Shopify ブログ

ワンちゃんが創業を決断させたLGBTQ+ライフスタイルブランドとは

LGCTQ+ブランドのストーリー

2013年、Liz Bertorelliはフレンチブルドッグがめちゃくちゃほしかったので、決意します。「5,000ドルをなんとか工面できたら、1匹買おう」と。彼女はフルタイムの仕事の傍ら、ゴールを早く達成するために、オンデマンド印刷のTシャツビジネスを始めました。そして、ものの数ヶ月で目標額を超えました。約5年後、1匹の犬と、彼女がのちにリブランディングしたLGBTQ+のアパレルブランドのPassionfruitは、いまも人気のストアです。また、“Protect Trans Kids”Tシャツはサタデーナイトライブで脚光を浴びて以降セールスが急増しました。

ワンちゃん、スナック、そしてサイドビジネスについて今回はLizにお話を聞きました。

Lizさん、自己紹介をしてください。

私は、日中は普通に働いている人で、それ以外の時間で副業をやっています。やることがたくさんありすぎて、何をしているか覚えていないほどです。

じゃあ時々は、朝から夜中の12時まで働きづめ?

そう、自分でスケジュールを管理しないと。

Passionfruitを始めたのはなぜですか?

自分がカミングアウトしたときの体験がとてもきつかったんです。実際に声高に発言しなくても、自分がどういう人間か示せるようなものを作りたいと思いました。そういうことをしている有名ブランドもたくさんありましたが、背後にいる人のことが感じられるものを始めたかったんです。クィアがデザインしているクィア商品、ということです。

Passionfruitのデザインは、会話を発生させ、LGBTQ+のお客さんに自分を誇りに思ってもらい、それを表現してもらうよう意図されています。

でも実際のところ、全体に影響を与えたのは犬なんですよね?

そう。これくらいの売上を達成したいとか、そういう目標ではなくて、フレンチブルドッグを買えるだけのお金が欲しかったんです。最終的に達成しましたけど、でもなんていうか、「マジか。もっとレベル上げないと。次のステージを目指さないと」という感じでした。わたしは、目標を決めて、それを達成できないのは嫌なんです。昨夜も、夜9時にパズルを始めてしまって、「ああもう、これを終わらせないと寝られない」って。

Passionfruitと、フルタイムの仕事と生活とのバランスはどのようにとっていますか?

わたしはPrintfulというオンデマンド印刷サービスを使っています。事前にたくさんのお金をかける必要がないので、このサービスは素晴らしいです。わたしのショップで注文を受けると、彼らがわたしのデザインをシャツにプリントして出荷してくれます。全部を自分で出荷しないといけないとしたら、正気じゃなくなりますね。

それだけ色々あって、優先順位はどう付けているんですか?

Passionfruitのことは本当に大事だけど、友だちの30歳の誕生日とか、もちろん(Shopifyでのフルタイムの)仕事よりは優先できないです。ほかより優先度合が高くはなりませんね。Passionfruitのための時間をとって、週に2回作業しています。もし1週間が過ぎて、たとえば「うわ、4時間すら確保できてないとか、ありえない。やる予定だったのに何もできてない」となったら、ひどい気分になるし、次の週はもっとうまくやるだけですね。

継続できている理由はなんでしょう?

シャツのおかげでパートナーに出会えたという人たちからのメールを、わたしたちはもらっています。彼らはシャツをおもしろいと思い、会話を始めて、デートにこぎつけ、そして結婚しています。とてもいい話ですね。あとはこういう話もありました。「どうもありがとう、おかげで家族にカミングアウトできたよ。自分の言葉を口にすることができなかったから、感謝祭のときにただこのシャツを着ていったんだ」

Liz BertorelliPassionfruitを女性1人で運営していますが、思いつきで旅行に出る時間も作り出しています。

最近のSNLでの露出、間違いなく良かったですよね。あれについても聞かせてください。

サタデーナイトライブでドン・チードルが“Protect Trans Kids”Tシャツを着ているのを見たあとは、その週ずっとニヤニヤしてました。わたしたちが今販売しているバージョンのものではなかったんですが、あれは何年もわたしたちがTシャツにプリントしてきた重要なメッセージでした。Tシャツがどれだけパワーをもてるものなのか、本当に驚きです。彼が自分のプラットフォームとオーディエンスを使って認知を広めてくれたことに感謝しています。

すごい。ところで、わたしたちと言ってるけど、実際はあなた1人ですよね?

そう、わたしだけ。Printfulがビジネスサイドをやってくれています。SNSでは、よくコミュニティがわたしの代わりに回答してくれるし、だからわたしたちって言いたいです。みんなビジネスのサポートをしたり、助けてくれたりしているので。

非公式のアンバサダーという感じ?

そうです。

スタート時にはパートナーがいましたよね。どういうふうに変わっていったのですか?

Passionfruitは、5年前にパートナーと作ったブランドを再構築したブランドです。再構築した理由としては、まあ、ビジネスは(人生の)パートナーと一緒にやるべきではないと、それを学ばされたのが理由かな。前のビジネスはわたしが最初にやってみたもので、個人的にもビジネス的にもフレッシュなスタートが切れたと思うから、それはそれでとてもよかったです。

その移行で一番大変だったのはどういう点でしたか?

わたしたちのどちらも本気で取り組んでいなかった年は厳しかったです。自分で素晴らしいコミュニティを作り上げたわけで、自分が創造したベイビーがいて、本当にすごいことですよ。それから私生活でちょっとしたことが起こって、一歩下がる必要が出てきます。それは腹立たしいですよね、だって自分のクリエイティブな産物だったのですから。

全部を1人でやるとなると、かなり忙しいですよね。いつ自分の時間を持つんですか?

気がおもむくままに旅行に行くのが大好きです。「うーん、週末出かけていいのかなあ? 月曜日に戻ってくるのがストレスにならない?」じゃなくて、ただシカゴ行きの旅を予約すればよくて、死ぬほど好きなだけピザを食べて、アートギャラリーを巡って、飛行機で戻ってきます。

必ず持っていく物はなんですか?

オリーブの犬の毛のロケット。いや、冗談です。メガネ。そう、もしメガネを忘れたら、なにもできません。ヘッドホン。音楽をかけないで、ただ着用しているだけのときもあります。それと、スナック。イタリア人なので間食が大好きで、15分ごとにお腹がすきます。

Lizの成功の秘訣は? ノートパソコン、インターネット、それにたくさんのスナック。

それとノートパソコンですよね? オンデマンド印刷のビジネスをしているわけだから、旅行中も仕事をしますか?

そうですね、正直なところ、それが良い点でもあるので。パソコンとネット環境があれば、コミュニティの管理ができます。Printfulと話ができます。新しいデザインをアップロードできます。文字通り、どこからでも、なんでもできるのです。

Passionfruitをフルタイムでやることについて考えたことありますか?

起業家というものを実際に試してみたら、わたしのライフスタイルは大きく変わるでしょうね。1週間の売り上げが十分でなければ、給料はもらえません。または、顧客からの同じようなメールを受け取れないことで急に不満を抱くかもしれません。そこに飛び込む前に、問題がないと言えるようにしておくべきことが色々あります。わたしは、そういう仕事ができる十分な順応性があると感じています。

このインタビューは長さと明確さのために少し編集されています。
原文:Dayna Winter 写真:Vuk Dragojevic 翻訳:深津望

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

 

Shopifyについて、何かお困りのことはございませんか?

サポートチームが日本語であなたのご質問にお答えいたします。

support-jp@shopify.com

トピック: