CSVファイルでストアに顧客情報を読み込もう!

CSVファイルでストアに顧客情報を読み込もう!

前回は、ShopifyストアにCSVファイルを使用してストアの商品情報を一括で読み込む方法をお伝えしました。

記事はこちら

さて、今回はCSVファイルを使用して顧客情報をストアに一括で読み込む方法をお伝えします。

さっそく始めましょう!

Step 1

CSVファイルをShopifyストアに取り込む際に重要なことは、ファイル内の項目をShopifyが指定する形式に合うように編集することです。(記事の最後にストアで使用するCSVファイルの項目リストを掲載しています。ご確認ください!)

顧客情報のCSVファイルのサンプルはこちら

また、ShopifyではCSVファイルを作成するときに、Google スプレッドシートをお使いいただくことを推奨しております。

Step 2

Google スプレッドシート上でCSVファイルが完成したら、ファイル > 形式を指定してダウンロード > カンマ区切り値(.csv 現在のシート)を選択してダウンロードしましょう。

CSVファイルをダウンロード

Step 3

Shopifyに戻ります。管理画面から顧客情報を選択。「顧客情報をインポートする」をクリックします。

顧客情報をインポート

Step 4

「ファイルを選択」から指定したCSVファイルを選んでください。

チェックボックスにチェックを入れると、同じメールアドレスまたは電話番号をお持ちのお客様の情報が更新されます。

続けて「顧客情報を追加」をクリックしてください。

顧客情報を追加

なんと、これで完了です!!

CSVファイルの各項目一覧

最後に、Shopifyストアで顧客情報の追加で使用するCSVファイルの各項目についてご紹介します。
First Name お客様の名です。
Last Name お客様の姓です。
Email お客様のメールアドレスです。
Company お客様の会社名です。
Address1 住所1です。
Address2 住所2です。必要でしたら記入してください。
City お客様がお住まいの市区町村です。
Province お客様がお住まいの都道府県を入力してください。Province Codeのみの入力でも問題ありません。
Province Code 都道府県のISOコードを入力してください。ShopifyはISO alpha 2コードを使用しています。日本の場合は「JP-○○(2桁の数字)」が適用されます。
Country お客様がお住まいの国です。
Country Code 国のISOコードです。日本の場合はJPと入力してください。
Zip お客様の郵便番号です。
Phone お客様の電話番号です。
Accepts Marketing お客様がメールマガジンに登録しているのかを指定します。yesかnoで入力してください。
Total Spent お客様の総支払金額です。通貨の記号は入れずに、数字のみを入力してください。
Total Orders お客様の総注文数です。
Tags お客様にタグ付けする場合はこちらにタグを入力してください。
Note お客様についてのメモなど、追加情報を入力してください。
Tax Exempt 非課税のお客様にはyes、そうでないお客様はnoと入力してください。

 

いかがでしたか?顧客情報もCSVファイルを使用すれば、簡単に読み込むことが可能です。

何かお困りのことがございましたら、お気軽に support-jp@shopify.com までご連絡ください!

ビジネスアイデアをさっそく実現!

クレジットカード要らず!14日間のShopify無料トライアルを試してみよう!


Which method is right for you?

Shopify コンテンツクリエイター 豊田亮太

学生時代からShopifyのローカライゼーションに携わり、現在はコンテンツ担当として多くの人にShopifyの素晴らしさと素敵なストーリーを伝えるために奮闘中。

Shopifyについて、何かお困りのことはございませんか?

サポートチームが日本語であなたのご質問にお答えいたします。

support-jp@shopify.com

Shopifyの14日間無料トライアルを始める