Shopify ブログ

【初心者向け】ブログの始め方を解説

ビジネスの現場では、長期的なオーディエンスを獲得するためにブログを始めることがよくあります。

逆のケースもあって、多くのブロガーがブログから派生したビジネスを始めていて収入を得ています。

新規ビジネスにとって大きな課題の1つに、商品のためのオーディエンス構築があります。一方で新規のブロガーは、逆方向に動きます。つまり、継続的に良質なコンテンツを発信してオーディエンスを築き、そのトラフィックをマネタイズする方法を探索します。

ちょっとした副業としてブログを始めるのは簡単ですが、今後ブロガーとして収入を得て、成功するためにはブログを戦略的に展開する必要があります。

今回のガイドでは、ブログを始めて訪問者を収入に変えていくために、知っておくべきことを説明します。また、わたしたちのガイドはまだビジネスをスタートしていない人に向けられていますが、ブログを始めようとしている企業や個人にとっても役立つでしょう。

まずは、当たり前の重要な質問に答えるところから始めましょう。

ブログとは何か?

ブログは、何らかのテーマに焦点を当てたコンテンツで構成され、定期的に更新されるWebサイトです。ほかの出版記事とは異なり、ブログにはパーソナルなテイストがあり、それゆえオーディエンスと深くつながることができます。

人がブログを始める理由はさまざまです。

  • 意見や情熱、人生経験などをシェアするため
  • 自分が知っていることを人に教えるため
  • メーリングリストを構築するため
  • プロとして個人ブランドを作り上げるため
  • 商品やサービスを販売するため
  • 上記の組み合わせ

こうした理由により、ブログをやることには充実感がともないます。まったくの他人が熱心に自分のコンテンツを読んでくれるのですから。また一方で、ブログの継続には努力も必要です。

毎日、毎週、毎月、更新頻度にかかわらず、可能なかぎり規則性をもたせてください。公開頻度だけではなく、内容にも一貫性があることが大切です。

すぐに結果が得られるブロガーは稀ですから、初期のモチベーションを持ち続け、継続して実践していきましょう。

ブログを始める方法

ブログで一番難しいのは、継続するための時間とネタを見つけることです。ブログを始めることは、きわめて単純です。

詳しくは後述しますが、ビジネスになり得るブログをスタートする場合、次のようなステップをたどります。

なぜマネタイズについて最初に検討するのか怪訝に思う人もいるかもしれませんが、今回のプロジェクトは収益化が目標なので、たんなるブロガーとしてではなく起業家として考える必要があるからです。

1 自分の「強み」とニッチを選ぶ

ネット上には大量のコンテンツがあり、その中で目立つことは困難と思えますが、競争力をつけるための2つの方法があります。特定のニッチにフォーカスすることと、その題材についてほかでは簡単には読めないコンテンツを作成することです。

狭くて深いニッチを選択することが大切になります。ネタ切れすることなく継続的にコンテンツを作成することを可能にし、ブログタイトルにも影響します(この点はあとで詳しく説明します)。

ニッチ選びには、いくつかの方法があります。

  1. 特定のロケーションにフォーカスする(例:ニューヨークなど)
  2. 大きいカテゴリーの中の特定セグメントにフォーカスする(例:レシピの中でヴィーガンレシピに特化)
  3. コンテンツを提供するスタイルやトーンを差別化する(例:ユーモア)
  4. 質を高めて差別化する(例:あるテーマについてだれよりも深く追求する)

たとえば、BlogTOはさまざまなライフスタイルのトピックをあつかっていますが、トロントの街に特化しています。

ニッチの選択が重要なのは、1つにはコンテンツを提供し続けるオーディエンスを特定するためであり、また同時に、最終的なマネタイズ方法の決定に影響するためです。

あなたのオーディエンスが買いたがる商品やサービスはどういうものでしょうか? ディスプレイ広告でマネタイズするにしろ、後述するほかの戦略を用いるにしろ、この問いはブログのニッチを決定するうえで不可欠です。

ニッチを絞り込む段階で、特定業種の競合について分析をおこないます。BuzzsumoAhrefsといったツールを使うと、そのニッチにおけるコンテンツのパフォーマンスや今後のトピックについての見通しなどが得られます。

この最後のステップを軽視してはいけません。競合分析は、独自のブランドボイスを構築するうえで役に立ちます。ブログを成功させる鍵は、現状のギャップを探して出してそれを埋めることなのです。

2 ブログ名とドメイン名の選択

参入するニッチが決まったら、ドメインの購入を検討しましょう。Bluehostなどのホスティング会社を利用すれば、入手可能なドメインネームを探すことができます。

ドメインを決める際に、サイトの名称も考えます。キャッチーで記憶に残り、タイピングも楽、ただしほかのブランドが使用していないものを選びます。

個人ブログやポートフォリオサイトでないかぎり、自分の名前をドメインにすることはお勧めしません。URLに自分の名前が入っていなくても、あなたがブログの顔になることはできます。また、自分の役割を反映したクリエイティブな名称が思い浮かんだときに強いブランドを構築することが楽になります。

Ashley Hicks-RochaToni Careyによるブログ、Black Girls RUN!を見てみましょう。このブログはAshleyToniの黒人女性ランナーとしての個人的体験をまとめたものですが、それがBlack Girls RUN!という名称に集約されています。

ドメインを決める際のポイントはこちらです。

  • 記憶に残りやすい
  • 言うのが楽しい
  • スペルが簡単
  • ユニーク

ブログの名称を選ぶのは面倒な作業かもしれませんが、良いブランドネームは記憶に残る印象をうみだし、読者があなたの会社から何を期待できるかを明確にします。

3 ブログのプラットフォームとテンプレートを選ぶ

最初のブログ投稿を書き上げる前に、ホスティングサービスとCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を設定しておく必要があります。どのプラットフォームに時間とお金を投資すべきかを理解できていない場合、多くのブロガー予備軍が行き詰まるのがこの部分です。

大きくわけるとセルフホスティングとホスト型プラットフォームの2つがあります。

  • セルフホスティング:このタイプはカスタマイズできるオプションを提供しますが、サイトを運営するための月額費用と初期設定が必要です。セルフホスティングを検討しているなら、WordPress.orgはすぐに使えるオープンソースのプラットフォームです。
  • ホスト型:ホスト型のサービスはいろいろあり、Blogger WordPress.com(ホスト型ワードプレス)などは無料ですが、有料のものもあります。

プラットフォームを検討する際は、目指したいマネタイズ方法を考慮してください。すべてのプラットフォームがあなたに必要な機能を持っているわけではなく、また不要な機能を提供している場合もあります。

ブロガーの中には、MediumTumblrなどの無料アカウントを選ぶ人もいます。プラットフォーム内に、すでに熱心な読者やほかのブロガーがいるためです。この点については後で詳しく述べますが、これらのプラットフォームに記事を再投稿することで、オーディエンスを得られるメリットがあります。この無料のプラットフォームを使うなら、自分のブログを立ち上げる必要もありません。

Shopifyはホスト型のプラットフォームで、ネットショップとブログを提供します。多様なプラグインやアプリによって商品やサービスをすぐに販売して事業を成長させることができます。14日の無料体験があり、EC機能とブログ機能を使用したい方におすすめです。

使用を開始したら、次はブログテーマを選択しましょう。

「テーマ」はブログのデザインやレイアウトのテンプレートで、すぐにWebサイトを作成できる機能です。無料で使える素晴らしいShopifyテーマはたくさんあり、ワンクリックで設定できます。満足いくものがなかったら、買い切りの有料テーマを使うことも検討しましょう。選択次第で全体的なユーザーエクスペリエンスに大きく影響します。

また、サイトのデザインはSEOやブログのエンゲージメント指標にも影響します。読者はサイトの見た目や雰囲気によって、信頼性を瞬時に判断しています。

The House That Lars Builtを例として見てみましょう。インテリアデザインとクラフトをあつかったこのブログを一目見れば、楽しい経験が約束されていると感じられます。

読み込み時間が早く、やさしいカラーリングと明るいイラストがあるこのサイトは、アートやクラフト、デザインに興味を持つ人をすぐに惹きつけます。

デザインの良くないサイトに出会い、欲しいものがないとわかってすぐに離脱した経験は、だれにでもあります。テーマを選ぶ際には注意深く検討しましょう。ブログのパフォーマンスに計り知れない影響を与える可能性があります。

4 収入を得る方法を考える

ブログの種類に応じて、たくさんの収入を得る方法があります。たとえば、低投資ビジネスとブログを組み合わせると、時間とエネルギー以外にコストのかからない持続可能な成長を目指せます。しかし、多くの人はGoogle AdSenseがマネタイズの唯一の道だとなぜか信じ込んでいます。

毎日の凄まじい量のPVを必要とせずも素早く収益を得る方法はほかにもあります。オーディエンスの規模の大きさより、読者の信頼やエンゲージメントのほうが重要なのです。

以下はブログで収益を得る方法です:

  • Tシャツやグッズなど、オーディエンスに合った物理的な商品の販売
  • まとめ情報、写真、デザインなど、一度作成すれば繰り返し何度でも販売できるデジタル商品の販売
  • ライティング、コンサルティング、デザイン、または金銭化できる趣味など、サービスの販売
  • フィジカルまたはデジタルで販売できる本の出版
  • アフィリエイトプログラムに参加し、手数料を得る
  • ブランドの有料のレビューやプロモーション
  • ドロップシッピングビジネスをオンラインでスタートして宣伝する

ブログを収益化する方法と機会は十分にありますが、成功するためにはブログの内容自体をあなたが楽しめないといけません。

そして、例えばアフィリエイトを行うにしても、手の広げすぎはあまり効果的ではありません。先ほども説明したようにニッチのジャンルに特化することで、そこからビジネスの広がりは強くなります。

オーディエンスが誰で、彼らにどうやって価値を提供するか。これは収益化を考えるよりも重視して検討すべきことです。

5 読者に継続的に読んでもらう

通常は記事を公開してからオーディエンスの獲得を考えるものですが、早めに勢いをつけたいなら、ローンチ前からそれについて考えておく必要があります。

多くのブロガーが配信の過程で苦しみますが、大きく2つの理由が考えられます。

  1. 1公開プロセスにおいて、具体的で繰り返し可能な戦略をもっていない
  2. 記事の公開自体が神経をすり減らす経験であり、リーチの拡張となるとさらに気が滅入る

後者はいずれ克服できるものですが、前者についてはローンチ前に時間をかけて考えておく必要があるでしょう。

そこで、すべての投稿を最大限活用しながら成長していく方法について、以下で解説していきます。

できるだけ早くメールアドレスを集める

どんなプラットフォームを利用するにしても、メール購読者を獲得することに集中すべきです。新しい購読者は、自分が正しいことをやっているサインであり、リーチできる潜在的なリピート読者を意味します。

今後プラットフォームを変更するか、ほかに新しいことを始めるという場合であっても、メールリストは残ります。

ただし、購読者リストを持っているだけでは十分とはいえません。コンタクトフォームを使って、すべての機会においてメールを得る必要があります。

コンテンツに直接コンタクトフォームを置き、購読をうながすボタンを設置することを習慣化するのがいいでしょう。離脱ユーザーを購読者に取り込むために、イグジットポップアップを併用することもできます。

メールマーケティングのソリューションツールを使うと、フォームの作成や使用が簡単になります。個別のコンタクトページへの直接リンクを生成して、ブログやSNS、メールの署名に使用することもできます。

相手に購読をお願いし、簡単に登録できるようにしておかなければ、人々はあなたのブログの定期購読者にはなりません。

記事を公開するたびに、メールリストに告知を流す必要があります。コツがつかめるようになったら、このプロセスは今後自動化できます。

SEOから集客する

キーワードリサーチを使うと、ニッチにおける特定の検索クエリのボリュームが把握できます。数値が高いほど、そのトピックの需要と長期的なトラフィックが見込めます。何をすればわからなかったら、オーディエンスの観点で検索語句を入力し、関心のもてるブログネタを発掘しましょう。「〜の方法」や「○選」などは良いスタート地点になります。

検索結果の最初のページに出てこなくても、コンテンツのネタとして実績ある需要を見つけることは可能です。しかし目標を高く設定するなら、SEOについてもっと深く学びましょう。

SNS戦略を組み立てる

最初のうちは、すべてのSNSプラットフォームを利用することがスマートなやり方と思えるかもしれませんが、そうすると管理がすぐに大変になり、つねに効果的とはいえません。

そうではなく、オーディエンスが一番時間を費やしているチャネルに特化します。あなたのニッチやリソース次第で、どのチャネルを選ぶべきかが変わってきます。

Facebookページは、コンテンツを宣伝したいすべてのブロガーにとって万能なアセットです。他方、コスト意識が高いフードブロガーであれば、TwitterよりもPinterestInstagramで無料のエンゲージメントを獲得しようとするでしょう。

たとえば、パーティーグッズのネットショップOh Happy Dayでは、新しい投稿をするたびに、170万以上のフォロワーがいるリストを利用しています。

個人的なネットワークも無視してはいけません。家族や友人は優れた初期オーディエンスになります。

コンテンツを再利用/再定義する

毎日たくさんの投稿ができるわけではありません。優れたブロガーはコンテンツを効率よく再利用しています。

心がけておきたい点をまとめました。

  • TalerCanvaといった無料ツールを使って、既存の投稿からSNS用の「マイクロコンテンツ」を作成する。
  • 共通項でくくった過去分のまとめ記事を投稿する。(例:2020年の人気記事まとめ)
  • 既存の投稿をインフォグラフィックやクイズなど別の形式のコンテンツに変える。
  • ブログコンテンツをMediumLinkedInTumblrなど別のメディアオーディエンスに向けて定期的に再投稿し、初期露出を拡大する。オリジナル投稿へのリンク(「初出はmyblog.com」など)をトップに入れれば、あなたのサイトへの遷移も期待できます。
  • 過去の投稿からある程度の時間が経ったら、Google検索ランクを上げるために定期的に再投稿をおこなう。ハロウィン関連の記事など、季節性のあるコンテンツの場合とくに有効です。
  • フォロワーが増えたらゲスト投稿の受付を検討する。ゲスト執筆者は自身のオーディエンスにも記事をシェアしてくれるでしょう。
  • 関連コンテンツのリンクを記事内に入れる。Shopifyを使っているなら、関連記事のアプリを無料でインストールできます。
  • ポッドキャストのゲストとして、すでに書いたブログのトピックについて話し合う。

時間という資産を使ってブログビジネスをしている以上、継続して効率的に価値をうみだすことが重要です。

オーディエンスを理解するためのアナリティクスについて知る

最大の機会はデータの中にひそんでいます。

使用するプラットフォームによって異なる指標をチェックすることになりますが、少なくともページビューとビジターの流入元を確認して、パフォーマンスに役立てましょう。

WordPressを使うにしろ、Shopifyを選ぶにしろ、時間をとってGoogleアナリティクスを自分のサイトに設定しましょう(無料です)。平均閲覧時間や、流入元ごとに異なる読者の質、リアルタイムの読者数など、より深いインサイトを得ることができます。

データはブロガーの武器にもなります。トラフィック量の証明は、あなたのオーディエンスにアクセスしたい人たちの協力をうながす大きな資産といえます。

6 戦略的な公開計画

ブロガーはつねに豊富なネタをキープしている必要がありますが、事前に計画しておけばネタ切れを起こしません。

コンテンツカレンダーを作成して、執筆を予定通りに進めることを強くお勧めします。

コンテンツカレンダーはスプレッドシートでシンプルに作ることもできますが、Trelloの利用がお勧めです。無料で使えて、トピックの整理にとても役立ちます。

今後追加されるコンテンツを整理するためのカテゴリーやタグ、そしてブログ全体の範囲を把握するために、コンテンツミックスについて考えることも重要です。

良い組み合わせは次のものを含みます。

  • 多くの人が恒常的にGoogleで検索しているため古くならない質問や問題をあつかうコンテンツ
  • あなたのオーディエンスが現在気にしているトピックやトレンドに関するコンテンツ
  • 自分のペースを調整でき、長い投稿の合間にオーディエンスを引きとどめておくための、範囲が狭く短時間で作成できるキュレーションコンテンツ
  • あなたの投稿をシェアしてくれそうな人やブランドの特集(インタビュー、レビューなど)
  • ブログにバラエティをもたらすビジュアルまたはインタラクティブな不定期コンテンツ(インフォグラフィック、クイズ、ミームなど)

少なくとも1ヶ月前にはブログの計画を立て、計画的に公開することで、オーディエンスは新しい投稿の頻度を予測しやすくなります。

一晩ではオーディエンスを増やせないことを肝に銘じましょう。当たりもあればハズレもあります。肝心なのは、継続的に成長し続けることです。

今日からブログをスタートしよう

初心者にも経験者にも共通していえるのは、オーディエンスこそが最終的に成功を決める、ということです。新しいコンテンツを定期的に追加してオーディエンスを拡大することに集中すれば、トラフィックとリーチの成長を期待できます。

原文:Braveen Kumar 翻訳:深津望


ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: