Shopify ブログ

もうすぐブラックフライデー・サイバーマンデー!事前対策としてチェックしたい27のポイント

ブラックフライデーとサイバーマンデーに向けたチェックリスト

ブラックフライデー・サイバーマンデー(BFCM)は、ネットショップにとって最大の売上倍増チャンスです。

昨年はこの期間中に1000億円以上の売上が世界中のShopify ストアにもたらされました。年間で最高の機会ともいえるこの4日間に乗り遅れないために、今から準備を始めましょう!

ブラックフライデーとサイバーマンデーについてさらに詳しい情報はこちらをご確認ください。

ベストセラーショップになろう

ブラックフライデーとサイバーマンデーは、たくさんのトラフィックや受注・発送業務に対応する準備をしなければいけないという意味では、多くのネットショップオーナーの頭を悩ませるものでもあります。自己ベストの売上を更新するような結果を残すためには、まず何をしなければならないのでしょうか?

店舗の規模や運営年数によって違いはあるものの、到達すべきマイルストーンがいくつかあります。あなたの目標達成のお供になるように、わたしたちはBFCMツールボックスとチェックリストを大幅に見直し、バージョンアップしました。最大のチャンスを呼び込み、厄介な問題に対処するためのリソースとして活用してみてください!

このツールがめざす目的はとてもシンプルです。

「多くの売上、多くのハッピーなお客様、少ない頭痛のタネ」

すべてのプロセスが簡単だとは言いません。ですが、このチェックリストを使えば、現実的な問題に対処しながら計画を立てることができます。

2018年の残りの期間を通じて、私たちは新しい商品 / 新機能や販促のアドバイスをこのブログを通じてシェアしていきます!あなたのショップに最高の利益をもたらすホリデーシーズンに向けて、できるところからスタートしましょう!

今すぐ計画をはじめよう

ブラックフライデーの計画

1. リサーチを始めているお客様への対応

この時期に何を買うか考えているお客様には、できるだけ早く今後のセール情報についてお知らせしましょう。

RetailMeNotの調査によると、アメリカでは買い物客の半分以上がBFCMの前にホリデーショッピングの計画をしていますギフトのアイデアや特定の商品を探している潜在顧客にあなたのことを見つけてもらえるよう、あらかじめ準備しておく必要があります。

2. セール内容の把握

あなたが販売する商品と割引の内容を早めにまとめておきましょう。

スプレッドシートなどを使って今後の販売計画マップを作成しておくのは良い方法です。コピーできるテンプレートも用意されていますので、ドライブに保存しておくと便利です。

テンプレート

セールにまわしたい商品を選び、セール開始日と価格をスケジューリングします。直前にあわてることなくプランをいつでも確認できるようにしておくことがポイントです。Shopify アプリストアのヘルプを参照すれば、簡単にセール内容をスケジュールすることができます。

販売の準備ができたら、シェアできるディスカウントリンクを活用しましょう。お客様にとって使いやすいクーポンコードがあれば、コンバージョンに一役買うことは間違いありません。

3. 不測の事態への準備

いざというときのためのバックアップは用意してありますか?

配送業者が忙しすぎてデリバリーが遅れてしまうことも考えられますが、その場合の対応はどうしましょう?

予想より早く商品が売り切れたら、どれくらい素早く補充が可能ですか?

必要以上に不安をあおるつもりはありませんが、難しい状況に陥ったときのために備えをしておくことは重要です。最悪のケースシナリオとその対応策を可能なかぎり用意しておきましょう。セール期間中に炎上対応するより、今のうちにしっかり計画しておくほうがよほど楽ではないでしょうか?

需要の急増に備えよう

需要に備える

4. サイトがトラフィックの急増に対応できるかテストする

一度にリクエストが集中すると、サイトがダウンしてしまう可能性があります。よほどのトラフィックがなければ起こらないことですが、念のためホストサーバーがトラフィックの急増に対応できるか確認しておいて損はないでしょう。

LoadImpact.comなどのツールを使用すると、ショップのサーバー負荷容量をテストできます。なお、Shopifyで作られたネットショップに関してはトラフィックの急増は問題ございません!

5. 受注・発送がスムーズにいくかチェックする

在庫管理や発送をサプライヤーに頼っているか、あるいは自分たちで製品の製造まで行っているのであれば、ホリデーシーズンの需要に対応できる体制かどうか今一度チェックしておきましょう。

サプライヤーと協力して、セールに向けた体制が整っていることを確認してください。セール期間中に思ったより早く在庫が尽き、お客様の需要に対応できないというのは、最悪の事態といえるでしょう。

キャンペーンやクリエイティブの準備をしよう

ブラックフライデーに備えたキャンペーンの準備

6. バナーやヒーローイメージをホリデーシーズン向けに最適化

セール用のヘッダーやヒーローイメージを作成するためにグラフィックデザイナーになる必要はありません。

CreativeMarketのテンプレートや、Canvaのようなオンラインのデザインツールを活用しましょう。もちろんフリーランスのデザイナーにお願いしてもいいでしょう。

7. 広告クリエイティブやコピーライティングを計画

効果的な広告やコピー作成について助けが必要な場合には、わたしたちのブログにリソースがあるので、参照してみてください(英語)。

The Beginner's Guide to Advertising on Instagram

Facebook Ads: The Beginner's Guide to the Facebook Pixel

Retargeting: How to Reach Customers Who Aren't On Your List

ホリデーシーズンには広告単価が上昇するおそれがあります。特定のキーワードやオーディエンスに対する広告の値上がりに備えて、いつもより多めの広告予算をもっておくといいかもしれません。

8. チラ見せとバズで期待値を引き上げ

ただブラックフライデーの告知をするだけではなく、期待を持たせるような投稿などを考えたほうが成功に近づくことができます。

SNSやメルマガで、これから始まるセールの内容をチラ見せするなどして、好奇心を刺激しつつお客様に告知をしていきましょう。こうした施策を早めに開始することで、セール期間に向かって勢いよく突入することができるようになります。

コンバージョンを最適化しよう

ブラックフライデーで最適化しよう

9. カゴ落ち時のメール対応を考える

Barillianceによると、2017年のブラックフライデーでの平均カート放棄率は74.5%でしたその数字を可能な限り低く抑えたいと考えるのは、もちろんあなただけではありません。

もっとも効果的な対応策の一つは、カートが放棄されたときに送信するメールを設定しておくことです。お客様が商品をカートに入れたままショップを離れてしまった場合、メールでのはたらきかけによって、中断していた購入を完了してもらうことができます。

Shopifyにはカートの放棄をリカバリーできる仕組みがあるほか、カゴ落ち対策のアプリとも多様に連携することが可能なので、簡単に対策を練ることができるでしょう。

10. モバイルファーストで考える

Shopifyストアではブラックフライデー・サイバーマンデー期間中にモバイルからの購入が昨年初めてデスクトップを上回りました。

モバイルファースト

この傾向はこのまま続き、おそらくは増加していくことが見込まれます。つまり、モバイルファーストでネットショップを構築する必要があるわけです。

あなたのネットショップでは、モバイル閲覧時にユーザーにどんな体験をもたらしていますか?直感的で使いやすく、容易に購入まで進めるでしょうか? モバイル向けのレスポンシブデザインに対応していますか?

Shopifyのすべてのテーマはレスポンシブ対応になっていて、モバイルにも適しています。もしあなたのショップがShopifyでない場合は、モバイルデバイスでどう見えるかテストしておいたほうがいいでしょう。

モバイルでの見た目をチェックするのと同時に、チェックアウトのプロセスがスムーズかどうかも確認しておきたい点です。チェックアウトに必要なフォームがわかりずらく記入もしにくいとなると、重大な離脱要素となってしまいます。こうした事態を回避するため、Shopify PayGoogle Payのようなオプションをもつことがコンバージョン率向上につながります。これらの支払いオプションを導入すれば、ユーザーは必要なフォームを記入する手間がはぶけ、キーボードを打つ回数もボタンをクリックする回数も減らせます。もしShopify ペイメントを使っているなら、実装を検討してみましょう。

11. サイトのテストとフィードバック

ユーザーの立場で考えてみましょう。ストアのナビゲーションはわかりやすくできていますか?ちょっとした手直しで改善できる部分はないでしょうか?いつもと違った観点から見てみると、今まで抜け落ちていた点に気づけるかもしれません。

サイトについてのフィードバックを得る方法は色々ありますが、UserTestingというサービスを使ってみることは優れた選択かと思われます。ここではサイトをテストしてほしい人についてのパラメーターが設定でき、該当するテスターがランダムに選ばれ、彼らからのフィードバックをもらうことができます。

フィードバックは貴重ではありますが、ネガティブな意見にもとづいて手当たり次第に改良すればいいわけではありません。多くのユーザーが混乱したり不満をもったりしそうな箇所を重点的に、解決策をブレストしながら、対応していきましょう。

12. トラッキングピクセルの活用

有料の広告、たとえばFacebook広告Googleスマートショッピングキャンペーンを利用しているなら(Shopifyで運用できます)、ピクセルを埋め込んでリマーケティングに活用しましょう。Facebook広告Google AdWordsでトラッキング用のピクセルコードを利用する方法は次のとおりです。

Facebookピクセルについて

Google AdWordsでリマーケティングタグを設定する方法

Shopifyでコードスニペットを埋め込む方法は、こちらのヘルプドキュメントを参照ください。

マーケティングに注力しよう

ブラックフライデーのマーケティング

2017年には、ある広告会社が、自社で抱えるすべてのクライアントの広告クリック率がブラックフライデーのときに2倍以上になったことを発見しました。一般的にホリデーシーズン中は消費者が広告を受け入れやすくなります。そのため、ブラックフライデー・サイバーマンデー中の広告掲載料金は上がる傾向にあります。

つまり、費用が増えたとしても、この期間にお客様は広告に対してより注意を払う可能性があるわけです。ホリデーセールにおいてマーケティングは大きな役割を果たすといえます。そして前述したように、広告クリエイティブの事前準備がマーケティング戦略の第一歩となります。

ホリデーシーズンに考慮すべきマーケティングのポイントをいくつかご紹介しましょう。

13. 過去のお客様のリターゲティング

すでにFacebookピクセルをストアに導入しているなら、今こそ使うときです! あなたのストアのことを忘れているかもしれない過去の訪問客にリーチして、新たに買い物をしてもいらましょう。

新規顧客にアプローチするより、購入歴のあるお客様にリーチするほうが一般的には簡単です。以前あなたのショップで購入体験がある人なら、最新のブラックフライデーセールのお知らせを好意的に受け止めてくれるでしょう。

14. ブログサイトやギフトガイドサイトへのはたらきかけ

ほかのサイトとスポンサーシップ契約やパートナー契約を結ぶには何週間もかかることがあります。もちろん、直前のコンタクトができないわけではないのですが、提携したいブログサイトやギフトガイドサイトとは早めに連絡をとりあってください。

あなたの商品が属するニッチジャンルについて扱っているサイトを見つけたら、セール情報や商品掲載が可能かきいてみましょう。もし、こうした方法が心もとないと感じるようでしたら、予算がなくてもできる広報のやり方を参照してみてください。

15. メールキャンペーンの開始

昨年のブラックフライデー・サイバーマンデーの時期には、Shopifyストアではメールマーケティングにおけるコンバージョン率がもっとも高かったという結果が残っています。

マーケティングごとのコンバージョン率

今年はさらに大きな成功がメールマーケティングによってもたらされそうです。お客様をストアに誘導するために、すべてのビジネスオーナーはなんらかのメールマーケティングキャンペーンを準備するべきです。

キャンペーンのためのいくつかのアイディアをご紹介しましょう。

・ブラックフライデー・サイバーマンデーのセールの告知:事前にセールについての告知をメルマガ読者に送り、実際にセールが始まったらさらにメールを送信します。

・セール終了直前のタイミングでリマインダーを送信:この時期に出回る大量のメールに埋もれてあなたのセール情報に気づいてもらえなかった場合に備えましょう。また、あなたのセール情報を知ってはいたけれどストアを訪問していなかった人が、すでに終了しているオファーに飛びついてしまうことも考えられます。

・メルマガ購読者向けの特別なセール価格:ほかの店舗のセールスEメールよりも注目してもらいたいなら、メルマガ購読者限定のオファーをしましょう。インスタグラムなどのほかのチャネルに、メルマガ限定のオファーがいつスタートするのか投稿しておくことも忘れないでください。

・特典に関する情報をチラ見せ:あなたが提供するセール特典がなんであれ、早めにティーザーを流しておきます。割引価格、限定商品、送料無料、チャリティーへの寄付、色々と考えられますが、メルマガ読者の期待が持続するように数週間前からブラックフライデー・サイバーマンデーに向けてセールに関する情報を小出しにしていきましょう。

期間限定セールを戦略化しよう

ブラックフライデー、サイバーマンデーのセール

16. 少なくとも一つは目玉商品を作る

多くの小売店が消費者を引きつけるために行うのが、目玉商品の設定です。

目玉商品に呼び込まれてストアに来たお客様は、それ以外の商品もレジまで持っていって購入してくれるでしょう。状況によっては、これらの目玉商品は原価割れしていることもあります。それでも、目玉商品がない場合と比べてたくさんの商品をカートに積んでもらえることが期待できるわけです。

あなたのストアの「絶対に見逃せないセール」はなんでしょうか? 告知メールの中でセール価格の商品をすべて表示するよりも、あなたがもっとも重要と考える目玉商品をピンポイントで推すほうが効果的です。

BFCMの目玉商品

新しいお客様をストアに呼び込むことに成功したら、送料無料やまとめ買い価格の提供など、効果が実証されている手法を使って、平均注文価格を引き上げられるようにします。そうすれば、お客様は納得感をもちながら、目玉商品だけではなくほかのたくさんのセール品を購入したいという気分になります。

17. ロイヤルカスタマーへ特別待遇を提供する

ブラックフライデー・サイバーマンデーの時期は、以前のお客様との関係を強化して再訪問を促すのに最適な期間でもあります。

一足早くセールにアクセスできたり、限定品を買うことができたりといった施策を既存のお客様に向けて展開しましょう。メールリストに残ってもらうためにもこうした施策は効果があります。また、特別オファーを提示することは、あなたのサイトに来た人がメールアドレスを残していってくれるインセンティブにもなります。

18. 可能なかぎり希少性を打ち出す

ホリデーシーズンともなれば、血まなこになってベストな値引き商品を探す買い物客も当然増えてきます。他店のオファーのスピードは早く、それに反応するお客様のスピードも早いのがこの時期です。

ですから、特定の商品が品切れになりそうなときやタイムセール終了の前には、臆することなく告知してください。カウントダウンタイマーや、「在庫あり」のアラート機能などをうまく活用していきましょう。

サポート体制をアップデートしよう

サポートも充実させる

19. ライブチャット機能の提供

ブラックフライデー・サイバーマンデーの期間中は、お客様がカスタマーサポートに簡単にアクセスできるようにしておくべきです。お客様が知りたいことをすぐに聞ける手段がなかったせいで、見込み客を失うことなどだれも望まないでしょう。

ライブチャットの実装やサポート人員の確保に困っているなら、スモールビジネス向けのライブチャットを導入する手段もあります。あわただしい時間帯にチャットを有効活用するには、以下の点に気をつけましょう。

・メールを送信したり、プロモーションを開始した直後に、メールをクリックした人がいることがわかっているなら、チャットをコンタクト可能な状態にしておく。

・セールしている商品ページ上で、購入前に不明点があったときのために質問対応できるようにしておく。

・重要な購入プロセスの瞬間、たとえばショッピングカートをお客様が見ているときにすぐチャット可能なようにしておく。

最適なタイミングでチャットウィンドウが画面上でちゃんと開いているように、設定を確認しておきましょう!

20. 迅速で誠意あるカスタマー対応

ホリデーシーズンはカスタマーサポートにとってもっともめまぐるしい時期です。あなたが管理しているにしろ、別のチームメンバーが対応しているにしろ、それは変わりません。

素晴らしい顧客体験のために大切なことは、すぐに返信するということです。そして、横柄で怒りっぽいお客様に対しても礼儀正しく丁寧に応対しましょう。

ある程度、定型のフレーズや返信文を用意しておけば、それほど時間をとられることなく一貫性のあるカスタマーサービスが提供できます。

クレーム発生時に、効率的かつ共感をもって対応できるように、事前準備しておくことも重要です。また、本当に喜ばれるカスタマーサービスがどんなものか、考えてみましょう。あなたの考えや対応策を書き出して、チームメンバーや臨時のスタッフにも共有しておくといいでしょう。

21. わかりやすく手間がかからない返品ポリシー

ホリデーシーズンが忙しいのは店舗だけではありません。お客様も同じです。やるべきことにきちんと注力したうえで、さらにお客様のためにできることを考えてください。

返品ポリシーがわかりやすく公正で、しっかり表記されていることを確認しましょう。あなたが製品に自信をもっていることがわかれば、お客様はたんなるウィンドウショッピングをやめて購買行動に移りやすくなります。

すべてを追跡して分析しよう

効果を追跡

22. Google Analyticsを設定する

Google Analyticsは、すべてのECビジネスオーナーが使用すべき無料のトラフィックトラッキングツールです。店舗でGoogle Analyticsを設定していない場合や、正しく使用しているかどうかを確認するには、Google Analyticsの初心者向けガイドをご覧ください。

23. Shopify レポートに精通する

Shopifyのストア分析機能から学べることはたくさんあります。マーケティングの努力がどれくらいトラフィックとセールスにつながったかを確認するためにレポートを活用しましょう。マーケティングは、ブラックフライデーとサイバーマンデーの基本です。より効果的なキャンペーンを実現するために、追跡・計測・改善といった各フェーズをShopifyのストア分析機能によって検証することが重要です。

24. ヒートマップや高度な追跡サービスを設定する

ユーザーがサイトのどこをクリックしたか、また商品ページをどう読んでいるのか、気になりますよね?Shopifyの分析ツールは十分強力ですが、ブラックフライデー・サイバーマンデーの期間には追加のトラッキングツールを導入して詳細なデータを取得してもいいでしょう。

ヒートマップ

Shopify アプリストアで、ヒートマップのアプリ高度な分析ツールをチェックすることもおすすめします。

25. 競合の動向をチェックする

競合ストアのマーケティング戦略にも注目しましょう。自分なりのアイデアを生み出す助けになるはずです。一番手っ取り早いのは、彼らのメルマガを購読してみることでしょうか。メールが送られてくる頻度や、コンテンツのタイプを研究しましょう。ただし、影響を受けすぎないようにご注意を!

競合他社のソーシャルメディア上での活動をチェックしたり、Google アラートを設定して彼らを話題にしているサイトを見てみたりするのも一案です。

セールが終わったあとにも力を注ごう

26. お客様に常連客になってもらう

ホリデーシーズン中に築いたお客様との関係を、セール終了と同時に終わらせてしまうのはもったいないです。セールのあとにも良い関係を続けていきましょう。

SNSで投稿を続け、お客様にセール後のフォローメールを送りましょう。年間を通じてあなたのショップに注意を向けてもらうことが大切です。もしブラックフライデー・サイバーマンデーセールで顧客になってくれた方々がSNSのフォローもメルマガの購読もしてくれなかったのであれば、リターゲティングが次のオプションになります。

リターゲティングピクセルを設定しておけば、一度きりのお客様に対して年間を通じて広告を配信できる関係を築けます。魅力的なキャッチコピーでお客様をあなたのサイトに呼び戻しましょう。最新の商品や、過去に購入していただいたものと関連の高い商品などを、随時お知らせしていきたいところです。

27. 効果があった施策となかった施策を分析する

ホリデーシーズンは、ビジネスの成功あるいは失敗から多くを学ぶ絶好の機会となります。売上だけが価値あるものではないのです。データの追跡と効果検証がもっとも重要な理由は、そこにあります。

新しい戦略や施策を今年初めて導入したのであれば、それについてノートをとったり、スクリーンショットをとったりするのを忘れないでください。自分の決断とその成果をあとで見返すことができるようにするためです。これらの記録は、来年のホリデーシーズンにおけるベンチマークとなるでしょう。記録や経験のすべてが、あなたのビジネスを向上させるためにどんな努力をすべきかを教えてくれるということは、言うまでもありません!

すべてはブラックフライデー・サイバーマンデーの成功のために

BFCM後は?

成功の鍵は、準備・計画・早期行動です。

このチェックリストは、セールイベントのために知っておくべきことの大部分をカバーしています。このリストがあなたのホリデーシーズンの成功へとつながれば幸いです。

あなたにとって今回が初めてのブラックフライデー・サイバーマンデーなら、全体をひとつの学習プロセスと捉えてみてください。モチベーションと野心、現実的な期待をもちましょう。そしてなにより楽しむことを忘れないでください!

原文:Corey Ferreira 翻訳:深津望

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

 

Shopifyについて、何かお困りのことはございませんか?

サポートチームが日本語であなたのご質問にお答えいたします。

support-jp@shopify.com

トピック: