ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

メールのパーソナライズ戦術「ベスト3」

お客さまとつながり(顧客接点)をもつことは、今までになく大変になっています。数あるメールの中からどれを開こうかと受信ボックスをチェックしているとき、お客さまは自分に関係がありそうなコンテンツを期待しています。そのため、パーソナライズされたメールマーケティングがますます重要になっているのです。

メールのパーソナライズとは、購読者の情報に基づいて、異なるテキストをコンテンツに反映することです。名前、居住地、購入済み商品などの情報がこれに該当し、ファーストネームを件名や本文に反映するといった基本的な戦術もここに含まれます。メールのパーソナライズはそれぞれの購読者に適した体験を提供し、開封、クリック、コンバージョン、エンゲージメントといった指標を向上できます。指標が良ければ良いほど、メッセージは迷惑メールフォルダーではなく受信ボックスに到着する可能性が高まります。以下に、お客さまの注意を引くための3つの基本的なパーソナライズ戦術をご紹介します。

パーソナライズ戦術ベスト3

1.件名

メールにおいて一番大切な要素です。お客さまはメールの件名を見て開く価値があるかどうかを判断します。ここにパーソナライズしたテキストを追加すると、開封率に大きく影響します。パーソナライズされた件名は、そうでないものと比べて26%開封率が高まる(英語)ことが研究でも示されているのです。

2.プレビューテキスト

プレビューテキストは、件名の下に表示され、メールの中身を説明するものです。これは件名を補完してお客さまに関係ある内容がコンテンツに含まれていることを示し、お客さまとつながる絶好の機会を作り出します。

大きく成長しているeコマースブランドのプレビューテキスト活用法(英語)の事例をこちらでご確認いただけます。

3.名字と名前

メールの導入部にお客さまの氏名を入れることで第一印象が良くなり、今後のコミュニケーションの基調となる雰囲気を出します。お客さまは自分が認められたように感じ、ここで強い関係を築くことができるので、メールからの次のアクションや売上自体につながりやすくなるのです。

こちらにはすべてのメールを改善するための戦術のリストがあります。

Shopify メールには、テキストをパーソナライズする機能があり、お客さまとの長期的な関係構築を開始するのに有効です。お客さまの名前、メールアドレス、都市名、県名、国名、といった情報をメールキャンペーンのテキストに入れることができます。パーソナライズされたテキストをメールメッセージの特定のセクションに追加した場合、もし受信者の情報がそこにあるなら、Shopify メールは自動でそのセクションのお客さま情報を使用します。Shopify メールを使用したマーケティングで、お客さまにパーソナライズされた体験をさっそくお届けしましょう。

原文:Melissa Spadafora 翻訳:深津望


ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: