Shopify ブログ

Shopify売上必勝法: Instagramを使ったソーシャルプルーフの活用法

EコマースはGoogle、Facebookなどのオンラインレビューサイトが拡大するにつれて、購入意思までのアクセスがますます広がっています。

自分たちのブランド側からのマーケティングとは逆に、自分たちではコントロールが効かない位置にあるのがレビュー、お客様の声でもあります。

ただ、82%以上のEコマースユーザーは購入の前に商品レビューを熟読しているという事実から、Shopifyもレビューマーケティングのツールが整っていることは周知です。

ShopifyのProduct ReviewsアプリはGoogle検索にレビューが表示されるため、オーガニック検索のトラフィック増加に繋がります。

レビューがマーケティングの重要なツールボックスであると認識した今、ソーシャルメディアプラットフォームのInstagramを使わない手はありません。

InstagramはGoogleやFacebookとは根本的に異なるプラットフォームであり、レビューを既存および新規の見込み顧客に簡単に共有できます。

また、Instagramはビジュアル重視のソーシャルメディアプラットフォームであるため、Instagramでレビューを共有することは、いわゆる”見栄え”を良くする必要があることを意味します。 言い換えれば、Instagramのカスタマーレビューを共有することの美的要素を強調する必要があります。

Instagramのソーシャルプルーフとは?

ソーシャル・プルーフとは日本語にすると社会的な証明です。一言で説明すると人々が大衆の行動に従うという概念です。例えばトリップアドバイザーのレビューが5しかないホテルよりも500集まっているホテルの方が、評価の内容は置いておいても集客している = 注目したくなりませんか? またはガラガラのレストランではなく、ある程度お客さんで埋まっているレストランに行きたくなるのもソーシャル・プルーフによる作用です。

ソーシャルプルーフレビューは、Shopifyビジネスとしての評判を「証明」するカスタマーレビューです。そのカスタマーレビューは繰り返しになりますが、Instagramを使うことをお勧めします。

Instagramでレビューを共有することで、ターゲットオーディエンスの社会的証明を活用して売り上げを伸ばすことができます。

Instagramは特にスモール・ビジネス、Eコマースにとって大きなリードの源泉です。

なぜInstagramなのか?

毎月10億人以上のアクティブユーザーがいるInstagramでは

  • ユーザーの90%がInstagramで1つ以上の企業・ブランドのアカウントをフォローしている
  • ユーザーの83%がInstagramで新しいブランドを発見するために検索作業をしている
  • ユーザーの80%はInstagramが製品やサービスの購入を決定する際に役立つと言っている

また、あるレポートによると、1億3000万のInstagramアカウントが製品タグを利用しています。

現代の顧客は非常にSNSに精通しています。消費者の97%は、購入を決定する前に、顧客のレビューを読み、Instagramで同じ商品を買った、使ったことがある人のリアルな現物写真や使用感などを探しています。

InstagramはGoogleと同じくらい「検索」としての機能を果たし、例えばInstagramのExploreタブで #銀座ランチ や #シャネルリップ新作 #表参道ネイル などのハッシュタグの多さから、ブランド側も優れたカスタマーエクスペリエンスを提供することが重要であり、Instagramで顧客の声の力を実感するブランドがますます増えています。

開始するための2つのステップ

すでにあなたがInstagramのビジネスプロファイル (プロアカウント) をお持ちであることが前提です。

ステップ1:「お客様の声」を特集するための専用Instagramアカウントを作る

Instagramでお客様の声を使用する場合は、メインであるブランドのアカウントではなく、2つ目のInstagramアカウントを作りましょう。カスタマーレビューにはさまざまな形式があるため、メインアカウントにスタイルに合わせるのは難しい場合があります。ユーザーがメインアカウントのバイオ(Bio)セクションでタグ付けされたプロファイルをタップすると、Instagramは顧客のレビューに焦点を当てたプロファイルにユーザーをリダイレクトします。

ステップ2:  Instagramでレビューをリクエストする

まず最初に、Instagramは元々レビューを収集するためのプラットフォームではありません。 GoogleやFacebookとは異なり、Instagramには顧客がレビューを書くための専用機能はありません。

では、どうすれば良いのでしょうか。答えは、素晴らしい体験を提供することで顧客とエンゲージして、Instagramの投稿に肯定的なフィードバックを残してくれたコンテンツを自分のInstagramの投稿やストーリーで共有することです。フィードバックを依頼する際はキャンペーンとの併用が良いでしょう。

このように、#ブランドハッシュタグをもとに投稿されたUGC (ユーザー生成コンテンツ) はあらかじめブランドアカウントでシェアする旨をバイオの紹介文で了承を得ましょう。

カスタマーレビューをInstagramでシェアする6つの方法

Instagramフィード、Instagramストーリーズ、IGTVのお客様の声とレビューを活用できるフィールドは様々です。それでは1つずつご紹介します。

1) Instagramのバイオにレビューページをリンクする

Instagramのオーディエンスにカスタマーレビューを宣伝するための最も簡単な方法は、レビュー専用のWebページを用意し、InstagramバイオのURLスペースを使用してリンクすることです。

2) レビューのスクリーンショットをInstagramの投稿またはストーリーに共有する

難しく考える必要はなく、Shopify Product Reviewsなどのレビューのスクリーンショットを撮って、そのまま加工してInstagramフィードやストーリーズでシェアします。

こちらを行う際のポイントは2つ:

  • スクリーンショットのフォーマットは、Instagramの定番の正方形ではない場合の方が多いかと思います。したがって、Instagramレビューのスクリーンショットを撮るには、最初にPhoto Space Xのような写真編集ツールを使用して整えます。

  • スクリーンショットなどを使った画像でレビューをシェアはしつつも、キャプションは依然として重要であることを留めておきましょう。Instagramのキャプションに、レビューを残した顧客への感謝のメッセージや、レビューに対する返事やプラスして製品のおすすめポイントを記載するようにしましょう。もしその顧客のInstagramアカウントを了承のもと手に入れることができた場合はキャプションもしくは画像にメンションタグ付けましょう。よりレビューにリアリティを出すためです。
  • 投稿の2番目または3番目の画像としてカスタマーレビューを追加します。Instagramリールとストーリーズにも別のバージョンを投稿しましょう。別のバージョンとは、レビューと商品画像です。商品画像とレビューをともにすることで、レビューへの説得力が湧きます。

3) Instagramのストーリーズハイライトアルバムを作成して、顧客のレビューを長持ちさせる

レビューの画像をInstagramストーリーズと共有している場合は、バイオにハイライトを作成することにより、関連するストーリーコンテンツをプロフィールに永続的に保存できるだけでなく、他のユーザーが簡単に見つけられるようになります。

ユーザーがこのアルバムを開いた後に何が表示されるか一目でわかる、わかりやすいアルバム名を選択します。名前には最大15文字を使用できますが、モバイル表示で切り捨てられないように、以下の例のように短くしましょう。 またブランドカラーに合わせてカスタムハイライトカバーを作成することもお勧めします。


このお客様の声を開くと、

  • カスタマーが商品の感想とともに投稿したInstagramフィードのシェア
  • Shopifyのレビューのスクリーンショットを加工したものをストーリーでシェア

などコンテンツが表示されます。

4) 人目を引くグラフィックを作成する

ブランドカラーやスタイルに合わせてレビューにデザイン性を持たせることをおすすめします。特にInstagramのフィードは1ページにつき9枚の写真がギャラリーのように並びます。加工などの技術に自信がない方はCanvaなどのカスタマーレビュー用のテンプレートが豊富なデザインツールを駆使しましょう。


また、レビューをインタビュー形式にして、

  • 実際のユーザーのInstagramアカウントをメンション
  • 簡単な自己紹介
  • 実際の商品を使った環境の仕上がり

を写真とデザインを掛け合わせます。

5) インフルエンサーとアンバサダーを起用する

膨大なフォロワーを持つ大手ブランドでない限り、レビューを書いてくれるユーザーは26人中1人と言われています。

ブランドの支持者というさらに、製品や企業についての情報を広めるためにも、インフルエンサーやアンバサダーを使用することも一つの手です。

日本に進出したいイギリス発のブランドがニッチなイギリス在住日本人インフルエンサーと協力して製品を宣伝し、ブランドについて語るように促す方法は次のとおりです。



6) IGTVと動画でお客様の声を届ける

2020年の現在、96%のEコマース消費者が動画で製品を詳しくみたいと希望しており、そして86%がブランドのオリジナルの動画コンテンツが観たいとの結果が出ています。

InstagramのIGTVは、最大1時間の長さの動画をアップロードできるため、顧客のレビューを共有するための優れたプラットフォームです。例えばフィットネス系、美容系の場合、顧客のビフォーアフターをより体感でリアルタイムに届けることができます。

顧客に適切な長さの動画を送ってもらい、顧客から動画を受け取ったら、アップロードする前に、IGTVチャンネル用に動画を最適化しましょう。IGTVのInstagramの動画アップロード要件は次のとおりです。

  • フォーマット:MP4
  • 最小フレームレート:30 FPS(フレーム/秒)
  • 最小解像度:720ピクセル
  • 向き:垂直または水平
  • ビデオの長さ:最低1分。アカウントのサイズに応じて、最大10〜60分
  • アスペクト比:向きが垂直の場合は9:16、水平の場合は16:9
  • 最大ファイルサイズ:650MB(ビデオ最大10分)から3.6GB(ビデオ最大1時間)

IGTVのビデオの声を再フォーマットする必要がある場合は、Animakerなどのツールを試してください。

今日、ユーザーはこのInstagramを製品発見と製品の購入の意思決定の判断に使用しており、他の消費者がブランドの製品を実際に手に取っている様子をInstagramで見たいと願っています。

ブランドは、カスタマージャーニーを改善し、顧客のニーズを満たすために、顧客の声を共有する必要があります。 Instagramのマーケティング戦略によく合うさまざまなタイプの顧客の声があります。それらが本記事でご紹介したレビューのシェアの形です。ソーシャルプルーフをInstagramで提供して販売チャネルを増やしませんか?

StatusbrewではInstagramマーケティングに特化した投稿〜UGC収集機能を揃えており、さらにShopifyとのインテグレーションも可能でソーシャルメディアによる集客の可能性を高めています。

(Statusbrewについて)
StatusbrewはEコマース企業様をはじめとする全てのブランド様のために設計された一元型ソーシャルメディアマーケティングプラットフォームです。コンテンツの一括予約投稿はもちろん、ソーシャルメディアを通じて、潜在顧客をセールスファネルに落とし込み、カスタマーサポートのパフォーマンスも測定します。またInstagamマーケティングに特化しておりUGCやリスニングツール、競合他社分析をサポート。2020年秋よりShopifyとのインテグレーションが可能になりました。

 


ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: