコストを最小化することにあります。これで在庫の最適化を図ることができ、コストをおさえられます。

在庫のコントロールは、在庫管理システムとほぼ一体です。基本的には、効果的な在庫管理プロセスがあるためにストックのコントロールができます。集約型の在庫管理(英語)を実践すると、在庫のコントロールを維持することはかなり楽になります。

在庫管理システムはなぜ重要?

効果的な在庫管理システムは、お客さまのニーズに対応する十分なストック確保のために不可欠です。在庫管理が適切に実践されない場合、潜在的な売上の損失や、過剰在庫という浪費を招くことになります。

スモールビジネスであっても、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)を用いる企業であっても、在庫管理によるメリットをいくつか得ることができます。

1 商品廃棄の回避

食品 (英語)メークアップ用品 (英語)など、消費期限のある商品を販売している場合、一定の期間内に販売できないと商品が悪くなる可能性が高いです。適切な在庫管理は、必要以上の商品廃棄を避けることに役立ちます。

2 デッドストックの回避

デッドストックは、シーズン外や流行遅れなどの理由で販売ができなくなった不要な在庫です。念入りな戦略を採用することによって、このようなコストのかかる在庫ミスに対処できます。

3 保管費用の節約

保管業務の費用は変動的で、あなたが保管する商品量によって変化します。一度に大量の商品を保管したり、商品が販売できなくなったりすると、保管コストは上昇します。このような状況を避けることで、資金が節約できます。

4 キャッシュフローの改善

優れた在庫管理はコスト効率が良いだけでなく、キャッシュフローも別の方法で改善します。在庫はすでにキャッシュ(小切手や電子決済を含む)で購入した商品であり、あなたはキャッシュのためにそれを販売しようとしています。それが倉庫にしまわれているだけなら、キャッシュとなることはありません。ペット用の首輪(英語)スマホケースで家賃を払うことはできませんよね。

そこで、キャッシュフロー管理に在庫を組み入れることが重要になります。在庫は、直接的に売上(どれだけ販売できるか)と費用(何を購入する必要があるのか)に影響します。この両方の要素は、手元のキャッシュを大きく左右します。要するに、より良い在庫管理がより良いキャッシュフローにつながるのです。

確固とした在庫システムをもっているなら、あなたはリアルタイムで保持している商品量が把握でき、販売見込み量によって、いつ補充が必要かを予測できます。これは、売上ロス(キャッシュフローにとって致命的)を防ぐだけでなく、十分なキャッシュを保持することで事前の購入計画にも役立ちます。

在庫への出費は、成長に直結した出費ではありません。賢く運用しましょう。

5 フルフィルメントの最適化

良い在庫管理は注文のフルフィルメントを向上させるのに役立ちます。お客さまに近いフルフィルメントセンターを使うことを意味する「在庫分配」などの戦術を用いることが可能です。オンラインで受注したら、配送が迅速に処理できるので時間とコストを節約できます。

在庫の種類

在庫管理のことが理解できたので、次は一般的な在庫の種類を確認していきましょう。

  • 原材料
  • 仕掛品(WIP)
  • 完成品
  • メンテナンス、リペア、オペレーション用品(MRO)

原材料

原材料は、商品生産初期の段階で使用される素材や物です。完成品の制作に用いられる木材、金属、プラスチック、生地などがあります。ビジネスオーナーや製造者は、1者または複数のサプライヤーや生産者からこれらの素材を調達します。

原材料は2つのグループに分類できます。

  • 直接材料:完成品に使用されます。たとえば、衣服を作るための生地など。
  • 間接材料:製造過程で使用されますが、完成品には含まれません。たとえば、機械をメンテするためのオイルなど。

原材料は、会社のバランスシート上では資産です。完成品の製造のために原材料を何度も引っ張り出すことになります。

仕掛品

製造過程で直接材料や間接材料を使用するときは、素材の仕掛品(works-in-progress=WIP)への移行を認識する必要があります。WIPは一部の作業が完了していて完成を待つ状態です。

バランスシート上では、WIPはすべての製造費(労働、機械、原材料、その他の設備)に関わります。生産ステージでは、商品価値のみを反映します。そしてコストは完成品に転化され、売上原価に計上されます。

完成品

完成品の在庫は、お客さまに販売可能な商品の数量を意味します。WIPが完成に達したら、完成品の在庫に組み込まれます。

完成品には利益が上乗せされます。つまり、販売価格は製造コストより高くなります。

利益幅は一概には言えませんが、Freshbooksのデータによると、平均で約50%です

メンテナンス、リペア、オペレーション用品(MRO)

MROは、メンテナンス、リペア、オペレーション用品の在庫です。製造プロセスで使用される素材や機材であり、完成品には組み込まれません。

MROには以下のアイテムがあります。

  • フェイスマスク、グローブ、セーフティグラスなどの保護装備
  • 消毒剤、ブラシ、バケツなどの掃除用品
  • ノート、ペン、テープなどの事務用品
  • ラップトップ、プリンター、スキャナーなどの機材
  • 商品制作のテストやリサーチに用いる研究設備
  • リペアツール

10の在庫管理戦略

ビジネスにおいて、在庫管理はかなりカスタマイズができる領域です。最適な在庫コントロールの方法は、それぞれの企業によって異なります。

しかし、どのビジネスにも共通して言えるのは、在庫管理において可能なかぎりヒューマンエラーを除外するように努力すべきということです。つまり、在庫管理ソフトウェアを活用しましょう。Shopifyでビジネスを運営しているなら、在庫管理機能がすでにビルトインされています。

どのシステムを使うにしろ、以下の項目に従うことで在庫管理とキャッシュフローの改善が見込めます。

シックスシグマの実施

シックスシグマはビジネスプロセスを改善するための方法およびツールセットです。この方法は、過剰在庫や古くなった償却物などを削減するために、在庫管理やサプライチェーン管理において活用されています。これらの在庫はコスト以下の価格や無償で提供されることが多く、スモールビジネスオーナーのキャッシュを直撃します。

シックスシグマの認証&トレーニング会社であるPXS School of Excellenceの創設者、Edwin Garroは次のように言っています。「シックスシグマで嫌われるものが2つあります。無駄とバラつきです」

その説明がこちらです。

  • 無駄(Waste)は、コストを増やすのに商品やサービスに何の価値も付加しないものを指します。
  • バラつき(Variation)は、商品やサービスにおいて統一性を欠く、とお客さまに認識されるものを指します。

「在庫は、無駄とバラつきの巣窟です」とEdwinは言っています。

必要以上に在庫をもっているなら、その在庫管理のために、お金、スペース、人を無駄使いしていることになります。バラつきがあるなら、在庫は損失したり、損傷したり、見えなくなったりしがちです。結果的にストックが少なくなり、お客さまの満足度が下がります。
PXS School of Excellence創設者 Edwin Garro

需要を満たす適切な在庫をもつことによって、無駄と相違の問題を軽減することができます。

シックスシグマは在庫問題を解決する優れた方法です。そこには秩序と安定性があります。Edwinは、シックスシグマモデルによって問題を解決するための、彼がDMAICと呼ぶ5ステップのプロセスについて説明しています。

  • Define解決すべき問題を定義します。明確な指標が必要になります。たとえば、追跡の一貫性の無さが問題なら、指標は生産性になるでしょう。
  • Measureシンプルな値を使って現状を測定します。どれくらいのインプットが有用なアウトプットになるでしょうか? 問題の根本的な原因をつかむヒントが得られます。
  • Analyze根本原因を分析し、それらを取り除くアクションプランを作成します。上記の例で言うと、根本原因は異なるソフトウェアやスプレッドシートに追跡の手法が分散されているせいかもしれません。アクションプランは、集約型の在庫追跡システム(英語)の作成になりそうです。
  • Implement問題が取り除かれるかどうかを確認するために、パイロットテストの運用によってアクションプランを実行します。おそらく、新しい在庫管理ツールを試すか、商品を迅速に移動するためにハブ・アンド・スポークモデルをテストすることになるでしょう。
  • Control新しいプロセスをコントロールします。プロセスが機能して一貫した結果が出ることを指標の追跡によって確かめます。そうしたら、お祝いしましょう!
さらに詳しく:リーン・シックスシグマ(英語)を読んで、モデルの設定方法を学びましょう。


水準レベルの設定

各商品ごとに水準レベルを設定して、在庫管理を楽にします。水準レベルは、つねに保持しておくべき商品の最低数量です。商品在庫がこのレベル以下になったら、もっと発注しなければいけない時期が来ています。

理想的には、水準以上の最低数を通常は発注しておきたいところです。水準レベルは商品ごとに異なり、どれくらいの早さでアイテムが売れ、ストックされるまでにどれくらいかかるかによって決まります。水準レベルを設定するには事前の調査と意思決定が必要になりますが、発注プロセスはシステム化できます。決断を早く下せるようになるだけでなく、スタッフがあなたの代わりに判断することも可能になります。

条件は変化し続けることをお忘れななく。水準レベルが意味のあるものになっているか、年に数回はチェックします。状況が何か変化したら、水準レベルを上げ下げして調整することをためらわないでください。

スマートなサードパーティのフルフィルメント・プロバイダーを活用すると、このような「仕掛け線」を早期に設定してより良い需要予測の構築に役立てることができ、季節的な在庫のニーズも把握できます

Shopify Fulfillment Networkは、倉庫全般にわたるスマートな在庫割り当てを提供し、サクセスチームがフルフィルメント戦略のコンサルをおこないます。最終的に水準レベルを設定し、すべての倉庫パートナーとの関係を管理し、商品の抽出検査を支援します。Shopifyのフルフィルメント・ソリューションによるスケーリング(英語)について、詳しくはリンクをご覧ください。

ファーストイン・ファーストアウト(FIFO)

ファーストイン・ファーストアウト(FIFO)は、在庫管理の重要な原則です。これは、新しいストックではなく古いストック(ファーストイン)から先に販売(ファーストアウト)することを意味します。腐りやすい商品を扱っている場合は、販売できなくなって廃棄してしまわないように、この原則がとくに重要になります。

腐りやすい商品でない場合でも、FIFOを実践するのは良いアイデアです。いつも同じ箱が倉庫の奥に眠っていたら、損傷しやすくなるはずです。また、パッケージデザインや機能は何度も変更されます。時代遅れになって販売できなくなることは避けましょう。

FIFOシステムを管理するためには、整理された倉庫が必要です。通常、新しい物は後ろに追加するか、古い物がつねに前にあるように注意します。倉庫やフルフィルメント会社と提携する場合、彼らはすでにそのように作業しているはずですが、念の為確認しておいてもいいと思います。

関係性の管理

在庫管理における成功要因の1つは、素早く適応できることです。新商品のスペースを空けるために回転の遅い商品を返却する、よく売れるものを素早く補充する、製造上の問題に対処する、一時的に保管スペースを拡充する等、どんな場合であってもサプライヤーとの強力な関係性を築くことが重要になります。そうすれば、彼らは問題解決に積極的に関わってくれるでしょう。

とくに、商品サプライヤーとの良好な関係は大きな意味をもちます。最低注文数量は交渉可能なことが多いです。たくさんの在庫をもたずに済むように、最低数を低くすることを交渉してみてください。

良い関係とは、フレンドリーなだけではなく、明快で積極的なコミュニケーションを意味します。サプライヤーにはあなたの予測する売上増加時期や受注が大量に発生する時期を知ってもらい、生産を合わせてもらうようにしましょう。生産スケジュールが遅れそうなときは連絡してもらうように頼んでおけば、プロモーションをストップしたり、一時的な代用品を探したりできます。

不測の事態に備える計画

在庫管理に関連して、たくさんの問題が浮上してきます。これらの問題は、準備ができないビジネスにとっては大きな足かせとなります。たとえば以下のような問題です。

  • 販売が予想外に跳ね上がり、在庫以上の販売をしてしまう
  • キャッシュフローが不足し、どうしても必要な商品の支払いができない
  • シーズン的な販売の集中に対応できる倉庫の空きが無い
  • 在庫の計算を間違えると、想定より少ない商品しか持てない
  • 回転の遅い商品が保管スペースを占領してしまう
  • メーカーがあなたの商品を切らしてしまい、あなたはすでに受注済みの分に対応しなければならない
  • メーカーが通告なくあなたの商品の製造を中止する

問題が「起きるかどうか」ではなく、「いつ起きるか」が課題なのです。リスクの所在を把握して、不測事態に備える計画を立てましょう。どのように対応しますか? 問題解決のために取るべきステップは? これらの問題がビジネスのほかの部分に及ぼす影響は? 安定した関係性が、大きな意味をもつことを思い出してください。

定期的な監査

定期的な在庫の調整(英語)は不可欠です。多くの場合、ソフトウェアや倉庫管理システムのレポートによってストックの状態を知ることができます。ただし、実態に合致していることを確かめる必要があり、そのためのメソッドがいくつか存在します。

棚卸し

すべての在庫を一度に数えるのが棚卸しです。多くの会社は、会計処理と税申告のために年度末にこれを実践しています。棚卸しは通常、一年に一度やるだけですが、ビジネスに支障を来し、とても面倒です。もし矛盾を発見してしまったら、一年全体を振り返って問題をピンポイントで見つけるのはかなり困難でしょう。

抜き打ち検査

年度末の棚卸しで問題が複数見つかったり、商品が多過ぎたりする場合には、年間を通じて抽出検査をしたほうがいいかもしれません。これは単純に、商品をどれか選んでカウントし、本来あるべき数字と比較します。スケジュールに沿ってやるものではなく、棚卸しの補完的な意味合いとなります。とくに問題が多い、または回転の早い商品において、この検査をするのがおすすめです。

循環棚卸し

完全な棚卸しを実施するかわりに、在庫監査のために循環棚卸しをおこなっている企業もあります。年度末に全部のカウントをするのではなく、循環棚卸しでは一年を通じて分散した照合をおこないます。日ごと、週ごと、月ごとに異なる商品をチェックして、スケジュールを回します。どのアイテムをいつカウントするかを決めるメソッドはいろいろありますが、一般的には、価値の高いアイテムほど頻繁にカウントをおこないます。

ABC分析による優先化

ほかの商品よりも収益を伸ばしてくれる商品があります。ABC分析 (英語)を用いることで、収益に占める割合を基にしてストック商品の価値を評価することが可能です。

  • A = 収益の80%を占めるストック
  • B = 収益の15%を占めるストック
  • C = 収益の5%を占めるストック

Aはもっとも利益になる価値の高い商品です。これらの商品が今後の販売において切れないように確保しておく必要があります。Cは回転が遅く、デッドストックかもしれない商品です。これは割引価格で販売し、棚から下ろすことで、在庫から得られるキャッシュを解放することができます。

正確な予測

良い在庫管理の大部分は、正確な需要予測に依存します。しかしこれはとてつもなく大変なことなので、お間違いなく。無数の要素が絡み、次に何が起こるか正確に知ることはできません。ただ、近づこうとすることはできます。将来の売上を予測するうえで考慮すべきポイントをいくつかご紹介します。

  • 市場のトレンド
  • 昨年同週の売上
  • 今年の成長率
  • 契約やサブスクリプションに基づく固い売上
  • 時期的および全体的な経済動向
  • 今後のプロモーション
  • 計画上の広告費

ほかにも正確な予測に役立つものがあれば、活用しましょう。

ラストイン・ファーストアウト(LIFO)

LIFOのアプローチでは、もっとも直近で仕入れた商品が先に売れることを前提としています。最後に購入されたものが最初に売れることになり、基本的にはFIFOの逆です。

これは、価格が上がり続けていて、直近の購入在庫が最大コストになるという前提のもとで機能します。コストが高いということは、利益が低くなり、課税所得も低くなるわけで、LIFOに意味があるのは、ほとんどこの理由だけと言えます。

一般的には、LIFOを実際の在庫管理に用いるのはかなり困難です。古い商品を棚の奥に置いたままにしておけば、ある時点で時期を逸して売りにくくなることが予想できます。腐りやすい物であれ、そうでない物であれ、違いはありません。商品は傷ついたり、消耗したり、時代遅れになることが考えられます。

ジャストインタイム(JIT)

ジャストインタイム(JIT)による在庫管理は、リスクを取る場合に向いています(効果的な在庫管理は多くのリスクを削減するのですが)。JITによって、可能な限り最小レベルに在庫をおさえながら需要を満たし、在庫切れ(英語)になる前に補充します。

慎重で正確な計画と予測が必要となりますが、計算されたローンチや商品ラインの拡大 (英語)をする急速成長中のブランドに適しています。

💡ポイント:在庫僅少時に直接通知を受け取りたい場合は、在庫アラートアプリをShopifyアプリストアからインストールしましょう。

在庫管理の公式

以下の方式に従って、ストックとフローを理解し、在庫から得られる利益を最大化しましょう。

  • 在庫回転率
  • 売り切れ率(英語)
  • 棚卸資産回転日数
  • 経済的発注量
  • 安全在庫
  • 発注点

在庫回転率

在庫回転率は、一定期間中にどれくらい在庫が販売され、補充されたかを示します。この公式は売上原価を平均在庫高で割って求めることができます。

在庫回転率を計算するには以下の式を使いましょう。

売上原価/((期首棚卸資産)+(期末棚卸資産)/2)

上記の式により、各月の在庫を追跡できます。毎月の計算の場合は期首棚卸資産は月の初日の在庫を示し、期末棚卸資産は末日に残っている在庫となります。

在庫回転率を計算することは、価格、製造、新規在庫の購入を決定するうえで役立ちます。回転率が低い場合は、売上が低く過剰在庫となっている可能性を示します。高い場合は、よく売れていることや在庫が不足している可能性を示します。

売り切れ率

売り切れ率は、一定期間内に受領した在庫がどれくらい販売されたかを示します。完成品がどれくらい早く売れ、どれくらい早く在庫が収益になるかを判断するためにこの公式を利用できます。

在庫全体に適用することも、特定のメーカーや商品ラインだけに適用することも可能です。どのサプライヤーや商品ラインがベストな投資対象なのかを発見するのに役立ちます。

売り切れ率の式は以下のとおりです。

売り切れ率=売れたユニット数/受領したユニット数×100

業界ごとに異なりますが、Accelerated Analyticsのデータによれば、一般的な売り切れ率は40%から80%です。

売り切れ率が高い場合は、需要に対して妥当な量の在庫をもっていることになります。また、効率的に在庫が回っていることも示されています。売り切れ率が低いと、在庫の発注が多過ぎたか、お客さまがその定価では買わないということを意味します。

棚卸資産回転日数(DIO)

棚卸資産回転日数は、販売までに平均で何日間在庫を保持しているかを示し、在庫がキャッシュに変わる速度がわかります。DIOの計算式は以下になります。

在庫日数=(平均在庫高/売上原価)×日数

在庫レベルの管理は、とくに物理的商品を販売している場合には、不可欠です。この式は在庫回転率と似ていますが、そちらが在庫を売上に変える能力を示しているのに対し、DIO率はその数字を毎日の文脈に落とし込み、効率的な在庫管理に関するより正確な見取り図を提供します。

経済的発注量(EOQ)

経済的発注量は、在庫コストを最小限におさえるための理想的な購入量を示します。ここには、保管コスト、品切れ損失、発注コストが含まれます。

計算式は次のようになります。

EOQ=√2SD/H

  • S = 注文ごとのセットアップ費用(送料と手数料を含む)
  • D = 需要レートまたは年間販売量
  • H = 年間のユニット単位の保管コスト

EOQを計算することで、一定期間にどれだけの商品を発注すればよいかをスマートに判断する材料が得られます。

安全在庫

安全在庫は非常時の蓄えのようなもので、緊急時用に別にストックしておきます。これは、緊急用ストックに手を付ける前に商品の再発注が必要であることを示す役割を担います。

安全在庫の式はこちらです。

安全在庫 = (1日の最大使用量×最大リードタイム) - (1日の平均使用量×平均リードタイム)

サプライチェーンが機能しなくなった場合や、商品の破損があった場合、または商品の受領や管理ができないなど予測不能な状況に備えて、在庫管理戦略に安全在庫を組み入れることをおすすめします。

発注点

発注点は、ストックを補充すべき時期のレベルを示します。安全在庫のレベルがわかったら、サプライチェーンにおけるリードタイムを考慮して、理想的な発注点を決定することができます。

ビジネスにおける発注点を計算するには以下の式を使います。

発注点 = リードタイム需要 + 安全在庫

発注点の計算は、効果的なストック管理のためにとても重要ですが、商品が大量にある場合にはかなりの時間を要するでしょう。強力な在庫管理システム(英語)を使うことで、楽にこなせるようになります。

リテーラー向けの在庫管理ソフト

多くのスモールビジネスは紙とペンという古風なやり方でスタートしますが、これではすぐに立ち行かなくなるでしょう。とくに成長目標がある場合には。ヒューマンエラーが起こりやすいことは言うまでもありませんが、費用のかかるビジネス上のミスにもなりかねません。

在庫追跡のために強力な在庫管理ソフトを使えば、在庫アラート(英語)、自動購入、期末在庫レポート (英語)、ユーザー許可とアカウントなどの機能を利用できます。それらが組み合わさり、在庫追跡ソフトウェアの機能はビジネスのインサイトと完全な管理をもたらし、サプライヤーからお客さま、その間のすべての地点における在庫の移動が把握可能になります。

Shopify POS Pro向けの在庫管理ソリューションであるStockyのような在庫管理システムは、高度な在庫管理機能を提供し、Shopifyストアとのリアルタイムの連携が可能です。一番すごいのは、あなたと一緒に成長できることです。現在と将来の在庫管理能力を備える技術スタックがあるため、ビジネスのスケールを安心して進められます。

Shopify POS Proの料金 = 使用しているShopifyプラン + ロケーションごとに月額89ドル。要件は、iPadiPhoneShopify POSアプリ、Shopifyストア、販売商品だけです。あなたのShopifyストアは、自動でビジネス全体を自動化してダッシュボード1つで管理できるようにShopify POSと同期します。Shopify管理画面で更新された在庫は、すぐにShopify POSに反映されます。

在庫管理のコツ

初めてのビジネスに取り組むときも、3度目のリテールストアを立ち上げるときも、在庫管理に関する以下のポイントをつねに頭に入れておきましょう。

在庫のカテゴライズ

商品をグループ化して優先付けすることは、頻繁に発注すべき商品や在庫の回転の遅さを把握するために役立ちます。利益の高い商品に時間やリソースを割くことができるようになります。

在庫から得られる収益を最大化して効率を上げるために、回転率や利益率に応じていくつかのグループに商品を分けてみましょう。まずは3つのグループから始めます。

  • グループAすぐに売れる安価なアイテム
  • グループB少し回転が遅いミドル価格帯のアイテム
  • グループCもっとも動きが遅い高価格帯のアイテム

すべての商品は同じように作られていません。全商品に同じ在庫時間を与えてしまうと、もっとも注目すべきアイテムが欠乏する可能性が高くなります。優先順位に応じてアイテムをカテゴライズすることで、在庫管理が効率的になり、一番価値の高い商品のレベルを保つことができます。

在庫記録のリアルタイムアップデート

在庫にあるすべてのアイテムの商品情報を記録してください。商品を素早く効率的に回すためには、正確な最新のデータが重要になります。SKUバーコード(英語)、サプライヤー、ロットナンバーなどの情報を記録しておきましょう。また、最後に取引があった日時を把握しておきます。

デッドストックを持ち続けていると倉庫費用がかかります。季節性やトレンドなどの要素は、商品の回転に影響します。前回の販売から数ヶ月経っている場合や、回転が遅くなっている場合は、なんとかそのアイテムをさばいて、その収益を別の利益になりやすい商品への投資に使ったほうがいいでしょう。

定期的な在庫監査

リアルタイムな追跡をおこなうと、定期的な在庫監査も簡単になります。一年に一度だけ監査するリテーラーもいれば、月や週単位で抽出検査をするリテーラーもいます。どちらにしても、実際のストックの数量と財務記録が正確であることを監査によって確かめましょう。こうすることで、ストックとフロー、利益と損失の把握に役立ち、在庫の流れをスムーズに保てるようになります。

サプライヤーのパフォーマンスを確認

良くないサプライヤーは、あなたのビジネスにカオスを引き起こします。配達の遅れやアイテムの数量間違いなどが頻繁に起こるようなら、あなたのオペレーションは混乱します。サプライヤーの監査をおこなうことで、サプライヤーの改善点や解約時期が特定できます。

どんな問題もサプライヤーと話し合いましょう。問題が解決されないと思ったら、サプライヤーの変更をためらう必要はありません。ストックの保留や欠品に我慢することはないのです。あなたの目標は、自信をもってビジネスを運営できるように、柔軟性のあるサプライチェーンを構築することです。

1人を在庫管理の責任者に任命

多くのリテーラーは、23人のオペレーションで回るくらいの規模であることは事実です。ただ、事業が成長を続けた場合、在庫管理に1人を割り当てることを考えるようになるでしょう。

在庫マネージャーは、すべてのアイテムの追跡を管理し、再発注やサプライヤーとの交渉、請求書の支払いなどにおいて責任者となります。ストックの受け取りプロセスを構築するためにも、彼らの協力が必要になります。

つねに顧客満足を考慮

あなたの目標は、過剰在庫を回避することです。しかし、ストックレベルの最小化にばかり意識が向いてしまうと、ビジネスにおいて最重要な顧客満足という部分がおろそかになりがちです。在庫が少な過ぎてお客さまが購入できないとなると、売上の損失です。もっと悪いことに、お客さまを失うこともあります。

在庫管理テクノロジーに投資

スモールビジネスは、最小限のテクノロジーだけを使用していることが多いです。スプレッドシートとノートだけで作業しているとしたら、それは事業が小規模な間だけ可能な話です。ネットショップや2軒目の店舗を開設するとしましょう。実際のビジネスよりも在庫に対して、より多くの時間を使うことになるはずです。すべてのチャネルにおいて在庫を同期させておくことは、かなり疲弊する経験になり得ます。

Stockyによって、大量の在庫を店舗から倉庫へ移動し、オンラインチャネルで分配するのが簡単になりました。わたしたちのオンラインビジネスは、数ヶ月で500%向上しています

優れた在庫管理ソフトウェアは、ストック管理を簡単にしてくれます。時間と心の平静が確保されることにプラスして、以下のメリットが得られます。

  • 過剰販売リスクの削減
  • コスト節約の改善
  • 過剰在庫と品切れの回避
  • 在庫の正確性の向上
  • ビジネスに関する優れたインサイトの提供

あなたのビジネスツールと統合でき、将来的な複数チャネル販売を処理できるソフトウェアを探してください。管理システムと連携できるPOSシステムも必要になるでしょう。そうすれば、データを同期させて販売チャネル全般における一貫性を維持できます。

在庫を上手にコントロールする

もう一度おさらいです。実効性のある在庫管理システムは、コストの削減、ビジネスの利益維持、販売パターンの分析と将来の売上予測、予期せぬ事態への準備、などに役立ちます。適切な在庫管理によって、ビジネスの収益向上と存続の可能性が高まります。

いまこそ、在庫をうまくコントロールして、お金の損失を食い止めるときです。あなたのビジネスに合った在庫管理テクニックを選択し、今日から実践していきましょう!

原文:Michael Keenan 翻訳:深津望

よくある質問

在庫管理システムとは?

サプライチェーンを通じて在庫を組織的に管理するプロセスです

在庫管理システムはなぜ重要なのですか?

在庫管理が適切に実践されない場合、潜在的な売上の損失や、過剰在庫という浪費を招くからです。

在庫管理のコツは?

在庫のカテゴライズ、リアルタイムアップデート、監査、テクノロジーへの投資、顧客満足を意識することです。

おすすめの在庫管理ソフトはありますか?

Shopify POS Pro向けの在庫管理ソリューションであるStockyなどがあります。 

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: