ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

2021年を勝ち抜く!新規事業の立ち上げアイデア15選

在宅ワークのアイデアや、収益性のあるビジネスのアイデアを見つけるのは簡単なことではありません。可能性のある選択肢はたくさんあるものの、そのほどんどが多くの人たちによってすでに試されているように感じます。

では、そんな星の数ほどある選択肢の中で、成功できるビジネスの金の卵を見つけるにはどうすれば良いのでしょう。

新規事業の立ち上げを検討している方は、以下のリストを参考にして、どのようなことができるのかを考えてみましょう!

自宅からできる7つのオンライン新規事業案

自営業を営む多くの人たちは自宅をオフィスとして使っています。同じような働き方を検討している方のために、ここでは自宅からできる事業のアイデアをご紹介します:

1. オンデマンド印刷でオリジナルグッズを販売

アーティストやデザイナー、そしてEコマースブランドにとって、オンラインのアパレルショップとして大活躍できるチャンスを与えてくれるオンデマンド印刷。サプライヤーと連携して、トートバッグやTシャツなどのホワイトラベル(OEM用)商品に独自のデザインをプリントしてもらい、商品をカスタマイズすることです。オンデマンドプリントの一番の利点は、商品が売れるまで経費を支払わなくて良いという点です。またドロップシッピングと同じように、在庫を抱える必要も、商品を大量購入する必要もありません。

2. ハンドメイド商品の販売

子どもの頃からものを作るのが好きだという方におすすめなのがハンドメイド商品の販売。自分のクリエイティブな才能を収益化させるための大きなビジネスチャンスと言えます。何かを作りたいが経験不足だという人でも、ビジネスを実現させるための方法はいくつかあります。

例えばBaremetrics社(SaaS企業)とCedar + Sail社(手作りのホームウェアを販売するネットショップ)の創設者ジョッシュ・ピッグフォード氏に話を聞いてみました。彼曰く、ほんの趣味として始めたプロジェクトが、見る見るうちにオンライン事業立ち上げのきっかけとなったそうです。そこから彼のクリエイティブな才能が開花し、手作り商品を販売することが実現しました。

「サイドテーブルやデスクの上に置く小物が好きだったので、多肉植物やエアプランツなどを入れるコンクリート製プランターを興味本位で作り始めました。コンクリートを流し入れるシリコンの型造りも習得でき、準備はすぐに整いました。プランターを作ろうと思い始めてから早1ヶ月で、あっという間にCedar + Sail社は誕生したのです!」

オンラインビジネスに関心はあるものの、何を販売していいかわからないという人は、自分の家の中を見回してみてください。例えばコンクリートのツボやカラフルなベッドカバーなど、買いたいと思っているのになかなか見つけられない物はありませんか?市場に不足していると感じたアイテムがあったら、まずはネットで同じような商品が販売されているかどうかをリサーチしましょう。さらにイオンなどの大規模小売店で、類似商品が販売されていないかどうかを調べることをおすすめします。

何を作って販売するかが決まり、話題性があるかどうかを確認できたら、あとはショップのドメイン名を作成して製作活動を始めるのみです!

3. ドロップシッピング

ドロップシッピングとは、顧客へ販売した商品を、サプライヤーや製造業者から顧客に直接配送してもらう仕組みのビジネスです。そのため、自宅からできるビジネスとしては最適な方法の一つと言えるでしょう。他のEコマース事業と比べると、ドロップシッピングは参入障壁が低く、在庫を抱えることもなければ、商品を大量購入する必要もありません。サプライヤーが配送を担ってくれるため、その手間もかかりません。 

販売する商品を仕入れる必要がないので、様々な商品を取り扱うことが可能になります。例えば化粧品をはじめ、ダイエット食品、ファッションアイテム、ホームデザイン、アイスクリーム、そして卸売商品など、チャンスは無限に広がります。さらにサプライヤーが新しく商品を仕入れた時は、それら新商品を自身のネットショップにコストをかけることなく掲載することができるのです。

4. デジタル商品の販売

急成長中のeラーニング業界。最近の調査では2025年までに約3,310億ドルの規模に成長すると予想されています。音楽、動画、eブック、オンラインコースなど、クリエイターや教育者にとってはデジタル商品を制作することが、オンラインで成功する鍵だと言われています。実際に手に持ったり触れたりすることはできませんが、商品をダウンロードして好きな時間に活用することができるため、ユーザーからとても人気があります。

さらに、デジタル商品は制作や流通コストが安価なため、優れたビジネスチャンスであると言われています。一度デジタル商品を制作すれば、在庫補充やサプライヤーとやり取りする手間なく、異なるユーザーに繰り返し販売することができます。ある分野を専門にしているようであれば、その情報をパッケージ化し、一括支払いまたはサブスクリプション形式で販売することが可能になります。 

5. 写真販売

オンラインの写真販売による事業も広く普及しています。Getty ImagesShutterstockiStock500pxStocksyなど多数あるストックサイトで販売することもできますし、自分が撮る特殊な写真への需要があるところに働きかけてもいいでしょう。

オンラインの写真販売で成功するには、以下3つのことをしっかりと念頭に置くことが大切です:

  1. ニッチを見つける。花、旅行、建物、風景、ファッションなど、素材が何であれ一つ得意なトピックを選び、その分野を極めましょう。
  2. オーディエンスを構築する。写真販売は受け身ではできません。より多くの写真を売るためには、SNSで自分の写真の露出度を高め、フォローを増やすことが重要です。
  3. 複数の収入源を確保する。1つのサイトだけに固執せず、できるだけ多くのサイトで写真を販売し、複数の収入源を確保するようにしましょう。

趣味で写真撮影を楽しんでいる人も、フルタイムの写真家であっても、オンラインでの写真販売は無料でできる新規事業のチャンスです。少し時間を費やせば、収入源を確保することができるようになるでしょう。 

6. テレビゲーム

テレビゲームが今日のような地位を築くまでにはだいぶ時間がかかりました。しかし今ではテレビゲームで学位を取得したり、スポンサーを得たり、あるいはeスポーツのプロゲーマーとして活躍したりすることが可能になりました。

17億ドルの市場規模があり、今もなお成長中のテレビゲーム業界。うまく立ち回れば最も収益性の高いビジネスチャンスの一つとなるでしょう。プロゲーマーとしてゲームをするだけでなく、Twitch.tvのようなプラットフォームでライブストリーミングしたり、YouTubeチャンネルを開設したり、ゲームに着想を得た商品を販売したりすることを通して、収入を得ることが可能になります。

7. 著書の自己出版

文章を書くことが好きな人や、自分の著書を出版したいと思ったことがある人に朗報があります。自分の作品を自己出版することで、小規模な新規事業を始めることができるのです。

自己出版とは、編集、表紙デザイン、製本などの作業を出版社に委ねず、代わりに自分でその作業を担うことを意味しています。インターネットには数え切れないほどの読者がいます。電子書籍やオーディオブックを制作・販売して、収益を上げる余地は十分にあるでしょう。

インターネットでできる3つの新規事業案

ウェブで運営できるeコマース事業のビジネスチャンスは数知れず。では、どこから始めればよいのでしょうか?

ここからは、オンラインで運営することが可能な、インターネット事業のビジネスチャンスについて紹介していきます:

8. ペット関連商品の販売

ペット関連商品を販売するネットショップ。広範囲な商品を取り扱うことができるため、大いに楽しめる事業の一つだと言えるでしょう。ペットを子どものようにかわいがる人たちはたくさんいます。彼らはペットのためになら喜んでお金を使うでしょう。オーガニックフードをはじめ、ラグジュアリーアクセサリー、ベッド、そしてアパレル商品など、その内容は多岐にわたります。 

ドロップシッピング形式で運営するにしても、ホームメイドのおやつを販売するにしても、ペット関連ショップの運営は収益性が高くやり甲斐のある仕事です(誰にとってもかわいいペットたちの喜ぶ姿を見るのは嬉しいものです)。愛するペットをかわいがるのをやめる人はいません。そのため、安定性のあるショップ運営ができるというわけです。 

9. 古着の販売

    古着業界に240億ドルもの市場規模があることをご存知ですか?もしクローゼットの奥に古くなった洋服がたくさんあって、それを売ってお小遣い稼ぎをしたいと考えているならば、古着販売を通して新規事業を立ち上げることが可能です。

    また、海外では日本のランドセルが流行しているなどの例もあります。そういったトレンドにも敏感になりながら、いかに中古の品で収益をあげることができるかを考えても良いでしょう。

    最先端技術の助けもあるので、不必要な洋服を売ることにより、最も収益性のあるビジネスチャンスを掴めるかもしれません。 

    10. ブログを開設する

    今更ブログなんて…と思っていたりしないですか?しかし、ブログを開設して、アフィリエイトや広告を活用することで、ブログはまだまだ健全な収益を生み出すことができます。

    もちろん、既存のブログは数え切れないほどあるので、結果が出るまで時間はかかるでしょう。しかし、最初はアフィリエイトで収益化を考えても、途中で諦めてやめてしまう人がかなりいるのも事実です。根気強く続けて、さらにニッチに絞ったブログを開設することで、まだまだチャンスがあるのがブログ業界です。

    11. フリーランスになる

      フリーランスは最も一般的なオンライン事業と言えるでしょう。フリーランサーとは自営業を営むことを意味します。雇用者との長期的な契約はせず、どこからでも働くことができ、上司は自分。 

      リモートワークやギグエコノミー(インターネットを通じた単発の仕事)の台頭と共に、フリーランスになることでオンライン事業を成功に導くことが可能になりました。競争は激しいかもしれません。しかし長きにわたり培ってきた一定のスキルや、これから学ぼうとしている技術があるならば、収入を得るのは難しくはありません。 

      まずはウェブデザインやマーケティング、コピーライティング、またはアプリ開発のスキルなどを、自宅からできる事業として活用してみてはいかがでしょうか。  

      その他5つの起業チャンス

      高い収益性のある事業を目標としている、あるいはより小規模で地元に根付いたビジネスを検討しているなど、目的は違っても、ここでは試してみる価値のある起業チャンスを紹介したいと思います:

      12. SNSインフルエンサーになる

        SNSの「いいね」や「フォロー」が収益につながるなんて、誰が予想していたでしょうか?すでにSNSでオーディエンスがいるのなら、インフルエンサーとして活躍してみてはいかがでしょうか。叶いそうもないことのように聞こえるかもしれませんが、造園業をはじめ、ファッション、食品、旅行、あるいは子育てに至るまで、様々な分野において活躍し収益を上げることができるビジネスです。

        オンラインで支持を得るには少し時間がかかりますが、思い入れのあるトピックをSNSで発信し続ければ、オーディエンスとつながり、収入を上げることが実現するでしょう。

        13. コーヒー販売

        コーヒー好きの皆さん、新規事業立ち上げの選択肢はカフェ運営だけではありません。オンラインのコーヒー需要が高まる中、コーヒー豆の他にも、焙煎機やカップのような関連商品など、販売できる商品は多岐にわたります。

        コーヒーは世界で最も消費量の多い飲料の一つです。そのコーヒーを購入してくれる潜在顧客はどこにでも存在するでしょう。小さな珍しいブランドを好む顧客も多数いるので、ターゲットを絞って特定の顧客層に広告を打ち出してもいいかもしれません。コーヒーを買いたいと思っている顧客はたくさんいます。あとは彼らにブランドを認知してもらうことが成功への鍵となるでしょう。

        詳しくは:オンラインでコーヒーを販売する方法をご覧ください。

        14. 空きスペースや車の賃貸 

          物件賃貸サイトやカーシェアリングサイトを活用することにより、自宅にある空き部屋を収納スペースとして貸し出したり、乗っていない車を貸すことができます。特に米国では個人宅空きスペースを貸し出す倉庫事業の規模は実に380億ドル以上にも及び、最も簡単に受動的所得を得る方法の一つとして今注目されています。 

          基本的には自宅の空きスペースを近くに住むユーザーに提供するだけ。ユーザーは高い賃料を払ってトランクルームを借りる代わりに、より安価で便利な近所の収納スペースを借りることができるようになります。また、カーシェアリングに関しても、すでに車を持っているのなら、初期投資が必要なく、手軽に収益を得られる方法として注目されています。

          15. 食品廃棄物の販売 

            私たちは年間約9,900億ドル以上の食品を廃棄しており、それにより環境破壊やグローバル経済の落ち込みを引き起こしています。古くなり需要のなくなった食品を収益に変えるために、多くの起業家たちは独自の方法を探っています。皆さんにとっても、これは新規事業を立ち上げるチャンスなのです。

            例えば見た目の悪い果物や野菜を、サブスクリプション契約制で顧客に特価販売したり、生ゴミを燃料にしたり、あるいは腐った食品を昆虫タンパク質へと作り変えたりすることもできるでしょう。さらには、余った食品を地域の人たちとシェアするためのマーケットプレイスを設けることも可能です。このように、食品廃棄物を使ったビジネスチャンスは実に多種多様なのです。 

            16. 事業の買収

              すべての人が「一から事業を立ち上げたいと思っているわけではないでしょう。またそう思わなくてもいいのです。ShopifyのExchangeマーケットプレイスでは、売り出し中のECサイトを多数チェックすることができます。その中から適したものを選び、いち早く事業を押し進めてみてはいかがでしょうか。

              既存のECサイトを購入することは、オンラインで不動産投資するようなものだと考えるといいかもしれません。適切な物件を選択しそれをしっかりと維持できれば、力仕事をすることなく収入源を確保することができ、事業の成長へとつながるでしょう。

              自分に適したビジネスチャンスを見つける

              ドロップシッピング事業にしても、オンラインの再販業者にしても、将来的な目標に見合うビジネスチャンスを見つけることが大切です。数ある選択肢を模索する上で、Shopifyが作成した「低い投資でできる事業案リスト」をチェックすることをお忘れなく。そこから自分に適したベストなビジネスチャンスを見つけることができるでしょう。

              よくある質問

              新規事業のアイデアの例は?

              eラーニング、ドロップシッピング、オンラインゲーム、コンサルティング、オンデマンド印刷、フリーランス事業、ネットショップのオーナーなど様々なアイデアがあります。

              ビジネスチャンスはどのように探せばいい?

              以下の3つが大事です。・業界のトレンドと情報をチェックする・競合他社の調査を実施する・顧客の声に耳を傾ける

              世界で最も大きなビジネスチャンスがある国はどこ?

              海外展開を考えているのなら、中国、ブラジル、インドなどは大きなビジネスチャンスが見込める国だと言えます。その決め手となる要素はたくさんありますが、特にGDPの成長率や人口数が最も大きな要因です。

              新規事業のアイデアはどのように見つけることができる?

              どの事業案が実現可能または不可能であるかを見極めるには、他者の意見が重要な役割を果たします。事業を拡大していくには、強固なネットワークを築くことが不可欠です。また、同じ業界の中で自分よりも成功している人と知り合いましょう。より大きなビジネスチャンスを見出すことに役立つアドバイスをしてくれるはずです。 そして、ビジネスチャンスは突然訪れることがあります。それはもちろん自分の努力の賜物ですが、そのようなチャンスを活用できるようにいつでも準備しておくことが大切です。

              原文:Corey Ferreira イラスト:Eugenia Mello 翻訳:クリンカース恵子


              ネットショップを開設しよう!

              14日間のShopify無料トライアルはこちら

              トピック: