ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

おしゃれな名刺デザインを簡単に作れる! ブラウザで使える無料名刺作成サイト7選

名刺はビジネスにおける最初のコンタクトツールとなるため、個人事業主でも中規模の事業者でもブランドの第一印象をここで良くしておくことが大切です。

ウェブサイトのAbout Usページと同様に、名刺には皆さまがやっていることを伝え、信頼感を生み出し、ブランドの紹介をする役割があります。また、連絡のために必要な情報も含んでいることになります。

皆さまがまだ起業したばかりだったり、お金が厳しい状況にあるなら、名刺作りのために高いテンプレートを購入したり、デザイナーを雇う必要はありません!実はオンラインには無料で使える名刺作成ツールとテンプレートがいろいろあるので、今すぐにおしゃれな名刺を自分で作成することができます。

名刺をデザインする方法とは?

名刺のデザインはシンプルなものが多いため、オンラインで一人で完結させる方法がいくつかあります。さらに素晴らしいことに、予算が少なくても大丈夫です。無料の名刺作成ツールが幅広く提供されているのです。

さて、いきなりデザイン作業に移る前に、文脈をよく考えておきましょう。どういう場面で手渡すことになるのか? だれが受け取るのか? 受け取った人にしてほしい行動は? これらの質問に答えることで、デザイン上優先すべき事柄が見えてきます。

これらの情報をベースに、名刺に入れたい情報のリストを作成しましょう。印刷スペースは限られていることをお忘れなく。略歴を全部書いたりはできません。キャッチコピーよりも長い文章はどこか別の場所で伝えるようにしたほうが良いですね。

名刺に記載する一般的な内容として、自社サイトのURLがあります。ECサイトやランディングページ、商品ページなどにすぐに飛べるようにQRコードを使用する人もいます。その両方を記載する人、両方記載しない人もいます。個人起業家や社員は、名前、肩書き、メールアドレス、電話番号、場合によっては顔写真などを載せることが多いでしょう。

記載要素のリストができたら、名刺のどこに配置するかを決めます。日本での一般的な名刺のサイズは、91mm×51mmと言われています。日本語の場合、従来の傾向では縦型が多いですが、横型も増えています。どちらでも構いません。片面あるいは両面印刷が可能です。なお欧米サイズはよりスタイリッシュな印象でサイズは89mm×51mmとなっています。

すべての要素を配置したら、フォントやカラー、ロゴ、その他のビジュアル要素についてデザインします。自社ブランドの全体的なビジュアルブランディングの規則に沿った、一貫性のあるデザインを心がけてください。

なお海外の無料の名刺作成ツールの多くは、欧米サイズ基準となっておりますので日本の名刺サイズをお望みの方はご注意ください。なお、筆者は日本で欧米サイズの名刺を使用していますが、特に問題はございません!

無料の名刺作成ツール厳選7選

  1. Free Business Card Maker
  2. Canva
  3. FreeLogoServices
  4. PsPrint
  5. Jukebox
  6. Design Mantic
  7. Business Card Maker

1 Free Business Card Maker

シンプルに決めたいならこれで決まり!Free Business Card Makerは、Shopifyが提供するツールです。ロゴを含めたすべてのコンタクト情報を載せ、シンプルな名刺デザインを完成させます。デザイン作成にかかる時間はわずか数秒で、印刷もすぐにできます。

2 Canva

Canvaは、SNSの画像作成に使われることが多いですが、実はおしゃれな名刺も簡単に作れます。提案されるレイアウトの中から選んだり、デザインをゼロから構築したりできます。できあがるまでの作業に時間がかかるかもしれませんが、完全なカスタマイズを実現します。さらにサイズも欧米と日本向けの両方を選べるのも魅力です。

3 FreeLogoServices

FreeLogoServicesは、ロゴの作成と多様なテンプレートによる名刺の作成、両方を提供するツールです。こちらでもおしゃれなデザインの名刺を簡単操作で作成できます。

4 PsPrint

PsPrintは高度なカスタマイズができるオンライン名刺作成ツールになります。作成に少し時間がかかりますが、テキストや画像、オブジェクト、枠線、文字の立体化など、思いつくさまざまな要素を追加できます。

5 Jukebox

Jukeboxでは、ゼロから名刺を作ることもテンプレートから選ぶことも可能です。名前、コンタクト情報、ブランドカラーを追加するなどしてデザインを調整します。

画像作成に使われることが多いですが、名刺も作れます。提案されるレイアウトの中から選んだり、デザインをゼロから構築したりできます。できあがるまでの作業に時間がかかるかもしれませんが、完全なカスタマイズを実現します。

6 Design Mantic

Design Manticはモダンなデザインのスタイリッシュなおしゃれテンプレートを提供しています。デザインを選択したら、個人情報を追加し、ロゴをアップロードします。フォント、テキストカラーなども印刷前に変更できます。

7 Business Card Maker

Business Card Makerが提供するのは、さまざまなタイプの名刺デザインのコレクションです。どれも数クリックでかんたんに編集できます。自分のロゴをアップロードして、テキストを少し動かしてからファイルを保存しましょう。

デザインに満足できましたか? まだ印刷を発注しないでくださいね。第三者の目で確認してもらう必要があります。ウェブの商品ページの記載ミスとは異なり、印刷物に間違いがあればもう直せません。

おしゃれ名刺デザインを目指すためのコツ

デザインはシンプルに

名刺のたった一つの目的は、人々があなたにコンタクトするのを促進させる、それだけです。デザインが複雑すぎると、必要な情報を見つけるのに一苦労します。名刺を見てすぐにコンタクトに必要な情報がわかるように配慮すべきです。

画像は一つだけ

多くの場合、シンプルなデザインを実現するには画像は一つだけ、つまりロゴだけということになるでしょう。選択する画像はあなたのブランドを伝えるものでなくてはならず、それ以外のものは邪魔なだけです。

重要情報を忘れずに

デザインがシンプルになるのは良いことですが、書かれているコンテンツが当然重要です。名前やコンタクト情報などの大切な情報がしっかり見やすく記載されているか確認してください。

読みやすいフォント

コミュニケーションをクリアにするために、フォントはシンプルであるべきです。ロゴに関してはある程度手を加えるのもうなずけますが、名前、電話番号、メールアドレスといった要素は、視力に少し問題がある人でも読みやすいことが第一です。

高品質であること

名刺は、ビジネスを象徴します。名刺の品質が低いと、受け手はあなたのビジネスの品質も低いものと連想します。何があっても、高解像度のロゴと高品質のプリンターを使って作業してください。また、用紙は予算が許すかぎり最高のものを選びましょう!

名刺のデザインをすぐに始めよう

名刺が必要なのにまだ制作に着手していないなら、今がそのときです。無料のテンプレートや名刺メーカーが各種あるので、自分の独自デザインの名刺を作成できます。どれか良さそうなものを選んで、今日から作成をスタートしましょう!

原文:Casandra Campbell 翻訳:深津望

よくある質問

おしゃれな名刺デザインが作れる無料ツールは?

CanvaとFreeLogoServices、Jukeboxがおすすめです。

シンプルな名刺デザインが作れる無料ツールは?

Shopifyが提供するFree Business Card Makerがおすすめです。

名刺作成の際に気をつけることは?

名刺を渡すタイミングなどの文脈を考えて、その情報をもとに名刺に入れる情報を決めましょう。また、名刺のサイズも日本と欧米で異なるので気をつけましょう。

おしゃれな名刺作成のコツは?

以下の5つのコツを意識してみましょう。1. デザインはシンプルに。2. 画像は1つだけ。3. 重要情報を忘れずに。4. 読みやすいフォント。5. 高品質であること。

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: