アメリカンドリームを探して

Shopify パートナープログラム: 笑うカート

Shopify パートナープログラムでは、フリーランスとしての独立から企業による事業の拡大まで幅広くサポートします。実際にShopify パートナーである Ethercycle がどのようにビジネスを成長させていったのか、その成功ストーリーを見てみましょう。

いつもの朝と同じように、カート・エルスターは仕事に出かける前にソファーに座ってスニーカーの紐を結んでいました。しかし、その日だけはどうしてもそこから上体を起こすことができませんでした。何かが彼を押し止めていました。

「泣き崩れてしまったのです。」

どこからともなく、それはやって来ました。行き当たりばったりのシカゴ生まれ、シカゴ育ちのカートはドロップシッピングを通して高性能の自動車部品を地元で販売していました。カートは自動車マニアだったので、夢のような仕事をしており、自分はこの仕事を心から愛していると考えていました。しかし、実際には、9時5時のこの仕事は彼の魂をさいなんでいました。

最終的に、何かが彼の中で壊れました。

ビジネス
Ethercycle
専門分野
ECサイト構築、ウェブデザイン、戦略プランニング、マーケティング
Shopify パートナー歴
2011年〜

仕事を辞めるべきだ、とすぐにわかりました。しかも、上司がいない職業、つまり起業家になる必要がある、と思いました。

カートはもうその日にうちに会社に辞職願を提出しました。その後に何かをするという具体的なプランはまだなく、頭の中に具体的なビジネスもまだありませんでした。しかし、何よりも自分自身に正直でありたかったのです。

「子どものときに、父が会社から解雇された様子を見ていました。その後、仕事は見つからず、父が仕事に復帰することは二度とありませんでした。父は私によくこう言っていたことは『自営業なら仕事を辞めさせられることはない。上司は自分自身だ』でした。」

この考えは頭にこびりついていたので、仕事を辞めてほどなくして、カートはビジネスプランを編み出しました。Eコマースのコンサルタント会社Ethercycleの創業です。会社は成長を続け、Shopify プラスパートナーとして大成功を収めるまでに至りました。

しかし、2009年にカートが同社を創業した時点では、成功への道筋はそれほど明確なものではありませんでした。カートがサイクリングへの情熱を持っていたこともあり、Ethercycleは当初、自転車ショップ向けに特化したEコマースプラットフォームを運営していました。最初の1年間、会社の足取りは重く、年間の給与はわずか約150万円ほど。これだけでやっていかなければならなかったため、彼はビジネスを間違えた、と悟りました。

「あらゆる起業家はビジネスが失敗することを恐れています。しかし、方向転換すれば、それは失敗ではなくなります。」とカートは続けます。

現金が底をついたときに、Ethercycleは地元企業のための宣伝用ウェブサイトの制作をスタートさせました。大失敗から大成功へと、会社は急速に立ち直り、多くの人がウェブサイトの支援を必要としているという事実に気付きました。

会社の成長とともに仕事量が増えていったため、パートナー兼開発者としてポール・レダを招きました。2人が何でもこなすジェネラリストになるのに時間はかかりませんでした。制作するウェブサイトはほぼあらゆる種類のものに及び、Shopifyを含むほぼすべてのEコマースプラットフォームを取り扱うようになりました。そこから、2人はすぐにShopifyプロジェクトの仕事が好きになっていきました。

Shopify パートナープログラム: ソファーの上に座るカート Shopify パートナープログラム: 笑うカートとポール
Shopify パートナープログラム: 会話を交わすカートとポール

あの当時、Shopifyの仕事が好きだったのは、オープンソースでなかったからです。私はITビジネスをしたいわけではありませんでした。ウェブデザインや戦略を考える仕事がしたかったのです。Shopifyなら自分たちがやりたい仕事ができました。

2011年8月にEthercycleはShopify パートナープログラムに参加し、その年のうちにShopify エキスパートになりました。Shopify エキスパートへの掲載によって、質の高い案件がもたらされるようになったことは、カートにとって大きな驚きでした。突然、望んでいたタイプのクライアントから問い合わせを受けたり、中には会社まで訪問してくれるクライアントにも出会いました。

この瞬間まで、ニッチ市場に特化して、Shopifyプロジェクトだけに重点を置くべきかどうかという決断にカート自身が苦悩していたこともありました。ある人にとっては、広い網をかける方が安全な賭けのように思えるかもしれません。しかし、ついにカートは、その逆こそが実際のところはビジネス成功の秘訣であることに気付きました。

「会社の成長にとっての唯一かつ最重要の出来事は、Shopify以外の仕事をすべて断ったことでした。それこそが驚くべきターニングポイントでした。」

カートは仕事の方向性をShopifyに絞っていきました。チームが獲得したのは質の高いクライアントだけではなく、予期していなかったことでしたが、質の高いコミュニティとも繋がりを作ることができました。

カートとポールがミートアップやオンラインで出会ったShopify パートナーの仲間たちは、次第に友人や親友へと変わっていきました。彼らは同じような関心を抱いており、喜んで質問に答え、苦労している問題を語ってくれ、協力してくれました。

「私たちは全員がお互いに協力し、より優れたパートナーになろうとしています。これがすべての船を高みへと引き上げる上げ潮となるのです。」

最終的に、この上げ潮によってEthercycleの仕事量は限界に達したこともあり、プロジェクトやニッチなニーズ、あるいは仕事量の超過に対応するため、カートは才能ある人材を求めて、定期的にShopify パートナーエコシステムの他のエージェンシーやフリーランサーを採用しています。

コミュニティが協力的な性質を有しているおかげで、カートは自分のチームをスリムに保ち、間接費を抑えることができます。また同時に、取り組みたいプロジェクトだけを取捨選択し、選びとることができます。この事からも、カートがまさに当初から望んでいたとおりと言えるビジネスを築き上げる事ができています。

Shopify パートナープログラムなしでは、Ethercycleは今のような存在にはなっていなかったでしょう。

車の愛好家を自称するカートは、家族に快適な生活をもたらせただけでなく、夢のような車を購入することもできました。愛車は、ジャガーFタイプS 2016年モデル(Shopify ナンバープレート付き)です。カートは、自身が「アメリカン起業家のドリームの典型」と呼ぶ生活を現在送ることができています。

「Shopifyは私に自由、富と安定を与えてくれました。しかし、それ以上に重要なのは、影響力を与えてくれたことです。自分のために常に求めてきたものと同じものを何千人もの人が実現する、その手助けをしてくることができました。」

あなたのビジネスの未来を作り上げる

Shopifyエキスパートになって、今日から新しいスタートを!