Shopify ブログ

ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

事業者目線で考えるShopifyアプリのアイディア8選

私たちShopifyはよく「どんなアプリを次に作ったらいいですか?」と尋ねられます。

何を作るか決めることは、アプリを構築することそれ自体と同じくらいむずかしい問題でしょう。ただ、成功の秘訣はシンプルなものです。優れたアプリに向けてデベロッパーが取り組むべきは、事業者が日々向き合っている課題です。

そのようなペインポイントを理解し、アプリのアイディアをテストするためにあなたがやるべきなのは、当事者であるビジネスオーナーと向き合うことです。ネット上には事業者が頻繁に時間を過ごしている場所がたくさんあります。Shopify EntrepreneursGrow & Sellは、Shopify事業者がよく訪れている二大Facebookグループです。また多くのストアオーナーが、Ecommerce Universityのフォーラムで関心事や質問を投稿しています。

もしあなたがすでにインターネットでアプリのアイディアを探し、何も得るものがなかったとしても、心配はいりません。

Shopifyアプリチームは最近、事業者が直面しているおもな課題を特定し、デベロッパーコミュニティがどうやったらそれらを解決できるか話し合いました。そこでShopifyのプラットフォームを補完するもの、アプリストアに足りていないものを検討しました。

わたしはそのとき得られたインサイトをここでシェアしたいと思いますが、少し変わったやり方をするつもりです。

アプリデベロッパーとしてのあなたに話しかけるのではなく、その代わりに事業者とはどういうものなのかを叙述していきます。目標は、事業者と彼らの日々の障壁について、あなたがコアな理解をし、なおかつ共感を持てるようにすることです。

ここでご紹介するのは、Shopify事業者が向き合っている課題と、もしそれが開発できたら事業者の悩みの解決策になるアプリの提案例です。

ビジネスの運用

在庫調整と管理は、小売ビジネスの要となります。在庫の把握がスムーズにいくと、事業者はより効率的になれるだけでなく、カスタマーサービスにも影響を与え、予算も十分コントロールでき、スタッフはより重要な課題に注力することができます。しかし、ビジネスの多様な側面を組織化するには多大な時間と労力が必要です。Shopifyアプリによってこれらのプロセスを自動化し、事業者を支援する機会は、たくさんあると考えられます。

  • 在庫管理

あなたはルーズリーフティーを販売する事業者であると想像してください。まず50缶のお茶を販売することからスタートしましょう。それぞれの缶には50グラムのお茶が入り、あなたは4種類のフレーバーを提供したいと考えます。そこで下記のものが必要となります。

  • 50個の缶
  • フレーバー1のお茶625グラム
  • フレーバー2のお茶625グラム
  • フレーバー3のお茶625グラム
  • フレーバー4のお茶625グラム
  • 50点のラベル

それぞれのお茶は500グラム単位でしか購入できないため、剰余在庫が残ります。あなたは余計な在庫を抱えたくないので、目標量に達するためにどのフレーバーを多く生産するかを決める必要があります。また、50缶すべてを満たし、缶の在庫が少なくなったら新しく注文するという可能性もあります。

複雑ですよね? 在庫の整理や管理をさまざまな方法で実現できれば事業者は助かります。幸運なことに、アプリによってこのプロセスを自動化することができそうです。

こんなアプリが考えられます:

・事業者がオーダーするべき商品の量を計算してくれる

・在庫が少なくなってきたら発注の通知をしてくれる(注文日と受取日を考慮して、いつ新しい発注をするべきか正確に予測できたらどうでしょう? かなり便利だと思います)

・実地棚卸しによる在庫検証ができる

  • 配送

お茶のパッケージができ、あなたは準備万端。さっそく注文が入ってきました。好調です! 次にどう発送するか考える必要があります。

突然、お客さまから再注文が来ました。しかもまとめ買いです。お茶がとてもおいしいので、友人にも試して欲しいとのこと。

新規のビジネスオーナーとして、あなたはこのシナリオは予想していなかったでしょう。配送料は固定で設定していましたが、これでは大きいパッケージでの配送料をカバーできません。

こうしたまとめ買いの場合、配送用にどのボックスサイズを利用したらいいのでしょうか?

事業者のビジネスが成長するにつれて、新たな課題が現れます。配送はとくに複雑な課題であり、このペインポイントをスキップさせるアプリを提供できるなら、ベンチャービジネスとして成功可能でしょう。

こんなアプリが考えられます:

・注文ごとに適した配送ボックスのサイズを、利用可能な最低レートで計算できる

・地域や国をまたいだ配送業者を統合することで世界中のShopify事業者に機会を提供する

・ローカルな受け取り拠点を使った一般配送サービスとの統合機能を提供する

  • スタッフへの許可

商品のお茶がだいぶ売れるようになりました。あなたは在庫補充のタイミングを教えてくれるアプリを使っていますし、世界中への配送を実現し、卸売にも取り組んでいるかもしれません。カスタマーサポートのためにスタッフの追加雇用も開始しました。

今やチームは大きくなっているため、Shopifyストアのスタッフへの権限委譲を考える必要があります。

スタッフの権限委譲によって、チームに責任を広めることができ、オーナーに業務が集中するのを避けられます。ビジネスのオペレーションが合理化でき、在庫管理が整理され、在庫のアップデートが迅速かつ効率的におこなえます。

こんなアプリが考えられます:

・注文情報をスタッフが引き出して確認し、配送処理までは可能にするが、払戻の権限は制限できる

・商品一覧の生成し、スタッフが在庫の内容を確認できるが、アップデートの権限は与えない

  • 実店舗での販売


    Shopify POSのためのアプリを構築し、あなた独自の小売ビジネスソリューションによって事業者の店舗内での体験を向上させる機会は、実に大きく広がっています。カートのアップデート、売上の追跡、プロモーションの運用、店舗へのスタッフ配置をおこなう新しい方法を、事業者に提案しましょう。

    1. スタッフィング

    ホリデーシーズンが間近に迫っています。あなたの友人が、ティービジネスのポップアップショップをやったらいいのではないかと提案してくれました。あなたは完璧な場所を見つけ、週末にショップをやることにしました。何人かの友人に手伝いをお願いしましたが、こま切れの何時間かずつしか彼らは店に入れません。スタッフをしっかり配置して、売る準備ができるようにスケジュールを確実にしておく必要があります。

    販売レポート、スケジュール管理、給与支払い……これらは規模に関係なく小売ストアの定番業務であり、事業をおこなう上での悪夢ともなり得るものです。こうした日常の必須業務をより楽にできる方法を見つけましょう。

    こんなアプリが考えられます:

    ・スケジュールを作成し、それをShopify POSからアクセスできるようにする

    Shopify POSを使用した新しいシフトへのスタッフの出勤レコード管理

    ・給与支払簿へのリンク

    ・スタッフ別の売上の追跡機能

    ・トップセールスの従業員を表示する販売レポートの生成

     2. アポイントメント

    多くのお客さまが、お茶の煎れ方のデモンストレーションをしてほしいと依頼してきています。「お湯の温度は何度がいいですか? このマグにどれくらい茶葉を入れるべきですか? 違うフレーバーをどうやったら抽出できますか?」

    あなたはデモを数回おこなうことを決め、各回のゲストの定員を5名に制限します。このアポイントメントを管理する方法が必要になります。

    お客さま、銀行、友人、相手がだれであれ、アポイントメントの管理は事業ブランドにとって重要です。すべての予定が時間通りに効率よく進むように、簡単に使えて効果的なスケジューリングツールを提供しましょう。

    こんなアプリが考えられます:

    ・アポイントメントの確定、キャンセル、リスケができ、次のアポイントメントに関する通知がチームに届く

    3. イベント

    ポップアップショップでのデモンストレーションは上々で、あなたはティーパーティーを開催することにしました。

    ポップアップショップの最終日、そのチケットを対面で販売開始します。チケットの価格は15ドルで、招待状を発送する顧客ベースもすでに構築されています。

    あなたには、イベントチケットを販売する手段が必要です。ベストな選択肢は、オンサイトでお客さまのクレジットカードを処理し、QRコードと一緒にチケットを自動で送れるツールを見つけることです。

    対面イベントは、ブランドとクライアントの関係を強化します。ロジスティクスの部分を合理化する方法が見つかれば、事業者はイベントのもっとも重要な業務であるネットワーキングと販売に専念することができます。

    こんなアプリが考えられます:

    POSを通じてチケットをオンライン販売できる

    ・実際のイベントの際にチケットをスキャンできる

    4. 店舗での受け取り

    ポップアップショップがソーシャルメディアで人気となり、あなたはたくさんの質問を受け取りました。

    お客さまは、オンラインで注文して店舗で受け取れるかどうかを気にしています。お気に入りのフレーバーの在庫を確保したいと考えているのです。

    もちろん注文を受けることはできます。プレオーダーが嫌いという人はいないでしょう。しかし、どうやって店舗での受け取りを準備したらいいのでしょうか? オンサイトのチームに、注文が入ったらパッケージングするように知らせることはできるのか? 注文の準備が整ったことをどうやってお客さまにお知らせしたらいいのか?

    あなたは、どの注文がパッケージングされて受け取りの対象になるのかを追跡する方法と、そのパッケージが受け取り済みになったことを確かめる方法を模索します。

    商品をお客さまの手元に届けるまでのプロセスにおいて、一切の遅延が発生しないよう確実に進めることは、事業者にとって重大な要件です。彼らがお客さまを喜ばせられるように、そのプロセスを合理化することで支援しましょう。

    こんなアプリが考えられます:

    ・店舗でサインして受け取れる注文プロセスを促進する

    ・店舗での受け取り注文が発生したときに、スタッフに知らせることができる

    顧客ベースとコミュニティの構築

    ビジネスのオペレーションは、事業者にとって戦いの半分でしかありません。顧客ベースを維持し成長させることは、販売する商品と同じくらい重要です。事業者とお客さまとの関係を強めることを楽にするための機会は、たくさんあると考えられます。

    1. 顧客ベース

    ティー・ビジネスをしばらくやってきたので、あなたには強固な顧客ベースがあります。POSとネットショップの両方に統合されたロイヤルティプログラムを新たに追加してみましょう。

    お客さまは、買い物のたびにポイントが貯まり、これは将来フリーギフトに変えることができます。あなたはまた、卸売の販売をして、VIP顧客も獲得しています(ロイヤルティプログラムがあるおかげです)。

    顧客コミュニティのエンゲージメントを高め、報酬を提供することは、ブランドとバイヤーとの関係強化につながります。

    報酬に値するのはどのお客さまなのか、特定と分析ができるツールを事業者に提供できれば、彼らのビジネス成長に寄与することになるでしょう。

    こんなアプリが考えられます:

    ・プロモーションメールをだれに送ればいいか、そしていくらの割引をオファーしたらいいかを把握するために顧客ベースをカテゴライズできる

    ・お客さまの購買行動を詳しく分析して、セール価格あるいは正規価格で買い物をする顧客グループを特定できる

     

    原文:Effie Anolik 翻訳:深津望

     

    Shopifyパートナープログラムでビジネスを成長させる
    マーケティング、カスタマイズ、またはWebデザインや開発など提供するサービスに関係なく、Shopifyパートナープログラムはあなたを成功へと導きます。プログラムの参加は無料で、収益分配の機会が得られ、ビジネスを成長させる豊富なツールにアクセスできます。情熱的なコマースコミュニティに今すぐ参加しましょう!

    今すぐ登録
    トピック: