Shopify ブログ

【重要】Shopifyパートナー向けプロダクトアップデート

Shopifyパートナーのみなさんが、クライアントやユーザーのために仕事を続ける上で重要となるアップデートについてお知らせします。
Shopifyビジネスオーナーのための初の配信イベント、5月のPartner Town HallReuniteから重要なアナウンスをまとめました。詳細を以下でご確認ください。


パートナー向けアップデート


ひと月の間にアナウンスしたプラットフォームに関するアップデートの詳細です。


新規マーチャントの90日トライアルは6月1日で終了しました
新規マーチャント向けのShopify90日無料トライアルの提供は、6月1日をもって終了しました。2020年3月23日から5月31日の間に作成された開発ストアに関しては、6月30日までにマーチャントに移行されるかぎり、引き続き90日トライアルが提供されます。開発ストアの移行については、Shopifyのヘルプドキュメントをご参照ください。

詳細を読む


ShopifyテーマのChrome検証ツール:コラボレーターアカウントによるアクセス
1月にShopifyテーマのChrome検証ツールをリリースしました。
このツールは、ストアで使用されているLiquidテンプレートのサーバーサイドレンダリングのスピードを検証でき、ページ読み込みやサーバーレスポンスの遅い箇所をデバグして改善するのに役立ちます。
今回のアップデートにより、コラボレーターアカウントの使用が可能になりました。クライアントのために取り組んでいるネットショップで使用できます。どのように機能するか、以下の動画を日本語字幕設定してをご覧ください。



コラボレーターアカウントから問題のあるコードを直すのがもっと楽になり、クライアントのストアをより高速にして、コンバージョン率も向上させることが可能になっています。以下のリンクから検証ツールをダウンロードしてください。また、パフォーマンス向上の結果を開発者コミュニティでシェアすることもお忘れなく。

インストールする


Cookieとアプリの認証
現在、埋め込みアプリはフルページリダイレクトで読み込まれ、サードパーティのCookieを使ってOAuthで認証されています。今回、新しいアプリセッショントークンと新しいOAuthフローを導入した次世代の埋め込みアプリを発表します。
この新しい埋め込みアプリの認証方法は、3〜4倍速くなります。より混乱が少なく、柔軟性は高まり、すべてのモダンブラウザに対して互換性をもちます。今年の夏に一般リリース予定なので、開発者チェンジログのアップデートにご注目ください。

最新内容をみる


新しいデザインと開発ツール
開発者がもっとネイティブ感の強い機能を提供できるようにするため、Shopify Adminでiframeに頼らないレンダリングをおこなう柔軟で高性能なアプリを構築する機能を導入します。
この新しい「フレームレス」のアプローチを使用することで、Reactコンポーネントのアドバンテージを利用して、新機能の追加や統合を素早く実装できます。また、その機能をフローの流れの中でマーチャントに表示できるため、Shopifyのワークフローを離れる必要がなくなります。
これらの新しい開発者ツールはバージョン管理されるので、使用コンポーネントのバージョンやアップデートを自分の条件に合わせてコントロールできます。
今後おこなわれる新情報のアップデートについては、開発者チェンジログを購読してご確認をお願いします。


アプリの年払い請求
Shopifyアプリストアの多様なビジネスモデルをサポートするために、Billing APIを介した年払い請求を可能にします。マーチャントはアプリの年払いを簡単に承認でき、あなたは直接パートナーダッシュボードで年払い収益の追跡ができます。
まもなくアーリーアクセスに小規模なグループの開発者を招待し、その後すべてのアプリパートナーに向けて今夏後半を目処に年払い請求をリリースする予定です。


7月2日のAPIバージョン削除とプライベートアプリの延長について
こちらはリマインドになりますが、2019-04または2019-07バージョンのAPIを使用するカスタムアプリ公開アプリへのサポートは、2020年7月2日に終了となります。
ただし、コミュニティへの新型コロナウイルスの影響が今後も懸念されるため、プライベートアプリのAPIバージョン削除を7月2日からさらに延期することとしました。クライアントのためにプライベートアプリを管理している場合、新しい期限の少なくとも3ヶ月前までに通知が来ます。
プライベートアプリは特定のマーチャントのShopifyストアに限定して作成されるもので、Shopifyアプリストアには掲載されません。カスタムアプリで対応できないマーチャントのニーズに応えるためのものとして、プライベートアプリは意図されています。多くのプライベートアプリがマーチャントの開発者のために(そしてマーチャントの開発者によって)作成されたものなので、マーチャントのストアへの影響を最小限におさえるために、今回の削除対象から外しました。アプリの種類についてはShopifyのドキュメントに詳細が載っています。
結果として、2020年7月2日のAPI削除の影響を受けるのはカスタムアプリと公開アプリのサポートであり、プライベートアプリに対するサポートについては影響がないことになります。
クライアントのためにプライベートアプリを管理している場合、2019-07と2019-10の両バージョンに関する変更について、アップデート対応をする時間が延びたことを意味します。具体的にいうと、すべてのエンドポイントでページベースからカーソルベースのページネーションに移行する変更が延期されました。
新型コロナウイルスのマーチャントへの影響を注視しながら、新しい期限設定を検討していくつもりです。
今までこのアップデートに時間と労力を費やしていただいたみなさん、ありがとうございます。

フォーラムをみる


マーチャント向けアップデート


Shopify Reuniteでは、マネー、オンラインストア、オムニチャネル、バックオフィス、配送、パフォーマンスなど、たくさんのマーチャント向けアップデートが発表されました。クライアントやアプリユーザーに影響する変更点について、まとめ記事で情報をご確認いただければと思います。 

まとめを読む

原文:Amelia Garvey 翻訳:深津望

 

Shopifyパートナープログラムでビジネスを成長させる
マーケティング、カスタマイズ、またはWebデザインや開発など提供するサービスに関係なく、Shopifyパートナープログラムはあなたを成功へと導きます。プログラムの参加は無料で、収益分配の機会が得られ、ビジネスを成長させる豊富なツールにアクセスできます。情熱的なコマースコミュニティに今すぐ参加しましょう!

今すぐ登録
トピック: