メールマーケティングの定番!ShopifyとMailChimpの連携方法

メールマーケティングの定番!ShopifyとMailChimpの連携方法

ネットショップの成功とメールマーケティングは密接に関わっています。例えばこちらのマーチャントさまもメールマーケティングが大事であるということを教えてくれました。さて、今回はShopify パートナーであるGO RIDE社にメールマーケティングで大人気のMailChimpの使い方についての記事をご提供いただきました。ぜひご参照ください!


弊社では越境ECサイトの構築にShopifyを度々ご紹介させていただいています。

またマーケティングやユーザーフェイスを意識したShopifyに使えるアプリ等も
GO RIDEニュースでいくつかご紹介してきましたが、今回はメールマーケティングの味方、Shopifyに適応したMailChimpアプリをご紹介したいと思います。

ShopifyとMailchimp

「MailChimp」とは

以前GO RIDEニュースでも記事にしたMailChimp(MailChimpの記事はこちら

アメリカで開発されたメール配信システムですが、今ではその機能性と使いやすさから世界中のユーザーから利用されています。

そのMailChimpがShopifyと連携できるアプリになったということで、
弊社がShopifyで開発させていただいたブランドションプTreasures様のサイトに導入してみたのでその例をご紹介します。

Shopifyに導入したMailChimpでできること

まずShopifyに導入したMailChimpでできることは主に以下となります。

・顧客データの自動移行
 Shopify内の顧客データをMailChimpへ自動移行が可能
・顧客へメルマガを配信
 データ移行された顧客へキャンペーン等のメルマガを作成・配信
・ポップアップを追加
 Shopifyのサイト内にSubscribeを促すポップアップを表示
・Thank youメール設定
 Subscribe登録したユーザーへThank youメールを自動送信
・販売商品とのリンク
 メール作成時に販売商品のリンクが追加しやすい仕様

さらに

・放棄されたカートメール
 カートに商品を残したままのユーザーへ購入を促すメールを配信
・商品リターゲティングメール
 新製品や顧客が好きかもしれない製品を使って購入を促すメールを配信
・注文通知
 注文確認書、請求書、およびその他の顧客通知電子メールを設計、送信
・レポート機能
 配信したメールの開封率やメール内リンクのクリック回数などのレポート

などと、メールマーケティングには欠かせない機能が充実しており、かつShopifyと連携しているためメール作成時に商品の魅力を伝えやすい機能も備わっています。

ShopifyにMailChimpを導入

では実際ShopifyにMailChimpアプリを導入してみます。


1. Shopify アプリストアで「MailChimp for Shopify」をインストール

※下図のように検索ボックスでmailchimpと入力すると、「MailChimp Forms by MailMunch」も表示されますが、こちらのアプリはまたの機会にご紹介します。

(検索)
アプリストアでMailChimpをインストール
(Get)
MailChimp for Shopify
(インストール)
ShopifyにMailChimpをインストール

2. ShopifyとMailChimpのアカウントをコネクト

※ここでMailChimpのアカウントを新規作成することもできます。

Mailchimpと連携
3. すでにMailChimpのアカウントがある場合は、「Connect existing account」をクリックしてログイン情報を入力

ShopifyとMailChimpを連携


以上でMailChimpの導入が完了になります。

Mailchimpアプリを使ってポップアップを追加

メールの作成や配信先リストの作成は基本MailChimp内で行いますが、
Shopify用MailChimpアプリの特徴機能の一つ、サイト内にSubscribeを促すポップアップについてご紹介します。

ポップアップの例

ポップアップの位置やサイズ、モーダルやスライド、Fixedなどの指定も視覚的に設定でき、テキストやフォント、画像やフォームの設定など細かいデザイン調整も可能なため、初めて利用する方でも取り組みやすい仕様となっています。

実際の画面

またどのタイミングで表示させるかや、Subscribeしたユーザーへの自動Thank youメールの送信設定、Subscriberのリスト管理など、ShopifyへMailChimpアプリを導入してこそ利用できる機能になります。

作成したポップアップはSaveしてPublishして完了となります。

Treasure様ではこの機能をサイトに追加したことにより、
Subscriberが増え、キャンペーンやセールなどの案内を配信して活用しています。

Subscriberは基本、購入意識や興味意識の高い方を集客するため
メールマーケティングを行う上では欠かさない機能となります。

キャンペーン用のメール作成・送信

次にMailChimpの代表的な機能、視覚的にメールを作成してみます。

メール作成

(Create an Emailをクリック)
メールを作成
(キャンペーン名を記入)
MailchimpとShopify
(件名や送信リストの設定)
MailChimpとShopifyを連携
Change TemplateよりLayoutsやThemesからさまざまなデザインのテンプレートから、キャンペーンに見合ったデザインが使用できます。

無料といえど種類が豊富、またはコードで一からの作成も可能です。

テンプレート
テンプレートを選択し、オリジナルのメールを作成していきます。
任意でテキストや画像を挿入でき、リンクの追加やフォントスタイルなど細かいデザイン調整が行え、また下図の機能はShopifyとMailChimpをコネクトしたからこそ使用可能な機能になります。

作成しているメール内へ簡単に販売商品の画像やリンクを取り込むことができるので便利です。

実際のメールを作成




配信したメールのレポート確認

配信したメールは送信しただけではメールマーケティングの意味がありません。

MailChimpには配信後の追跡機能も備わっており、開封率やメール内リンクのクリック数とランキング、Bounced数やメール開封時間表の確認、また配信したメールの達成(購入)やその金額の確認も行えます。
ShopifyとMailChimp※こちらのレポートはサンプルでありTresures様の内容ではありません。

このレポート情報を元にさらなる工夫と改善をし、
集客と達成率上昇を目指しての運用を可能にします。

おまけ

すでに使いやすいMailChimpをShopifyと併用することで
さらなる機能の充実化をご確認いただけたかと思います。

今後さらにShopifyの需要が増えていく中、
メールマーケティングの1つの手法として、MailChimpと取り入れてみてはいかがでしょうか。

GO RIDEではECサイト制作・運用を行っております。
是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

元記事はこちら

GO RIDEのロゴ

(GO RIDEについて)

横浜とロサンゼルスを拠点とし、Shopifyを用いたECサイト制作、コーポレートサイト制作から、デジタルマーケティングまで一気通貫でサービス提供しています。デジタル領域における日系企業の北米進出支援や米系企業の日本進出支援も行っています 。自社メディアGO RIDE NEWSでは制作からデジタルマーケティングに関する情報を発信しております 。

Shopifyの14日間無料トライアルを始める